ランプ亭のちいさな本

森の奥、ランプの灯りともる小さな喫茶店。のつもりでおくつろぎ下さい。

化石を取り出すように

2020年07月25日 | 今日の贈り物 -日記-
 最近の私の心は、喜びや楽しいことと、苦しみやつらい
こととがマーブル模様のように混ざっていて、明暗がくっきり
しつつも入れかわりたちかわりやってきて心を彩る、そんな
感じがします。

 ラベンダーを摘んだり、お花の教室で楽しんだりしたあと、
心配な患者さん、関係がうまくいっていない患者さんのことが
思い出されて、ぐっと気が重くなったりします。

 心が忙しく働く時は甘いものだ、と言って食べたガトー・
ショコラです^^


 自分のなす精神科での診療が、自分と患者さんの間で何を
生み出しているのか、また研究を深めたいなと改めて思う
この頃です。ただ、診療の質は、言葉にした途端真実でなく
なるような、流動的なものなので、いつも研究に難しさを
感じています。「及ぼさない診療」「非破壊検査的な診療」
など、キーフレーズは浮かびつつあるので、その周辺を
丁寧に、考古学者が化石を取り出す時のように洗い出して
みたいな、と思います。
コメント (1)

ラベンダー

2020年07月25日 | 今日の贈り物 -日記-
 晴れた日に、ラベンダー畑に行ってきました^^
富良野のような大きな畑ではないですが、ここでは
ラベンダーの摘み取りができるということで、楽しんで
きました。

 いい香りと、青紫の花色にリフレッシュできました。
このところ、少し仕事上で苦労が多かったので、いい
時間となりました。
コメント

ブログたち

2020年07月08日 | 今日の贈り物 -日記-
 私のホームページには「ランプ亭のちいさな本」の他に、
「いのち一粒 祈り1cup」、「花羊の散歩道」のふたつの
ブログを載せていましたが、よりすっきりさせたく、この
ブログ、「ランプ亭のちいさな本」だけを残して、あとは
パソコンに収蔵することとしました。

 もし読みかけの方がいらしたら、ごめんなさい。

 ランプ亭も5794日続けてきて、長くなったなぁと
感慨深いです。これからも、ぽつりぽつりと思いを載せて
いきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いします。
コメント (2)

梅ジュース その後

2020年07月07日 | 今日の贈り物 -日記-
 梅ジュースは完成し、無糖の炭酸で割ったりしながら
梅の爽やかな味を楽しんでいます^^

 今日は、おうどんのつゆに梅ジュースを少し加え、
さっぱりといただきました。

 漬けた梅の実は、刻んでクリームチーズと混ぜ、
クラッカーで挟んでいただく予定です。
コメント

オーダーメイドの距離感

2020年06月25日 | 今日の贈り物 -日記-
 季節の移ろいは早くて、ライラック、ルピナス、続いて
今はバラとクレマチスが美しいです。本州に遅れて、もうじき
紫陽花が色づきそうです。


 私の方は、精神科ならではの患者さんとの距離の取り方の
難しさを実感していました。近すぎても互いに苦しくなり、
遠すぎてもぬくもりが伝わらず、人によって心地よい距離感は
違い、オーダーメイドの距離感をその時々の1人1人との間に
築くしかないなぁと感じています。

 近くなりすぎて、相手の要求を受け止めきれなくなって、
私からギブアップしてしまうパターンを何人かとの間で経験し、
痛みとともに思うのは、私は痛い思い、怖い思いをすると貝の
ように頑なに心を閉じて相手を締め出してしまうな、ということ
でした。急に締め出された相手が、見捨てられたと感じて怒ったり
悲しんだりするのも無理はないなと感じます。

 とはいえ、出会いの初めから「巻き込まれないぞ」と頑なに
なることもできない私なので、目標は、そろりそろりと近づいて、
少々巻き込まれるごとに「これ以上はできません」と伝え、互いの
間に目に見えるルールを作っていくことかなと思っています。
(診療時間外の対応はしない、など)

 波長が合って近くなる時ほど気をつけないと、お互いにけがを
負うな、という学びがありました。患者さんに私の限界をいつも
知ってもらうこと、期待値を下げることは、大切かもしれません。
 医師は、以前も書いた通りオズの魔法使いだと思うからです。
暗幕の裏にいた偉大なオズの魔法使いは、困ったように佇む
おじいさんで、ドロシー達がそれぞれ旅の中で(精神科なら病や
人生の苦悩の中で)得た物に「君たちはすでにそれを持っている」
と言ったりするくらいしかできないのでした。ご本人以上に回復
させる力を持っていたりは、しないのだと思います。

 人生は、深いなぁ…と患者さんごとに思う日々です。
コメント (2)

梅ジュース

2020年06月19日 | 今日の贈り物 -日記-
 今年は余裕があまりないのでしないでおこう、と
思っていた梅仕事。いつもは寄らないスーパーで
美味しそうな青梅の少量パックを見つけ、しばらく
迷ったものの、買うことにしました。

 消毒した瓶に青梅と氷砂糖を交互に入れ、りんご酢
を注いで仕込みは完成です。あとは3週間、瓶を揺すり
ながら梅のエキスが溶けだすのを待つだけです。

 2週目に入り、氷砂糖はすっかり溶け、梅もしわしわに
なってきました。来週には飲めるんじゃないかと思い
ます。楽しみです^^
コメント (2)

ハーブの香るブーケ

2020年05月17日 | 今日の贈り物 -日記-
 先日見つけた花屋さんのフラワーレッスンが、今は新型コロナ
ウイルスのためにリモートレッスンになっていることを知り、
受けてみたいなと思いました。

 先生がお手本を作る動画を受け取って、花材は家まで届けて
もらって、今日、自宅でブーケを初めて作ってみました^^

 なにぶんお花の量が多いので組むのは大変でしたが、動画の
お蔭でスパイラルに組むコツがつかめた気がします。ミントと
ローズゼラニウムのよい香りに和みながら、無心で花々を束ね
ました。

 スノーボールのさみどり、バラの白~グリーンのグラデーション、
差し色の赤紫のクレマチス。自然体な感じのブーケになりました。

 心躍る時間でした^^*
コメント

花屋さん

2020年05月03日 | 今日の贈り物 -日記-
 最近見つけたお花屋さんのお花がとても持ちがいいので、
気に入りました。週末だけ開くお花屋さんです。前回購入した
お花も切り戻しつつまだ持っていますが、吸い寄せられるように
中に入ってしまいました。

 今日は、ウイスキーでほろ酔いの女性の頬のようなスプレーバラ、
レースフラワー、芍薬です。芍薬の大きなつぼみが咲いていくのを
見るのが楽しみです^^

コメント

2020年05月03日 | 今日の贈り物 -日記-
 今年は一目も桜に会えないかなと思っていましたが、早起き
して北海道神宮の梅園に行ってみました。人が多ければ引き
返そうと思ったのですが、ソーシャルディスタンスを十分保てる
くらいだったのでマスクをして花曇りの空の下、梅と桜を楽しんで
こられました。

 写真は、エゾヤマザクラです。ピンクが少し濃く、紫がかった
葉も一緒に出ています。北国に春が来た、という感じがして
きました^^

 今年ほど桜が恋しかったことはなく、一眼レフとともに丁寧に
花を眺めました。お花見が禁止されている分、小鳥の声がよく
響いていました。ヤマガラやエゾリスにも会えました。

 桜は、春にしか会えない「人」のような存在であることを
改めて感じている今年です。会えてよかったです。
コメント

桜のつぼみ

2020年04月21日 | 今日の贈り物 -日記-
 新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を取れる限り
取り職場は稼働を続けていますが、自分が感染することも、
患者さんや他のスタッフに移してしまうことも、非常に
怖くて、気を張る日々です。

 ビニールカーテン越し、マスク越し、椅子の距離を離した
短時間の診察、+こまめな換気と消毒をしていますが、
心のふれあいの為にこれまでとても贅沢な環境で診察を
できていたことが、改めて感じられています。患者さんは
表情が見えず不安そうだったり、5分診察では話し切れない
と不満もおありだったりしますが、ここで互いに感染して
しまえばご本人やご家族の命にもかかわるので、踏ん張り
どころだと思っています。

 写真は、原始林への散歩で撮った桜のつぼみです。
咲くのは今月末のようです。今年は、桜も見られない
と思うと本当に悲しいですが、入院中などでもっと見られない
環境におられる方を思いながら、家で過ごそうと思います。

 読んで下さっている皆様のご健康もお祈りします。
コメント (4)