清水 晶子 ブログ

『親とさよならする前に』著者 清水晶子の親と子の終活ブログ

読売新聞「オトナの親子」でコメントしています!

2019-01-21 12:59:36 | メディア掲載

平成31年1月20日読売新聞「オトナの親子」でコメントしています!


久しぶりの投稿です!

読売新聞で親子関係についてお話しさせていただきました。

親が伴侶の死別や介護施設に入居などの理由で独居になった際にどのようなことに

気をつけたらよいかのお話をさせていただきました。

多くのお葬式のお手伝いをさせていただいた経験から、伴侶をなくすという事のインパクトの強さを

とても感じています。

冷静に見えたとしても、本人も気が付かないようなストレスを抱えていることがあります。

「後を追うように、、、」なんてことがおこるのも考えておかなくてはなりません。

 

はたから見ると仲があまり良くないように見える夫婦でも、とても強いつながりを持っていることがあります。

 

私の父方の祖母は事あるごとに祖父の悪口を言っていました。

祖父を目の前にして、何十年も前の浮気の話から、お金を家に入れなかったこと、長男が生まれるまで籍を

入れてくれなかったことなどのグチと不満が永遠に続きます。

祖父は祖母がヒートアップしてくると、そーっと自分の部屋に引っ込むのが日常でした。

そんな祖母が亡くなり、さぞかしほっとしたことだろうと思っていたのですが、祖父は本当に後を追うように

亡くなってしまったのです。

 

夫婦関係は「男と女」の関係です。

子供や他人には理解できないような、つながりと心情でつながれています。

だからこそ、伴侶が亡くなったときは周囲のサポートがとても重要になります。

まずは、体力の低下、認知機能の低下をしっかりと見ていきましょう。

食欲が落ちていないか、運動を行っているか、友人と会っているか等を会話の中で聞き出してみてください。

読売新聞にもコメントしたようにコミュニケーションは深さではなく頻度が重要。

ラインや電話などでこまめに連絡を取ることが良いサポートにつながります!

 

■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

終活の資格は取ってみたけれど。。。

2018-12-11 10:22:12 | 終活のお話

終活の資格を取ってみたけれど。。。


終活の資格を取ってみたもののどうやって活用すれば良いの?と思っている方多いようです。

 

終活が注目された8年前、終活を行う高齢者と同じくらい終活のイベント会場にやってきていたのが

終活をビジネスに活用できないかと考えるビジネスマンでした。

エンディングビジネス産業が終活を取り入れようとしましたが、現在、終活というキーワードで

ビジネスになっているケースはあまりないように思います。

 

それは、「終活=〇〇」というものが開発されていないからだと思っています。

終活で売れるものはエンディングノート。でも、エンディングノートを書けば終活完了となるわけではありません。

では、終活なんて意味がない?!でしょうか。

私はそうは思いません。

まだ、人が開発できていないだけで、「終活=〇〇」というものが出来たら大きなビジネスになると思います。

ビジネスになるというのは、誰かか儲かるということではなく、社会の役に立つということです。

現状は、終活が社会の役に立つところまでいっていないということなのです。

終活が活用され、社会の役に立つレベルになるためには、多くの方が終活に取り組み、実践して行くこと。

そして、終活の資格取得者が啓蒙し続けることが大事なのだと思います。

ですから、終活の資格を取ってみたという方は、ぜひ友人や知人の方に終活を啓蒙することからはじめて

みて下さいね!



■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

ホノルルマラソンにいけませんでした!

2018-12-10 13:20:46 | 日々是好日

ホノルルマラソンに行けませんでした!


念願のホノルルマラソンにチャレンジします!と言っていたのですが。。。

 

11月中旬から、長男が体調を崩していたのですが、渡航1週間前になって入院治療をすることに。

入院手続き、看病、旅行のキャンセルや変更でバタバタしておりました。

幸い大事に至らず、渡航予定日に退院し自宅療養をしています。

 

終活セミナーでは、病気は苦しいけれど不幸ではないとお伝えしています。

病気は、生きている人間にとっては自然な現象です。

幸せは心が穏やかで安らかで、清らかな状態でいられること。

なので、病気や老いという時であっても、幸せでいられることはできるのです。

しかし、実際に子供が入院してみると、理解しているつもりでも心穏やかにいることは身も心も鍛錬が必要ですね。

今回の長男の入院では、母として、妻として、女性としていろいろ気づかされ、とても良い経験になりました。

どこか「あせってる」自分がいて、もしかしたら子供に負担をかけていたのかもしれません。。。

 

主人の友人や長女がホノルルマラソンに参加してたくさんの写真を送ってくれました。

また、チャレンジしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

人の悩みは時間・金・人間関係の3つに分けられる

2018-11-15 08:55:25 | 終活のお話

人の悩みは時間・金・人間関係の3つに分けられる



これまで、多くの方のお葬式や終活のご相談を受けてきました。

100通りの人生には100通りの悩みがあるのですが、大きく分けると時間・金・人間関係にの3つに分けられることに

気が付きました。

 

3つに分類できると解決がしやすくなります。

なぜなら答えがあるからです。

 

1、時間 に悩む人は「死」に対しての自分の考えができていない方が多いのです。

誰でも、死は不安で、人間の根源的な恐怖です。

だからこそ、自分なりの死生観を持つ必要があります。

多くの死を見守ってきた私の答えは「死は自然の力」ということ。

人は自然に争うことはできませんし、人もまた自然のサイクルの一部。

であれば、死は誰にでも必ず訪れる自然現象ということがしっかりできると、

時間の捉え方が全く変わります。

これが時間に対する答えになります。

いつか死ぬのであれば、今この瞬間の出会いや、今この瞬間何かができること

がどんなに奇跡的で素晴らしいことか!

日常がキラキラと輝き始めるはずです。

親が疎ましい人や介護が嫌だと思う人は、目の前にいる人の時間に限りがあること、

自分自身の命に限りがあることに気付いていません。

 

2、金 に悩む人は「幸せ」とは何か自分なりの答えができていない人です。

あなたにとっての幸せはなんでしょうか。

幸せの研究で、人が何に幸せを感じるのかが分かっています。

40%は生物学的幸せ感です。おなかがいっぱいとか、よく眠れたなど生理的に満たされた状態だと幸せを感じます。

10%が環境の変化です。広い家に住むとか、犬を飼うとか、孫ができるとかです。

この2つはお金があることで、レベルを上げることが出来ることです。

重要なのが残りの50%。これは、人間関係がもたらす幸せです。

他人と関わる事で得られる幸福。他人と関われる自分に対するプライドを感じれるという幸福です。

人と関わることはお金がすべてではありません。自分の心を使うことです。

お金を持って人も持ってない人も、何が幸せかを理解していないと人生の目的がお金になってしまうのです。

お金はあくまでも人生の使命を実現するための手段です。

そして、幸せとは「心がさわやかで穏やかな状態のこと。」

どうあるとさわやかになれて、穏やかなのかはひとりひとり違います。

だから自分の幸せは自分で追及するのです。

そして、それが人の使命だと思います。

 

3、人間関係 に悩む人は「愛」について自分なりの答えができてない人です。

恋人のこと。夫や妻のこと。子供のこと。親のこと。友人。

様々な人間関係において、その間にあるのが「愛」です。

でも、「愛」というと途端にわからなくなる人が多いのです。

「友達なんだから優しくして欲しい」

「恋人と旅行に行きたい」

「妻なんだから家事をして当然」

「子供なんだから親の面倒をみて当然」

これらはすべて愛ではなく欲望です。

あなたにとって大切な人は、あなたにメリットがあるからですか?

お金をくれるから?

かわいいので自慢になるから?

面倒をみてくれて便利だから?

それだけではないはずで、メリットを外したところが真実なんです。

愛は自分の中で完結します。

「素敵だな。大好きだな。かわいいな。すごいな。愛してるな。」

優しく穏やかで、ほんのりあたたかい気持ちがその人を思い浮かべると泉のように湧き出てきます。

そこで、終わり。求めた瞬間に、愛ではなく欲望になります。

わかりやすいですね。

そして、我慢することも愛ではありません。

逆に、相手の要求が強いことは、相手が自分に対して愛ではなく欲望の対象にしていることが理解できるでしょう。

であれば、離れることが一番です。

 

時間・お金・人間関係の3つの答えは、死生観、幸福感、愛情という3つの人生のベースとなる考えを

自分なりに見つけるということです。

私なりにそれぞれに対して回答をしてみましたが、ひとりひとり違ってよいことだと思います。

そして、この3つに対する答えを探すのが終活です。

自分に向き合う終活、あなたも始めてみませんか?

 

 


講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

オトコも女も愛嬌が大事

2018-11-14 13:00:19 | 日々是好日

オトコもオンナも愛嬌が大事


「男は度胸、女は愛嬌」という言葉がありました。

もう、なんとなく古めかしい感じがしますよね。

 

先日、大変お世話になった方が亡くなってしまったのですが、男性なのですがとても愛嬌のあるかたでした。

愛嬌とは、

  1. 接すると好感を催させる柔らかな様子。
  2. 見て(聞いて)笑いを覚えさせる感じ。


とのことですが、

その方はいつも朗らかでチャーミングなんです。

そして必ず相手を励まし、ねぎらい、感謝をしていらっしゃいました。

 

現在、自分勝手で、貰いたがりで、批判ばかりする人が多くなっているように思います。

社会的に立場のある方でも、愛嬌がある方は少ないように思うのです。

でも、愛されることや与えられることを望んでいるのです。ヤな感じです。(笑)

 

愛されることを望むことは愛ではなく欲望です。

愛されることは一生ありません。

人は愛することで結果として愛されるのだとその方の生き方から教えていただきました。

安らかに眠る御姿をみて、アッシジのフランチェスコの祈りが私の頭にありました。

私もそのようにありたいと思いました。

 

講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

「いつかっていう日は来る保障はないぞ」

2018-11-13 09:44:43 | 終活のお話

「いつかっていう日は来る保障はないぞ」


最近話題のユーチューバ―の井上ジョーさんの歌の歌詞に、

「いつかっていう日は来る保障はないよ。」というものがあって、とても気に入っています。

 

終活セミナーをしていると

「いつか子供と話して。」「いつか部屋を片付けよう。」「いつか遺言を書こうと思ってる。」

など、「いつかナニナニする。」ということをおっしゃる方が多いのです。

「いつか。」という言い訳をして、今何かを始めたり、今行動をすることはないのです。

 

大切な人が亡くなると、

「あの時、もっと話しておけばよかった。」

「いつか一緒に酒を飲もうと思っていたのに。と後悔の念に襲われる人が多いのです。

この後悔は自分に対する罪悪感に変化し、心を傷つけていきます。

亡くなった人が感じたであろう痛みを、自分を自分で傷つけることで、共有しようとしているのかもしれません。

自分を罰することで、贖罪をしているのでしょう。

 

「いつか」という日は、「今」なんです。

 

「いつか」は絶対に来ることはないのです。

「いつか」実現したいことは、今、行動を始めなくてはいけません。

いつか親と話そうと思っている人は、今、電話してください。

2分でも3分でも良いので、今できる行動を始めるのです。

いつか旅行をしたいという人は、今、できる行動をはじめましょう。

パンフレットを集めたり、インターネットで情報を集めたりして、旅行の計画を始めるのです。

いつか奥様に感謝をしようと思っている人は、今「ありがとう。」をつたえましょう。

 

「いつか」という事を言う人は、未来に希望をもって発言をしているのではなく、未来に逃避しているだけです。

人は、今この瞬間にしか生きることはできません。

いつかという未来を語るのであれば、今できることを始めましょう。

そうすれば、いつかが、今動き始め後悔することが少なくなります。

 

「いつか」私たちはこの世からいなくなる時が来ます。

そして、死にゆく人たちは、自分のその命に代えて「今を生きろ」と教えてくれているのだと思います。

後悔の念も罪悪感も「今を生きる」気づきへのサイン。

後悔だけにとどめず、自分の中にある本当の使命が何かを深く考えるきっかけにしてみてはいかかでしょうか。

■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

身近な人との別れ

2018-11-12 12:54:33 | 終活のお話

身近な人との別れ

数十年来、お世話になった大切な方が亡くなりました。

とても素敵な、本当に大人の見本となるようなジェントルマンで、

お会いするといつも励ましてくださった方でした。

 

石田勝正先生の著書『生きる原点』のこころの構造を思い出しました。

私の記憶の中には、その方の思い出がたくさんあります。

そして、それは私の一部を形成しているのです。

「死」と言う物理的な別れによって、私のこころは揺らぎます。

つくづく人のこころというものは、いろいろな方によって構成されているのだと思いました。

 

私も50歳が近くなり、自分を守ってくれた大人たちがひとりひとりと亡くなってしまいます。

私自身が、誰かを支え守る大人でなくてはいけない年になりました。

ちゃんと自覚しないといけません。

 

ご冥福をお祈りします。

 

■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

親とのコニュニケーションを円滑にする方法1

2018-11-02 09:01:46 | 親子関係

親とのコミュニケーションを円滑にする方法1


11月に入り、ぐっと涼しくなりました。

これからは、クリスマス、お正月に向けて街が活気づく時期ですね。

 

親とのコミュニケーションのきっかけとして季節行事や慣習などを活用していただきたいと思っています!

11月は、七五三です!

子供がいない方も、自分の七五三の思い出話をしたり、写真をみたり、千歳あめをプレゼントするなんて

いかがでしょうか。千歳あめは親が子供の健康長寿を願って、七五三の際に近所や親戚などに

振舞っていた縁起物、とても喜ばれると思います。

 

わざわざ時間をつくって親と話すというのも、忙しい現代人には無理なこと。

お正月、お盆、お彼岸、入学式や卒業式、七五三や 誕生日などイベントをきっかけにすると

ハードルも下がりますし、話題にも困りません。

記念写真をとってラインで共有したりすることで、イベント後も話ができるのでとっても有効です。

親というと身構えてしまう人は特にイベント活用してみてくださいね!

 

 

■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

生涯現役って素敵です!

2018-11-01 09:03:11 | 日々是好日

生涯現役って素敵です!


先日、いつもの銀行で素敵なスタッフに出会いました。

その銀行は、退職者再雇用制度があるようで、高齢者の方がフロアの案内係をおこなっています。

最近、高齢者の方が銀行窓口で困っている様子をよく見かけていたので、

経験の豊富な銀行員だった方が、窓口でサポートするのは良いサービスだなと感じていました。

そして、良いなと思った点はその方が「マネージャー」と呼ばれていたこと。

再雇用では、賃金が下がったり、役職がなかったりと立場が大きく変わります。

経験も積み、会社に貢献してくれた人に対して敬意を払いながら働いてもらうことは難しいと思っていましたが、

窓口の女性スタッフから「マネージャー」と呼ばれ、頼りにされている姿はどこか誇らしく、いきいきとされているように

感じました。高齢期でも、働き方を考慮することで活躍できるということを教えていただきました。

 

■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント

子供に助けをお願いするタイミング

2018-10-31 10:27:19 | 終活のお話

子供に助けをお願いするタイミング


まだまだ、元気だから大丈夫。

 

と思っているうちに、体が動けなくなってしまった。

急に親の手伝いや介護を頼まれた子供のショックは大きいと思います。

 

終活セミナーでも、いつ子供に手伝いをお願いすればよいか。

いつ子供に通帳や財産のことを話せばよいですか。という質問を多くいただきます。

 

私の終活では、自分らしくいるために美しさを保つマイルールを3つつくっていただいています。

健やかに朗らかにさわやかにいられるように、自分が自分でいるためにしている習慣を3つつくるのです。

 

私の今のマイルールは、

1、朝のヨガのモーニングプラクティスと名付けたトレーニング

2、毎日の化粧

3、つけまつげ

ちょっと恥ずかしいですが、私が自分らしくいるための習慣です。

毎週水曜日に映画を見に行く

毎朝、ウォーキングをする

お庭の手入れをする

など、普段できていることで良いのです。

 

そして、助けを求めるタイミングは、この美しさを保つマイルールが出来なくなった時です!

 

病気になったり、介護が必要になった時に助けを求めても、手遅れになることがあります。

自分らしくいられないということは、認知機能・身体機能・精神力の低下が原因です。

そして、これらの低下は自分では気づかないことが多いのです。

普段できていたことが出来なくなったら、自分の変調のサインです。

あるべく早く、子供や友人に相談したり、助けてもらえるようにしましょう。

 

■講演・終活セミナーの講師のご依頼はこちらから


全国で100回以上の終活セミナー講師の実績。
◇講師実績・セミナーの様子

終活セミナー講師のご依頼はコチラから


清水晶子著『親とさよならする前に~親が生きてるうちに話しておきたい64のこと』

全国の書店・オンラインで発売中 Amazonで購入する



終活チャンネル

YouTubeで最新の終活情報をお伝えしています。


新しい供養のカタチハワイ海洋散骨のご提案…

ハワイ海洋散骨 アロハヘブンセレモニーHP
今話題のハワイ海洋散骨の詳細は!今すぐクリック!


終活に関して学びたいとお考えの方へ…
終活診断士になりませんか?
最新の
終活に関する知識を学ぶことができます。
一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会


終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税込1,296円
※神奈川県内および全国主要書店で発売中!
amazonからオンラインでもご注文いただけます。


copyright lautrerive all rights reserved 2012-2018
【ブログポリシー】
>>生活者の皆様への正しい葬儀・供養・終活ハワイ海洋散骨に関する情報を提供します
>>お客様が特定される情報は掲載しません

コメント