思い立ったが吉日

自分の好奇心のままにあれやこれ ドラマ感想を中心に興味あるものを綴っています

シューカツ!

2008-11-01 23:18:10 | 読書
石田衣良さんの作品。

う~ん、相変わらずうまいなぁ。
物語は、タイトルの通りとある私立大学生7人の就職活動である。
7人が目指しているのは最難関と言われるマスコミ企業への合格。
出版社、新聞社、テレビ局など高倍率の企業目指して奮闘する若者の姿を、色々な角度から描写している。

サクサクと読める作品なのだが、さすが石田さんだけあって軽い内容だけでは終わらなかった。
物語のヒロインである千晴は決して何かに恵まれているというわけではないのだけれど、彼女が一つ一つ努力していく様子はこちらに訴えるものがあった。
現代の若者の視点を見せてくれる、そんな作品でもあった。
ラストも、いかにも石田さんらしい終わり方。こちらとしては「え~。」と言いたくもなるが、あれはあれで有りなのかと思わせるところはさすが。
大学生の就職活動の話なのに、何だかこちらがシャンと背筋を伸ばし頑張るぞ!と思える物語であった。
秋の読書に何か軽くて、元気が出るものをお探しならオススメの作品である。


<<番外>>この作品がもし映像化するならどんな配役がいいか、勝手に考えてしまった。
千 晴:井上真央さん(最初からこの人のイメージがあり、すぐに思いついた女優さん)
良 弘:松山ケンイチさん(意外と難しい役なので実力者の俳優さんを)
伸 子:夏帆さん(伸子の持つ柔らかい雰囲気が似合うかなと)
 圭 :水嶋ヒロさん(圭の持つ魅力を出してくれそうな気がする)
恵理子:香椎由宇さん(千晴同様、この女優さんがすぐに浮かんだ)
比呂氏:橋爪遼さん(理論派の比呂氏を丁寧に演じてくれそう)
真一郎:浅利陽介さん(こういう役も見たいなと思って)

うん、なかなかいい感じではないか、と一人自己満足。
読まれた方はどんな役者さんを思い浮かべたでしょうか?


コメントを投稿