Lに捧げるちいさな図書館

≪ L ≫至上主義の図書館へようこそ。司書は趣味嗜好のまま、気の向くまま、あちこちへと流浪しますゆえー♪

本日発売!!! 松ケン&瑛太が時刻表表紙に登場《僕達急行》公開を前に。

2012-03-19 | 松山ケンイチ

★★★昨日までの総閲覧数、1146万7567.
日々ご来館、ありがとうございます。
花粉症真っ只中のわたくしでございます。
まだまだ気温の変動が大きいので、
みなさま、風邪にもご留意くださいませ。
今日はplentyのCDが届くので、うきうきでござりまする。


本日発売!!! 
松ケン&瑛太が時刻表表紙に登場
     《僕達急行》公開を前に。


明日19日発売のJTBパブリッシング「JTB時刻表」と交通新聞社「文字の大きな時刻表」「コンパス時刻表」4月号の表紙に松山ケンイチ(27)と瑛太(29)が登場することが17日、分かった。創刊87年の時刻表で人物が表紙を飾るのは、84年の故上原謙さん、故高峰三枝子さん以来2例目。映画「僕達急行 A列車で行こう」(森田芳光監督、24日公開)にダブル主演する2人が、新たな歴史を刻む。

 昨年12月に亡くなった森田監督の遺志が、時刻表を変えた。列車が走る風景写真が定番の時刻表の表紙に、森田監督が指揮した「僕達急行 A列車で行こう」で主演した松山と瑛太が登場する。

 関係者によると、子どものころから鉄道が大好きだった森田監督は、今作品の構想を30年間温め続け、10年9月に始まった撮影時に「時刻表で宣伝したい」と語っていたという。その思いが出版元2社を動かした。昨春の打ち合わせで「コンパス時刻表」での2人の表紙と中面のインタビュー、同社公式サイト「トレたび」の連載が決定。その際、森田監督は「すごいじゃないですか」と大喜びしたという。

 JTBの前身・日本旅行文化協会が1925年(大14)に創刊した時刻表87年の歴史で、人物が表紙を飾ったのは過去1度。「JTB時刻表」の前身「交通公社時刻表」84年12月号に、国鉄(現JR)の熟年夫婦向け乗車券「フルムーン」のCMで夫婦を演じた故上原謙さんと故高峰三枝子さんのツーショットが使われた。アニメのキャラクターとしては、「銀河鉄道999」のメーテルが、09年4月号の「JTB時刻表」の表紙を飾っている。

 近年はインターネットで簡単に時刻が調べられるため、時刻表の発行部数はピーク時の15分の1以下の10万8000部(11年)に減少した。その現状も踏まえ、出版元関係者は2人に期待を込める。「現代を代表する若手俳優おふたりの出演作とのタイアップによって、若い世代の方々にもう1度、1冊の本として構成された時刻表の存在、良さを知っていただきたいという部分もございます」。

 作品同様に“大役”担った2人も「これを機に電車で旅する人が増えてくれたらいいです。僕も落ち着いたら時刻表を手にしながら、旅に行きたいです」(松山)「すごーい。こんなことできるんですか? 初めて見ました。光栄です」(瑛太)と発売日を楽しみにしている。

 3冊ともに明日19日から発売され、「文字の大きな時刻表」と「コンパス時刻表」は配給の東映直営の劇場でも販売される。

 ◆全国時刻表出版の歴史 1925年(大14)にJTBの前身・日本旅行文化協会創刊の「汽車時間表附汽船自動車発着表」が国鉄公認となった。48年には鉄道弘済会が「全国時刻表」、50年に交通案内社が「日本時刻表」、日本交通公社が「全国時刻表」を刊行。87年の国鉄民営化を受け「全国時刻表」が終了し、88年に「JR時刻表」。04年に「日本時刻表」が廃刊となり、現在全国時刻表を出版するのは2社で「JTB時刻表」(1150円)「コンパス時刻表」(660円)「文字の大きな時刻表」(960円)の計3冊。

 ◆「僕達急行 A列車で行こう」 のぞみ地所の小町圭(松山)とコダマ鉄工所2代目の小玉健太(瑛太)は列車内で出会い、意気投合する。鉄道の見える家にこだわる小町は、コダマ鉄工所寮で生活を始めるが九州支社に転勤。そこで、のぞみ地所が口説けない筑後雅也社長(ピエール滝)と出会うが、小玉を交え鉄道ファン同士で息が合い事態は好転。趣味の鉄道での世渡りはうまくいく2人だが、恋には踏み込めない。
                                       (日刊スポーツ)



>昨春の打ち合わせで「コンパス時刻表」での2人の表紙と中面のインタビュー、
>同社公式サイト「トレたび」の連載が決定。その際、
>森田監督は「すごいじゃないですか」と大喜びしたという。

松山さんと瑛太さんにはキャンペーンや映画そのもので頑張ること以外に、
こんなに監督が喜ぶことができて、良い供養になることでしょうね。

時刻表といえば、昔は旅行のスケジュールを決めるのに、
みんながお世話になりましたよね。
慣れない見方にようやく慣れた頃には旅行が終わっていたりして^^

最近は《乗り換え案内》で悩まなくても最善の時刻が出てくるので、
すっかり時刻表の存在を忘れてしまっていました。

15分の1にまで発行部数が落ちていると聞いてびっくりしましたが、
それでも10万部出ているというのには、時刻表への愛着もあるんだろうなあと
その特別な存在感に感じ入りました。

本日、発売です。
書店に立ち寄って、ページをめくってみたいですね^^














コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 3月18日(日)のつぶやき | トップ | 「どっちの料理ショー」5年... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まろうさぎ)
2012-03-20 07:18:36
これはすごいな~。コンパスだけじゃないところが。時刻表マニアの鉄っちゃんたちは買ってくれるかしら?ダイヤ改正があるので、売れるはずですが、電車以外の表紙だとマニア受けはしないだろうな。

ここ数年は時刻表を買ってないですが、運行の具合が分かるので、ネット検索よりたくさんの情報があるんですよね。
さすがに全部は買えませんが見比べてきます。
Unknown ()
2012-03-23 00:34:47
まろうさぎさん、
もう表紙は見比べてこられましたか。

時刻表を最後に見たのはいつのことだろう、
と思うくらい、
観なくなりましたね。

寝台特急に憧れて、
わざわざそれに乗って家族3人で東京まで行ったのが懐かしいです。
もう10年以上前の話ですが。

>運行の具合が分かるので、ネット検索よりたくさんの情報があるんですよね。

そうなのか。
読みこなして活用できるひとって、かっこいいと思います。
本屋さんで表紙だけじゃなくて、
じっくり中身も見たくなりました^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。