秘書検定 77*日本の資格・検定 AWARD 2019

2019-09-17 | 秘書検定

 『日本の資格・検定 AWARD 2019』

「総合ランキング部門」で、「秘書検定」が第1位になりました


 秘書検定が目指すのは「人柄育成」。

相手に「感じがよい」という印象を与えられる人柄を目指す検定試験です。


 私は専門学校で講師を務めていますが、「感じのよい人」を学生に説明する際、

「道を尋ねられることが多い人」と伝えています。

知らない町で道に迷った時、どういう人に「ちょっとお尋ねしますが」と声を掛けるか?

スーパーの袋を提げた、いかにも地元の主婦というタイプなら道は知っていそうですが、

必ずしも「感じのよい人」ばかりとは限らず、話し掛けづらいまますれ違うこともあります。


 「表情」「態度」「振る舞い」「言葉遣い」「話し方」などが「感じのよい人」。

これは「雰囲気」のようなものですので、言葉で説明することが難しく、

ましてや数字で表せるものではないのですが、身につけたら一生の財産になります。


 第119回「秘書検定」の受付が始まりました。(受付期間 9月2日~10月9日)

就職を控えた学生さんは履歴書に記入できますし、

準1級や1級まで進めば面接試験がありますので、就職面接の練習にもなるでしょう。

一般の方でしたら、知識や所作の「自己流」や「見よう見まね」を見つめ直す機会です。

 
 少しずつ秋の気配が感じられるこの頃。

熱い紅茶でも淹れて、「秘書検定」を学んでみませんか?


     
     日本橋 福徳神社となり 森の風鈴小径(9月23日(祝)まで)


     
     ゆく夏を惜しむ秘書にゃんこ 東京プリンスホテル 日本料理「清水」 


 お読みくださいまして、ありがとうございます。
 クリックしていただけますと励みになります

にほんブログ村 資格ブログ 秘書検定へ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 紅茶が好き*10 ティーバ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
再受験検討中です (Yuki)
2019-09-18 15:05:49
こんにちは。

秘書検定では言葉遣いやマナーなどを学べるので、秘書を目指していなくても社会人として役に立つ検定だと思います。
その点から1位になっても納得いきます。

専門学校在籍中に秘書検定2級まで合格しましたが、約20年ぶりに2級に再挑戦を考えています。
履歴書云々ではなく、純粋に社会人としての基礎を学び直したいのです。やはり良い印象を受ける人柄って大切だと思うのです。
Yuki さんへ (Juliet)
2019-09-18 18:28:38
Yuki さん、こんばんは

blog にお立ち寄りくださいまして、ありがとうございます

名称は「秘書検定」ですが、おっしゃる通り秘書を目指す方だけでなく、
年齢も職種も実に多様な方々が受験していらっしゃいます。

>やはり良い印象を受ける人柄って大切だと思うのです。

そうですね。
表情も言葉遣いも立ち居振る舞いも、対面する相手だけでなく、
その場に居合わせた他の方にも印象を与えますので、
「自分もあの人に担当してもらいたい」と思われるような方は魅力的です。

>約20年ぶりに2級に再挑戦を考えています。

Yuki さんが20年間で体得された知識や所作が活かせることでしょう。

応援しています (*^○^*)/
充実した秋になりますように  
そんなものが! (hirorin)
2019-09-18 21:42:14
資格・検定AWARDがあるとは、知りませんでした。
その一位に秘書検定が選ばれるなんて、ホルダーとしては嬉しいですね。

一級を持っていても就活生でもないので、特に何もないのですが、時々思い出します。
昔、お茶の先生が「お免状は一荷の値打ち」とおっしゃってたのを。

「感じの良い人」=「道を尋ねらる人」なのですね。
私が感じが良いかどうかはわかりませんが、しょっちゅう道を尋ねられます。
分かるところなら良いのですが、知らんとこまで。
でも、申し訳なくて(なぜか)Googleで調べたり、その辺の人に聞いて差し上げることも。

一番困ったのは、電車の中・駅でベトナム人に尋ねられた時。英語もあちらはNGなようで、私の怪しい英語でもなんとか。ひどい?日には、二回くらい聞かれました。

京都の地下鉄では、多分インドネシアの方(その方は少し英語OK)に尋ねられ、もう心配で目的の場所までついて行きました。

せっかく、観光でいらしてるのにって。

道を聞かれる、米寿のお祝いのお席はどこがいいか尋ねられる、税理士さんの知り合いいませんか?付近をパトロールしてる警察の人にも・・・

もういいねんけどと思いながら、ついつい耳を傾けて真剣にお答えしております。

hirorin さんへ (Juliet)
2019-09-19 21:35:42
hirorin さん、こんばんは

>ホルダーとしては嬉しいですね。

私が取得した頃は何位だったのか、そもそもこういう賞があったのか??
それだけ世の中が必要としているスキルなのでしょうね。

>「お免状は一荷の値打ち」

私の場合は勢いのようなものでしたが、1級を取っておいて良かった

>分かるところなら良いのですが、知らんとこまで。

つまり、「知っていそう」に見えなくても、声を掛けたくなる雰囲気をお持ちかと。

>Googleで調べたり、その辺の人に聞いて差し上げることも。

尋ねた方は、hirorin さんのご親切に、心がポカポカしたと思いますよ

>一番困ったのは、電車の中・駅でベトナム人に尋ねられた時。

「感じのよい人」「聞きやすい雰囲気」は万国共通なんですね。

>もう心配で目的の場所までついて行きました。

はい (*^▽^*)/ 私はインドから来た青年を電車の乗り場まで案内しました。
さすがに目的の場所までは・・・。
ミニパトに乗った婦人警官の hirorin さんを勝手に思い描いています

>せっかく、観光でいらしてるのにって。

おもてなしの心が根底におありになるのですね。

>道を聞かれる、米寿のお祝いのお席はどこがいいか尋ねられる、税理士さんの知り合いいませんか?付近をパトロールしてる警察の人にも・・・

ミニパトに留まることなく、ホテルのコンシェルジュなどもお似合いです

目の前の出来事に心を砕いて最善を尽くそうと努める方は、
どんな職業に就いても周囲の人々に良い影響を与えるのだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

秘書検定」カテゴリの最新記事