喫茶バオバブのブログ

バオバブの木~断想~The Other Side Of・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近江憧憬4

2014年06月22日 | 日記
前回の水郷とは反対側の、大津から湖西沿いを上がっていく。

 水際に立つ鳥居、白髭神社。

琵琶湖大橋を過ぎ、真野、和邇をこえてしばらく進むと、ぱぁ~と周りがひらけてくる。そして空が広くなり、左手の比良山が眼前に迫ってくる。その裾の、こんもりした山のような林のようなのが、明らかに古墳群であることがわかる。

不思議と、この辺からは異国のような・・そして、突然のこの鳥居が、謎めいた異様さ!
厳島神社のとは、感じがちょっと違う。なんとなく、、生々しい感じがする。対岸の沖島は意外に近い。沖島から南東に広がる広大な蒲生野(水郷めぐりのあたり)には、長命寺や日牟礼神社などの寺社仏閣や低めの山がまとまってある。

思わず、その方向を仰ぎ見た。湖面からの水蒸気なのか、島々と山々の裾はうっすらと霞んでいる。比良の麓の豪族たちと、安土の信長と、そして様々な時代に生きる人々の夢がまぼろしのように行き交う思いがする。

 小野神社。小野小町、小野妹子が祭られている。小野族発祥の地。


帰りは、琵琶湖大橋から、白髭神社の方を振り返り、何度もため息をつきながら名残惜しく渡った。

あ~ぁ、また来ようっと!

チェブ「そんなに琵琶湖をぐるぐる周ってどうすんの?そのまま住んじゃえば?」

「願わくは、湖水のほとりに住ませ給え。いにしえの夢をしのぶる淡海の大和より古きにぞかし。」
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« かわいいのができました、よ。 | トップ | この夏、リバティ三昧 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ダテめがね2)
2014-07-09 03:52:21
あの有名な小野小町が近江とゆかりがあったなんて知らなかった。 関東、東北系のイメージがあったのに・・・
近江憧憬4 (喫茶バオバブ)
2014-07-09 19:44:56
こんにちわ ダテめがね2様

意外でしたね。小野という姓は、このあたりが発祥で、のちに全国に子孫が広がっていったらしいです。白洲さんによれば。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事