喫茶バオバブのブログ

バオバブの木~断想~The Other Side Of・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暑い日のごほうび

2014年05月31日 | 日記
 ちょっぴりノスタルジックなココアフロートの巻ぃ~

「せっかくホームページ新しくなったんだから、ちょっとぐらい自分の店のメニューとか、載せたら?」とバオバブアンバサダーのチェブにイヤミを言われちまいました。あ、ホームページのチェックもよろしく!

かれこれ20年くらい前・・(ふ、古っ!)京都の「築地」という古色蒼然なる喫茶店(名前違ったらすいません。今もあるのかな)で初めてココアフロートを飲んで、美味しかったのが忘れられない。

「うち、ココアってなんとなく苦手やわぁ。どないゆうの?胸やけするってゆうの?」
「うそぉ、なんで?美味しいのに。そや、あのな、ええこと教えたろ。ココアフロートの美味しいお店、連れたげる。そこはVAN HOUTENで出してくれはるねんよ」

過ぎ去りし時の思い出にひたりつつ・・ほげぇっとした午後。こんな暑い日は、自分を甘やかしていいのです。
音楽も、Bill EvansのAutumn Leavesがピッタリ。軽やかな鍵盤のタッチとリズムがなんとも心地よいです。あと同曲でBuddy Defrancoの倦怠のクラリネットが、きゃんきゃんゆってるやつもいいよ。


あぁ、ついに、謎のバオバブタがデビューしてしまったらしい。てーへんだぁ~なんとかしとくれよ!チェブ!
「あっしには、関わり合いのねぇことで・・」「っつうか、お前さん、渡世人だったのかい?」「へぇ、おやかましゅうござんしたねぇ、あっしはこれで・・」

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猫ににゃりたい・・

2014年05月26日 | 日記
 丸くなりすぎ・・
人間なんかより、猫の人生(猫生?)を送りたいという願望・・

 マリメッコのギャザースカート。開きなしで後ろヨークがゴム。張りのある綿100%。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏の水郷めぐり

2014年05月22日 | 日記
近江八幡は北の庄エリアにて。

 舟と舟とのすれ違う様子にすら趣を感じて。

湖面ぎりぎりを行く。手漕ぎのため、ほどよい速度と心地よい揺れ。 

 つつじや白い野ばらが咲き・・きらきらの新緑に包まれて、爽やかな微風に身も心も浄化されるよう。

桜や紅葉の季節が、どれほど良いと言われても、今日のこの日が間違いないと断言できる。

 狙うのが難しい青鷺。こののち、一瞬にして悠々と飛び去る。

伊吹山や安土城址を見渡すひらけたところへ出た。

 葦の群生。その間に蓑も。葦で作った簾がよしず、蓑でつくった帽子が蓑笠。です。知ってるわい!って。

地上から見る風景と、水辺を舟で渡るのとでは、見える景色が全く違って、不思議な感覚になる。別世界に迷い漂い、ひとときの贅沢を楽しみました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本日のおやつ

2014年05月16日 | 日記
 パンケーキではなくて・・

フレンチマフィン。なんとマフィンパンを卵液につけてみました。食パンより美味しいかもしれない。意外。やってみてーー

チェブ「あ、またひとりでこっそりたべたな!」
   「しつれいだね!なにさ、あんた、あんこのほうがいいんだろ?」
チェブ「ひとりでたべたろ!ひとりで!」
   「だったらなんなの?」
チェブ「・・ 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

近江憧憬3~朽木というところ~

2014年05月15日 | 日記
以前、渓流の先、どこまで行けるか行ってみようと車を走らせたことがある。朽木谷と言われ渓谷になっていて安曇川の支流が多くある。渓流釣りをする人は詳しいだろう。あまご(天魚)の釣り堀もたくさんあった。比良山へ向かうくねくねした道。途中面白い地形になっていて、京都府と滋賀県と福井県が入り混じっている。一本道で、左京区と高島が交互にでてくる具合。福井ナンバーの車も多い。敦賀に近いことを感じる。
人家もなく、うっそうと茂る雑木林、湿っぽく暗い道。魑魅魍魎な雰囲気が漂う?現在からタイムスリップしたみたいな、え?うそ!ここ・・なに?とか、隠れ里みたいなところがでてくるから、わくわくしてしまう。
白洲さんによれば、この朽木村は昔(中・近世とか)木地師が住んでいたそう。こんな、ひっそりした場所に木を伐り、木を削る音が響いていたのかもしれないと、今頃耳を澄ませてみる。
様々な技術集団、芸能集団が全国を流れ歩き、活気があったのだろうか、とか、どこかの組織から外れた隠者や、時代の憂き目にあった落人など当時の人々の生活を想像してみるのもわるくない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする