らびおがゆく Vol.3

山形県を中心とした演奏活動等

指導に行く。前半戦2(2018)

2018年03月13日 23時59分59秒 | 指導
 今日は日中の気温が上がり、比較的に暖かい一日となりました。車を運転中は熱く感じるときも・・・。

 山形Qのリハーサル後、山形大学フィルのヴィオラパートの指導に行ってきました。

 1年生から3年生までの5人と卒業が決まった4年生のK君(見学・報告)が練習に参加してくれました。今回のサマーコンサートは卒業生がまたもや4人出てしまったので、現有メンバーだけでは、人数的に足りないのでエキストラを4人ほど依頼したそうです。殆どのエキストラが卒業生なので知った顔ばかりなのですが・・・・。

 普段からパート練習から合奏、指揮者練習と参加している学生にエキストラが入ると、エキストラ一人一人のレヴェルの問題ではないのですが、少しパートの音がまとまりにくくなります。エキストラの方々は、一生懸命楽譜を読んで来てくれるでしょうけど、いつもやっているメンバーに対して音量や厚み以外に力になるには、相当な労力なのです。(フリー経験者が偉そうに語っています・・・)。

 アマチュアオケにエキストラに行って、一番困ってしまうのは正式メンバー同士が仲良くなかったり、弓順が決まってなかったり、信頼できる人がトップで弾いていなかったりする事が、エキストラにとっては、やる気が出る出ないも含め重要なことです。

 なので、今回は強力な頼れる先輩方が卒業してしまったパート一人一人に更にレヴェルアップをしてもらおうと、基礎練習にも力を注いでいます。一人一人に課題を与えて、なんとか昨年以上のレヴェルに達してもらいたいと思うのです。どれだけ頑張れるかは、学生にかかっていますが・・・・・。

 曲を見始めると、予想よりは譜読みが速くなっていて、パートとしてのまとまりが少しずつ伝統的に出てきたように思えます。

 このまま良い新年度を迎えてほしいものです。

 新1年生の皆さん!!!オーケストラでヴィオラを弾いてみませんか??経験者はもちろん、初心者でも先輩方は楽しくやってきています。きっと充実した学生生活を送れますよ。新歓の時にお待ちしています〜〜〜〜〜!!
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 雨の向こうに・・・・。 | トップ | 山形響 第267回定期演奏会リ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

指導」カテゴリの最新記事