goo

セーラーのペンクリニック、その後

昨日のペンクリニックで川口先生に診てもらったプラチナのポケット万年筆と、その場で購入したセーラーのピンクゴールド(たぶんプロギア?)について一日おいてからの感想。

まず、プラチナのポケットは申し分ない書き味。
多分これがこの万年筆の本来の姿なのだと思う。
書き味はピンクゴールドに劣るかもしれないけど、ロディアのメモパッドを手に持って書くときも書きやすく、なんだかんだ言っても使い勝手が良く大活躍のお気に入りの1本。
デッドストックだか倉庫に眠っていた部品を組み立てたとかゆうのが三千円前後で売られているので、もう1本キープしておこうかな・・・

ピンクゴールドは・・・インクフローが良すぎなくらい、かなりインクが出ます。
会社のコピー用紙だとちょっとヤバイ。
(会社でそれ使ってるの?と思われるかもしれないけど、万年筆を使う以前から妙ちくりんなペンを取っ替え引っ替え使ってたので平気)
紙質にも問題ありそうな気がしたので、手元にある上質そうな紙ということで、ロディアとマルマンのジウリスルーズリーフにも書いてみる。
まずはロディア・・・・・すげえ、これ程とは思わなかった。最高に良い!
ジウリスも微妙に裏抜け気味だけど良好。
やっぱり紙質の問題っぽい。
ただ、会社の書類に書き込むのに問題があるようでは困りもの。
川口先生の「2~3ヶ月で凄いことになる」発言を信じて、少し様子を見ようかしら・・・

とか書いてますが、今週末は出張で神奈川に居る予定なんですよね。
日曜日は午前中にちょっと作業をしてから移動するだけなので、川口先生の追っかけファンになって東京のペンクリニックに行ってみるのも一興やも。
混んでいるだろうしお客さんが途切れるということも期待できないので、初心者の田舎者には厳しいかもしれないけど・・・
ちなみに、昨日取った代休の先取りは、この週末の物だったりする。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« セーラーのペ... セーラーのペ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。