静かな場所

音楽を聴きつつ自分のため家族のために「今、できることをする」日々を重ねていきたいと願っています。

誕生会(妻 投稿)

2006年01月31日 20時54分32秒 | カミさん投稿(自身や子どものこと、その他)
久しぶりに投稿します。 先週の金曜日(27日)に「りゅう」の保育園で一月生まれのお友達の誕生会がありました。 で、実は実は、その誕生会のゲストとして母がキーボード演奏に伺いました♪ 昨年度の10月の誕生会にも演奏させて頂きました(^_^) 今回はゲストというよりは、会の全体を通して音楽担当!という感じでしたね。 年明けから母はエンジン全開で、プログラムを考えたり曲を選んだり演奏の仕方を考えたりと . . . 本文を読む
コメント (3)

ヴァント指揮北ドイツ放送響の「未完成」(DVD)

2006年01月30日 22時33分10秒 | シューベルト、ウェーバー
今日は、「りゅう」が朝から病院で点滴となり、カミさんが「けん」の迎えに行けなくなったとのことで2時間ヒマもらって帰ってきた。 自分も昼頃から悪寒があり、親しい人からも「今夜は早く、寝なさい。」と言われてたが、寝る前にちょっとだけ・・・と思い、奥の鑑賞小屋へ。 聴いたのは「ダフニスとクロエ」全曲(クリュイタンス盤)と、シューベルト「未完成」(ヴァント指揮北ドイツ放送響のDVD)。 どこが「ちょっと . . . 本文を読む
コメント (2)

メータ指揮ロス・フィルの「新世界より」

2006年01月29日 22時32分04秒 | 東欧諸国の音楽
ロス・フィル時代のズビン・メータはあんまり聴いていない。 ただ、初めて買った「春の祭典」は発売されたばかりのメータ盤だったし、「惑星」の初聴きもメータ盤(これはFMで)だった。 70年代前半、レコ芸などのグラビアやチラシで見るメータはカッコよかったなぁ。 その彼も今年は70歳! 最近になって入手したロス・フィルとの「新世界より」。 なかなかいい。 音が暖かいと言うかフレッシュと言うか、先日聴いた . . . 本文を読む
コメント (2)

胃腸風邪

2006年01月29日 19時54分46秒 | Dialy
朝からカミさんが「りゅう」を病院に連れて行きました。 休日受診できる小児科は、近くの大病院か休日診療所のいずれかに決っているのですが、今日は大病院の方に行きました。 ところが、あとでかかりつけの開業医のホームページを見ると「今日は『休日診療』に行っています」との表示が。 なぁんだ、行く前に確かめりゃよかった、と妻はぼやいてました。 大病院での診断は「胃腸風邪」。インフルエンザの検査も陰性。 薬も . . . 本文を読む
コメント (4)

マーラー/交響曲第3番(ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウO.)

2006年01月28日 22時54分30秒 | マーラー
休日勤務から帰宅すると「りゅう」がぐったりしていて、間もなく嘔吐した。 少し熱もある。胃腸風邪かな? とにかく、明日は休日当番の大病院へ行くことになるだろう。 午前中の休日勤務はボスに電話してご免してもらう。 今もまだ気分悪そうだが、さすがに大量に吐いたので、ちょっと動き出してきた。吐き気止めの座薬が効いているのか? それはさておき、昨夜、早々に寝てしまったので今朝は4時過ぎに起きた。 こうい . . . 本文を読む
コメント (3)

またまた、バトンが・・・!!

2006年01月28日 11時45分24秒 | Dialy
バトン、回したと思ったら、すかさずまた回ってきました。 yurikamomeさんから「酒」バトン、 romaniさんからは「欲望」バトンが・・・! まずは、回す人、勝手に指名しときますね。 ブログお付き合い一番長いバニラさん 夢に聖響さんが出てきた秋田谷さん 引越し済んで落ち着かれたみー太さん 何度目のバトンか知りませんが、も一度走ってください結月秋絵さん お世話になってて申し訳ないん . . . 本文を読む
コメント (10)

フードバトン

2006年01月25日 00時09分48秒 | Dialy
つとさんからフードバトンが回ってきました。 Q1:好きな食べ物・料理を3つ挙げて下さい。 ●すき焼き(当方、松阪市在住でやんす) ●お刺身(当方、伊勢湾岸沿いに在住でやんす) ●中華料理全般 Q2:嫌いな食べ物・料理を3つ挙げて下さい。 ●プリン ●ラッキョウ ●羊羹、最中 Q3:得意な料理は何ですか? ●すき焼き(これだけはワタクシが担当) ●ハムエッグ(ほぼ毎朝、自分で作って . . . 本文を読む
コメント (4)

今日のつれづれ

2006年01月21日 23時31分42秒 | Dialy
今日は長男はセンター試験。 それに合わせて下の二人も起き出してきて、慌しい朝でした。 長男出発後は、「けん」がいつものイライラモードに入ってきたので、昼前からロング・ドライブ敢行。 義父母宅でお昼食べて帰ってきました。 もちろん、踏切りウォッチ、レンタル屋も。 夜・・・長男はネットで試験の答えあわせ。 悲壮な叫びが聞こえてました・・・・。 では、おやすみなさいませ。 眠くて眠くて・・・zz . . . 本文を読む
コメント (8)

モーツァルト/交響曲第36番「リンツ」第40番他(バーンスタインNYP)

2006年01月21日 18時58分42秒 | バーンスタイン(独墺系音楽)
モーツァルト/交響曲第36番「リンツ」、第40番、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル 例によってセッション録音なのにライヴ感覚いっぱいの演奏。 昨日「リンツ」を聴き、今日、残りの2曲を聴く。 「リンツ」の序奏の各声部の鳴らし方に、まず引き込まれる。 「歌う」というのとはちょっと違うかな? いや、これがバーンスタイン流の「歌わせ方」? カンタービレと言うよ . . . 本文を読む
コメント (2)

ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」(ジュリーニ、LAPO)

2006年01月19日 20時35分18秒 | ベートーヴェン
ジュリーニがDGに録音を始めて間もない頃、シカゴ響を振った「展覧会の絵&古典交響曲」が出た(これが最初だったかな?マラ9が最初?いや、ベルマンとのリストだったかな?憶えてない・・・)。 例によって、友人が買った盤を借りて聴いた。 どの音も、他の演奏に比べて微妙に「実在感」に満ちていて、なんか、もう出なくなった歯磨きチューブの中から絞りに絞って中身を出しているような、そんな音の鳴りっぷりだと感じたも . . . 本文を読む
コメント (14)

「大地の歌」

2006年01月17日 23時02分30秒 | マーラー
     この記事も正月休みに書きました。 ワルター指揮ウィーン・フィルのマーラー「大地の歌」・・・初めて買った「大地の歌」のレコード。 ジャケットには購入日(1973.3.30)の記載がある。 1200円の廉価盤にしては異例の別冊解説が付いていた。 年越しのCD鑑賞前後にマーラーの「大地の歌」を何度か聴いていて、このレコードも久しぶりに引っ張り出したのだが、解説を読んで驚いた。 近頃、この曲 . . . 本文を読む
コメント (5)

頭の宮

2006年01月16日 01時22分23秒 | Dialy
長男の大学受験がいよいよ近づいてきました。 2月初めは連日試験です。 他の家庭ではいろいろと弦を担いでいるとも聞きましたが、我が家はそんな時間的ゆとりもなかったです。 (何しろ、正月の○○○餅も用意したのに飾らなかったんだから・・・こんな年明け初めて!) こんなのでいいのかな? 息子・・・「(同級生達は)みんな、けっこうゲンをかついでるよ。頭の宮さんにお参りに行ったりとか・・・。」 父 ・・ . . . 本文を読む
コメント

マーラー/交響曲第3番(小林研一郎指揮名古屋フィル)

2006年01月15日 00時04分11秒 | マーラー
 この記事は正月休みに書いたものです   マーラー:交響曲第3番 ニ短調  坂本 朱(A)、ミロスラフ・ケイマル(ポストホルン)  愛知芸大声楽専攻女声合唱団、名古屋少年少女合唱団  名古屋フィルハーモニー交響楽団  指揮:小林 研一郎  2004年10月2日、愛知芸術劇場コンサ-トホール、ライヴ 暮れの「大地の歌」リレー(バーンスタイン、テンシュテット、クレンペラーを2日間で立て続けに聴いた . . . 本文を読む
コメント (4)

21世紀の新世界(やっと・・・)

2006年01月14日 09時09分08秒 | コンサート
たまってた「仕事」もややひと段落。 で、「21世紀の新世界」のことで駄文を綴る。 もう、ずいぶん日が経っちゃったし、他所でたくさんの方たちが綴られてみえるけど・・・やっぱり書いておかなくちゃね。 ハンガリー舞曲第1番が鳴った瞬間、 「うーん、『普通』っぽいなぁ。」 と思ったのが正直な感想。 もちろん、速い目のテンポと切れ味のよいフレージングでワクワクして聴けたけど・・・期待が大き過ぎたのかも? . . . 本文を読む
コメント (8)

終わった~~

2006年01月10日 01時50分15秒 | 音楽
「宿題」がやっと終わったのが夜の11時半ころだったかな。 それで、何やらかんやらで12時過ぎにちょこっとだけ音楽聴きに「奥」へ。 ヘフリガーの「白鳥の歌」から3曲と、カラヤンの「新世界より」(77年盤)の第1楽章を聴いた。 何しろ、昨日まで「禁ドボ」(正確には「禁新世界」だけど)だったので、順番待ちの「新世界より」をちょいとでも聴きたかった。 それから、昨日の感触を思い出したかったってのもある。 . . . 本文を読む
コメント