お馬な日々

馬券との壮絶な(?)戦いを繰り広げる元クラブDJのサラリーマンが送るレポート。

天皇賞・春(G1)

2005-04-30 23:18:06 | 素人馬券の失態。
久々の更新です。
長丁場はあまり得意ではないのですが、今回は期待したい馬がいるので思い切って馬券参戦します。
注目はマカイビーディーヴァ。
昨年のJCではパワーズコートに裏切られましたから、外国馬は抑え評価にしたいところだったのが正直な話なのですが、三千二百で負けた事の無い実績と、父ノーザンダンサー系で買えるのはこの馬だけという理由もありますが、母系は日本でも馴染みのある馬達が血統表にも見られますし抑え評価で。(しかも前回はフケですよ)
さて、期待したい馬はミラクルを起こしてくれる馬ではなく、悲願のG1制覇を目指すリンカーン。
鞍上も中長距離G1の悲願の勝利を目指す福永祐一騎手。ここでは前走からの上積みがリンカーンにはかなりあると思います。

さて、昨年は強いと言われた3歳クラシックの馬達が何頭か出ていますが、今回は古馬になった期待を込めてハーツクライに印を打ちます。何を言ってもあのレベルの高い昨年のクラシック世代の中でもサンデー産駒の中では一番強かったのではないでしょうか?サンデー×トニービンはアドマイヤグルーヴもいますが、ここは牡馬というのと、復活に期待して、しかも昨年の一番いい時期もこの時期でしたから。
また、前回の大阪杯ではハイペースを追って上がり34秒前半。追込みだからといっても仕方ないですが、今回はスローの上がり勝負でしょうから3番手。

◎ 6番リンカーン
○13番アイポッパー
▲16番ハーツクライ
△12番マカイビーディーヴァ
△ 7番シルクフェイマス
△ 8番ヒシミラクル

☆11番ハイアーゲーム
☆16番ブリットレーン
コメント

ラインクラフト&ペールギュントで予想的中。

2005-04-26 10:19:02 | 素人馬券の失態。
NHKマイルカップの出走を明らかにした桜花賞馬ラインクラフトとペールギュント。
このブログでも散々距離適正の事を指摘していただけに当然といえば当然な話ではありますが、やはりラインクラフトは短距離からマイルまでの馬ですし、ペールギュントはマイルから二千の馬であるという感じでしょうか?
ペールギュントに関しては秋に天皇賞で末脚に期待したいところですが、マイルカップも東京ですから末脚大爆発ではないでしょうか…

ラインクラフトはここに出てくる事で鞍上の福永祐一騎手がオークスでシーザリオに、優駿牝馬2連覇に期待。
コメント

指数で万券を獲る。

2005-04-18 11:23:41 | 素人馬券の失態。
各予想家さんたちが考案して、予想バトルなどをしている指数。
私も一時期試みたのですが、とても仕事中心で競馬を余生としている私には無理と言う事が分かりました。
試みたのは血統と近5走のランク指数での取り組みだったのですが、あくまで素人が作成した指数だけに、格好だけのものとなってしまい、志半ばで脱落。
馬券がプラス収支になっているものの、ここ最近の不調の原因を探る為に予想法、買い方などを改めて反省しています。
昨日の皐月賞に関しても、シックスセンスはサンデー×ノーザンダンサー系だったのにも関わらず切ってましたし…(POGでは指名していたんですが…POGポイント上げて馬券外す私…)
まさかPOG指名馬で上位独占するとは思いもよらずでした。

さて、タイトルで述べた「指数で万券を獲る」というという試みを自身の観る競馬をデータ化する意味でも取り掛かっていこうと思う所存でございます。
テーマは血統・馬場適正・ランクに加え、大まかなスピード能力を指数化していこうというもの。
しかし、私の指数はあくまでも名ばかりのものに過ぎず、各馬の能力を数値化していくものですが、現在主流とされるスピード指数とは違います。
大学受験をされた方には記憶の片隅にあると思いますが、各大学のランク表(偏差値)みたいなものが教室の壁に貼ってありませんでした?
あんなものを想像して貰えれば良いと思います。
それに似たものになるとは思いますが、各予想家の方々も切磋琢磨をして、失敗に失敗を重ねて作り上げていった指数ですから、私も失敗しながらメソッドを確立していきたいと思います。

回収率が下がったら悲しいですが^^;
コメント (1)

皐月賞回顧録~強過ぎるディープインパクト。

2005-04-17 21:05:35 | 素人馬券の失態。
ゲートを開いてまずまず、しかしヨレて最後方のディープインパクト。
そこから道中でローゼンクロイツ、マイネルレコルトをごぼう抜きして直線で先頭へ。
強すぎますね。スタートでハンデがあったのにも関わらず2着に2馬身1/2差とは…
これで普通に出ていたら早め抜け出さなくて圧勝だったのではないでしょうか?
これはある意味スタートダッシュの無い大外からの先行策と見ても良いくらいの勝ち方でした。

仕事でレースも見られませんでしたから、仕事中にスモーク休憩をとって払い戻し結果だけを携帯で見ました。
3着までを見たのですが、さすがにシックスセンスを指名していなかっただけにガッカリで残りの仕事を終わらせました。(7番手だったんですが)
前日に購入した報知スポーツでは3連単ディープ頭のアドマイヤジャパンとシックスセンスの2・3着表裏の2点指定をしていたので、報知フリークの我家の親父は獲ったのかと思って帰ったところ、今回は私の予想に乗ったお陰で外していました。
帰宅して前着順を見ると、私が選んだ馬の腑甲斐無さ。
結局自分の選んだ馬達がやられたわけで、惨敗ですね。
今まで皐月賞に関して言えば、馬券を初めて買ったエアシャカールの皐月賞から当ててたんですが、今回はやられました。(ノーリーズンの時もやられましたが…)
とにかく今回は惨敗です。
しかし、ペールギュントは二千でも控えれば走りますね。

BGM↓
トンガリキッズ I
トンガリキッズ
徳間ジャパンコミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (5)

皐月賞、これしか買いません!

2005-04-16 00:22:15 | 素人馬券の失態。
PATの預金し忘れ、仕事で買いに行けない、土曜の前日販売で買いに行く父に便乗する事で直前にジタバタしない事に決めました。
元々見る競馬で終わろうと思っていた皐月賞。
仕事で見られないならせめて馬券だけでも参加しようと決めました。

◎14番ディープインパクト
○13番ローゼンクロイツ
▲ 6番ビッグプラネット
△ 5番ヴァーミリアン
△ 7番ペールギュント
△16番アドマイヤジャパン

◎ー○▲△△△の3連複10点。
久々に買い目を出しましたが、これ以外もう考えられません。
これしか買いません。
ディープインパクトの1番人気には逆らいません。
ローゼンクロイツは前述した通りです。
ビッグプラネットも前述した通りです。
ペールギュントは池添騎手の超追込みを期待しています。
ヴァーミリアンはデムーロの好騎乗を期待します。
アドマイヤジャパンは外枠で割引だが、取り敢えずディープの邪魔をしないで回ってきてくれといった感じです。

クラシック第1冠、ディープを取り巻く最強の3人、武豊騎手・池江泰郎調教師・馬主金子真人氏に期待します。
コメント   トラックバック (4)

皐月賞、サンデー×ナスルーラ入れておけ!

2005-04-15 10:04:11 | 素人馬券の失態。
サンデー産駒が活躍し始めて、ボールドルーラー系、ネヴァーベンド系を母父に持つ馬の勝ちが目立ちます。
王道のサンデー×ノーザンではなく、サンデー×ナスルーラが来ているのは、やはり仕上がりの早いアメリカ型が来るのではないでしょうか?
皐月賞は仕上がりの早い馬が勝つという格言がある通り、早熟性の強いナスルーラが良いと思われる所以ででしょうか…
過去にはジェニュイン、エアシャカール、アグネスタキオンがサンデー×ナスルーラ系ですし、セイウンスカイ、テイエムオペラオーも母父ナスルーラ系ですから。
過去10年だけでも母父ナスルーラ系が5頭を占めている以上、外す訳にはいかないでしょ?
今回のメンバーの中ではローゼンクロイツただ1頭。準サンデー×ナスルーラでダンスインザモア(ダンスインザダーク×リヴリア)、パリブレスト(スペシャルウィーク×ブラッシングルーム)。ここはローゼンクロイツに注目したい。
スピードも要する皐月賞だけに、サンデー×ナスルーラには注目すべし。
コメント

タップと激突!?仏重賞勝ち馬。

2005-04-15 02:53:41 | 素人馬券の失態。
04年ドラール賞(仏G2・芝2000m)、04年メルセデスベンツ賞(独G2・芝2200m)など通算22勝6勝のフランス重賞ウィナーのタッチオブランドが金鯱賞(G2)に予備登録。
今年の有馬記念で引退予定のタップダンスシチーと激突なるか…
フランスの馬が日本の固い高速馬場に対応出来るとは思わないが、出てくるのであれば凱旋門賞の無念もあるので一蹴して欲しいところです。
コメント

皐月賞(G1)・枠順

2005-04-14 18:31:12 | 素人馬券の失態。
1枠 1番アドマイヤフジ  福永祐一
   2番トップガンジョー 小牧 太
2枠 3番マイネルレコルト 後藤浩輝
   4番コンゴウリキシオー藤田伸二
3枠 5番ヴァーミリアン  デムーロ
   6番ビッグプラネット 柴田善臣
4枠 7番ペールギュント  池添謙一
   8番ストラスアイラ  吉田 豊
5枠 9番ダイワキングコン 北村宏司
  10番シックスセンス  四位洋文
6枠11番パリブレスト   田中勝春
  12番タガノデンジャラス安田康彦
7枠13番ローゼンクロイツ 安藤勝己
  14番ディープインパクト武  豊
  15番エイシンヴァイデン武幸四郎
8枠16番アドマイヤジャパン横山典弘
  17番スキップジャック 勝浦正樹
  18番ダンスインザモア 蛯名正義
コメント

皐月賞注目馬~ビッグプラネット

2005-04-13 02:46:55 | 素人馬券の失態。
出来ればアドマイヤフジではなくてビッグプラネットの鞍上でいて欲しかったと思わせる。
先週の桜花賞、抑えてはいたものの本命視出来なかったラインクラフトの鞍上・福永祐一騎手。
昨年のオークスの勝ち馬、ダイワエルシエーロの弟・ビッグプラネット。何故柴田善臣なんだ??
厩舎などの兼合いもあると思いますが、弟でも祐一騎手でG1制覇して欲しいところです。
ビッグプラネットはブライアンズタイム産駒。サンデーを倒すならこの馬だろうと思っているのですが、今年は1頭強い馬がいますから…
しかし、ブライアンズタイムを始めとするロベルト系はシンボリクリスエス、タニノギムレットといった今後楽しみな種牡馬がいます。サンデー飽和状態となる前にもう1頭くらいロベルトの名馬誕生を期待したいところです。
コメント

シーキングザダイヤ海外でG1奪取?

2005-04-12 03:09:05 | 素人馬券の失態。
シンガポールでG1奪取を目論む森厩舎のシーキングザダイヤ。
シンガポールインターナショナルC(星G1・芝2000m)に参戦する予定。
シーキングザダイヤはダートで最近実績を挙げているわけですが、ノーザンダンサー×ミスプロのアメリカ血統ですし仕方ないところか…?
川崎記念(地方G1)で2100mで2着の実績があるにせよ、芝の中距離は初めてですから距離は大丈夫かと心配になります。
しかし、マイルにこだわる必要性もなく、香港の二千でG12勝したエイシンプレストンの例もあります。ここは応援したいところです。
でも、父・Storm Catはどうしても短距離の実績が先行してしまいますし、母・シーキングザパールも短距離馬でしたから、どうなんでしょうね?
シンガポールじゃなくてアメリカの方が向いているのではないでしょうか。
コメント   トラックバック (1)