Lに捧げるちいさな図書館

≪ L ≫至上主義の図書館へようこそ。司書は趣味嗜好のまま、気の向くまま、あちこちへと流浪しますゆえー♪

西島隆弘、松ケン清盛の異母弟・平頼盛役で大河初見参!

2012-03-25 | 大河ドラマ「平清盛」



西島隆弘、
松ケン清盛の異母弟・平頼盛役で大河初見参!


 「AAA」の西島隆弘が、NHK大河ドラマ第51作「平清盛」に平頼盛役で出演しており、いよいよ3月25日の放送回から登場する。松山ケンイチ扮する平清盛の異母弟で、清盛の海外交易の夢を支えた人物に扮する。

大河初挑戦となる西島は、自らの役どころを「元服を迎え、頼盛と名づけられたその後は、兄・清盛や家盛(大東駿介)とは対照的で家族ひとりひとりの発言や動き、心情の変化をひっそりと客観的に見ています」と分析。だからこそ「どんな人格の持ち主なのか。最初は分からないかもしれませんが、あえて自ら発してこなかった考えや思いを次第に口にし、そして動いていく姿を長い目で見てください!」と愛着を感じている様子だ。

制作統括の磯智明チーフプロデューサーは、「『愛のむきだし』のインパクトが忘れられません」と話す。主演の松山と同世代ということもあり、タイミングを見計らっていたところイメージと合致する役が台本に登場したため、迷わずオファーしたという。西島へ寄せる期待については、「役柄を踏まえつつも、奥行きもあり温かみも垣間見える、魅力的な人物として演じてほしいと思います」ときっぱり。大きな期待を寄せているだけに、「松山さんをはじめ大河出演陣との真剣勝負に挑んでいただき、その才能をどんどん磨いていってほしい」とコメントを寄せた。

同作は、「平家物語」以前の世界を舞台に、養父・平忠盛(中井貴一)に育てられた清盛が、海賊を束ねながら武士の王となり、やがて日本の覇者となる姿を描く。ほか、玉木宏、松田翔太、深田恭子、三上博史、武井咲、岡田将生、杏、成海璃子、阿部サダヲ、松田聖子、上川隆也、中井貴一らオールスターキャストが総出演している。
                                        [映画.com ニュース]


いよいよです、西島隆弘さんのご出演。
さく蔵さん、おまちどおさまでした^^
思わず呼びかけてしまいましたけど、
どきどきでしょうね。

それにしてもお美しいまなざしでござりまするなあ、
と、神戸・清盛隊のような物言いになってしまいます(笑)

磯チーフプロデューサーのラブコールに応えられたかたちですが、
ご本人、そうそうたるメンバーに加わって、
とてもやりがいを感じられておられることでしょう。

大河ドラマ主演の松山さんのおかげで、
私たちファンもいろんな素晴らしい俳優さん女優さんに
引き合わせていただいているなあと思います。
贅沢ですよねー。

西島さん、長い目で見ていますよ^^





コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 『僕達急行 A列車で行こう』... | トップ | 3月24日(土)のつぶやき »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待ってましたっ! (さく蔵)
2012-03-25 16:07:42
おおっ、図書館がにっしー祭りになってる~♪
何度でもしつこく言いましょう、あれはおととしの8月(遠くを見る目…)
2012年の大河は「平清盛」と発表を知った瞬間、まだ主役もキャストも決まってないのに、
清盛は絶対松山さん、義経がにっしー、と閃いたさく蔵ですから!(で?役名が違うし…)
それっくらい楽しみにしてたんです~(T_T)

コーンスターチまみれ、お褌姿の男衆の中に、
可憐な西島頼盛さんが加わるなんて刺激が強過ぎる気が…(///∇//)
そんな泥臭い中でにっしーのシンプルでスマート、知的な演技が引き立って、
もっともっと注目されるといいな。
憑依型俳優と評される、
監督やスタッフ、共演者の評判が良くて、次の仕事に繋がって行く、
もちろん、自身の高い演技力、
自分の言葉で話せる、
和顔なのに金髪が似合う^^
などなど、松山さんと共通の魅力を感じてます。

そしてなんと言っても、歌声が好き!キレッキレのダンスがかっこえええーーー!
失礼しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。