らびおがゆく Vol.3

山形県を中心とした演奏活動等

2017/18年度の演奏会全て終わりました。

2018年03月31日 23時59分59秒 | 山形弦楽四重奏団
 今年度の山形Qの演奏会は、全て終わりました。

 今年度は、定期演奏会では、L.v.ベートーヴェン・J.ブラームス・M.モーツァルト・A.メンデルスゾーン・P.ヒンデミット・M.ラヴェル・黛敏郎・佐藤敏直などを取り上げ、毎回のように充実したプログラムに取り組むことが出来ました。

 同時に定期演奏会のプレコンサートでは若い方々に登場いただいて、フレッシュな演奏を聴いてもらいました。学生さんだったり卒業したてのフリーの方は公共の場で演奏する機会に恵まれていない事が多く、私達のような小さな演奏会のほんの一部ででも演奏できる機会を自分達のために使って欲しいと企画したのでした。演奏の出来不出来は、(私達の演奏にも言えますが)あって当然ですが、次に向かってゆく力にしてくれたらと願っています。ちなみに次回の定期演奏会では、VaとKbの二重奏曲を予定しています。

 明日から18回目のシーズンを山形Qは迎えます。

 来年度の大きな事としては、山形Q結成以来演奏してきたF.J.ハイドンの全68曲を完奏します(第68回)。いよいよかと感慨深くなりますが、もう終わりなんだと寂しい気持ちもチラホラ〜別に今後演奏しなくなるわけではないのですが、一区切りになるでしょう。

 直近の演奏会としては第67回定期演奏会が、4/14(土)に山形市文翔館議場ホールにて、行われます。まさに今、喧々囂々とリハーサルを行っているところです。オケの某同僚によると山形Qのリハーサルは厳しく感じるようです。自分達では、当たり前に相手をぐさぐさ刺しまくり、お互い様で進めるのが習慣になっているのですが、他からはきつく見えるようです。それだけやってもなかなか届かないクァルテットの神髄に少しでも近づきたいと思っているメンバーなのでした。他のメンバーには最大の要求を!自分には今できる最大の努力を。

 ますます頑張ってやってゆきます。

 応援よろしくお願いします!!
『山形県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 不感にはなりたくない。 | トップ | 卯月2018 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山形弦楽四重奏団」カテゴリの最新記事