ランプ亭のちいさな本

森の奥、ランプの灯りともる小さな喫茶店。のつもりでおくつろぎ下さい。

ハーバルセラピスト 試験

2019年05月20日 | 今日の贈り物 -日記-
 日曜日、ハーブの資格試験がありました。

 マークシート式の50問。昨年から今年にかけて
先生に学んできたことを思い出しながら解きました。

 試験が終わった今思い出されるのは知識という
よりも、先生がおもてなしで作って下さった、
カモミールのババロアや、北海道神宮の桜茶だったり
します。極寒の授業の日にお花を浮かべた手浴を用意
して下さったのも温かな思い出です。
思い出のそばにいつも植物があったなぁと感じます。

 6月下旬に結果が出るまでドキドキしますが、
静かに待とうと思います。


 
 体に病を得てから、「野に咲く診療所」の夢が
休眠状態に入っているように感じます。ぜひとも
実現したい、という段階から、さなぎになったよう
です。人間生きているといつ人生が終わるかわから
ない中、診療所を形作ることに時間と労力とお金を
使ってよいものか、と待ったがかかりました。

 それよりも、診療所の中でやりたかったこと、
病む人を前にお届けしたかったことをじりじり実現
するよう力を注ぐのはどうだろう、と今は考えて
います。具体的には、ねぎらいともてなしです。

 形と中身、両方を両輪にして実現していきたかった
のですが、今はまず中身を大事にしたいです。

 日々出会う方々との1回1回の出会いを、大事に
診療します。
コメント

ライラックの季節

2019年05月20日 | 今日の贈り物 -日記-
 ライラックが街中で満開になり、よい香りが漂う季節に
なりました。甘く、ふくよかな香り。北海道に来るまでは
あまりなじみがなかったのですが、こちらに来てライラック
が咲くと(ああ5月だなぁ)と感じるようになりました。

 写真は白花のライラックです。青紫、赤紫、薄紫など、
いろいろな色があります。

 花の季節、今年も行けたら旭川や富良野に行きたいなと
思います^^
コメント

お茶のお稽古 4回目

2019年05月20日 | 今日のお茶 -茶の道-
 お茶のお稽古の4回目でした^^

 お軸は「行雲流水」(こううんりゅうすい;空を行く雲や
流れる水のように、物事に執着せず自然の成り行きに任せて
行動することをさす言葉だそうです)。

 お花はぼけと桜。志野焼の花器にぼけの朱色が映えました。
主菓子は「若葉」という、小さな青いもみじがのったお菓子
でした。

 今日は盆略点前の最終回と、客の練習をしました。まだまだ
体が覚えきれていない中で盆略点前が終わってしまうのは
残念ですが、割稽古や盆略点前の中で教わった基礎を思い
ながら次に進みたいと思います。
コメント

自主練習

2019年05月09日 | 今日の贈り物 -日記-
 お茶のお稽古が楽しみすぎて、盆略点前に必要なお道具を
全て用意していました^^

 所作は無駄なく、美しくが、求められることだと先生は
おっしゃいました。そうおっしゃった通り、お盆の上には
余計なものは載らず、花のほころぶように使う間広げられた
道具も、仕舞う時にはまたつぼみに戻るように元の場所に
置かれます。時が濾過して、なんと美しい所作にまとまって
いるのだろう、と感動しました。

 今日、お稽古から帰って早速自主練習です。教則本を
読み上げ写真と自分の所作を照らし合わせながら練習しました。
なかなか骨が折れます。

 和敬清寂の「清」の大変さと大切さを感じる、お道具
一つ一つを洗ったり拭いたりする時間でした。
コメント

お茶のお稽古 3回目

2019年05月09日 | 今日のお茶 -茶の道-
 長い連休明けのお稽古でした。忘れている所作もあり、
特に家では練習しにくい足の運びに苦戦しました。

 いよいよ、ひとつのお手前である盆略点前に入りました。
最初に先生の流れるような所作を見ましたが、自分が
やる段になるとこまごま気が及ばず、先生に教わってあっ、
となることばかりでした。でも楽しいのは、いつかかたち
を体得してこころを込めてお茶を差し出せる自分を夢見て
いるからかもしれません。

 今日のお軸は「百千億のいのちよりも かけがえなし
わが母の顔 わが母のいのち」という母の日にちなんだ
ものでした。お花はぼけのつぼみと雪柳、とくさでした。
主菓子は風薫る、という五月らしい美しいお菓子でした。

 お稽古は一回2時間、本当にあっという間で、学ぶ
ことも多いです。「いつもお茶を学ぶ心を持っていれば、
乾いたスポンジが水を吸収するように学んでいけます」と
おっしゃった先生の言葉が今日は印象に残りました。

 お稽古の後は絵日記づくり。喫茶店の女性とも顔見知り
になってきました^^
コメント

病を得る

2019年05月09日 | 今日の贈り物 -日記-
 4月中頃、ちょっと身体の病気が見つかり、今少しずつ
検査を進めています。風邪もほとんど引かない頑丈な私
なので、医者でありながら患者経験はなく、MRIの造影剤に
びくびくする状況です。(無事MRIは撮れてほっとして
います)今月末には組織を取って検査をします。

 心の不調でひと月半休んでしまったあとの身体の病に、
患者さん達へのご迷惑を思い申し訳ないのですが、どうにも
できず、幸い痛みなどはないため、できる限り診療も授業も
行いたいと思っています。不安はあるけれど、淡々と、と
思っています。

 身体の病に関して、心の大半は不安が占めていますが、
ほんの少しだけ身体の病を抱える患者さんの気持ちに近づける
ありがたさ、喜び、そして自分がどんな反応をするか知りたい
好奇心もあります。本当に、少しですが…

 というわけで、病を得ながら、楽しむ時は楽しみ、不安な
時は不安になり、と心いっぱい感じながら過ごそうと思います。

 写真は、落ち込んだ私にエールを送るように咲いていた、
道端のエゾエンゴサク、春の青空色の花です。
コメント

お茶のお稽古 2回目

2019年05月09日 | 今日のお茶 -茶の道-
 2回目のお稽古です。
前回の復習に加え、お手前の基本の所作をパーツごとに
教わる割稽古をしました。ふくさのさばき方、茶巾の
扱い、棗(なつめ)の清め方、茶杓の清め方などを
じっくり何度も練習しました。

 先生が、お手前の清める所作は、目の前のお客様のために
精一杯清めてお茶を差し出す気持ちを表した「パフォーマンス」
です、とおっしゃっていたのが、明快で印象に残りました。

 お軸は「明歴々露堂々」(世の真理はどこかに隠れている
ものではなく、最初からありのままに現れている、それに
気づく心が大切)というもの、茶花は山茱萸(さんしゅゆ)と
うつむき加減に咲くクリスマスローズ、主菓子は八重桜と
抹茶かん、お干菓子は和三盆ときび団子でした。茶器には
タンポポ、つくし、れんげそう、すみれなどが描かれていて、
春だなぁとしみじみ感じられました。

 お教室の外の桜の木もつぼみが膨らみ、もうじき咲こうと
していました。普段はズボンばかりですが、お稽古用に用意
したロングスカートでワクワクしながら帰りました^^
コメント

お茶のお稽古 はじまり

2019年05月09日 | 今日のお茶 -茶の道-
 4月から、お茶のお稽古が始まりました^^
初心者のための、と銘打たれた教室なので、生徒さんは
皆さん初心者で、互いの動きから、よりよくするこつを
学べます。

 6名の生徒さんに2人の先生がついて下さるかたちで、
ふすまの開け閉め、お辞儀の仕方、ふくさの扱い、お菓子と
お茶のいただき方などを教わりました。

 お軸はお茶の心「和敬清寂」、茶花は限り、という名前の
白い椿と雲竜柳、主菓子は早苗、という春らしいものでした。


 研修に挫折しぼろぼろだった私の心に、京都でいただいた
お抹茶のほろ苦さが沁み入り癒されたことを、時空を超えて
思い出しました。研修中、一度見たら2度目は行い、3度目は
教えなさいとハイスピードで学ぶことをよしとされていましたが、
茶道を習い始めたら、わからなくなったら何度でも初歩に戻る
姿勢を教わりました。そのことがありがたく、涙の出る思い
だったことも思い出されます。

 写真は、お稽古の後喫茶店で思い出しながら描いた絵です。
つたないけれど、毎回のお稽古の雰囲気を記憶に留めやすい
かなと思い、絵日記にすることにしました。
 次回も楽しみです^^
コメント

復職しました

2019年04月06日 | 今日の贈り物 -日記-
 ひと月半の休職期間を経て、今週から復帰しています。

 休み始める前の苦しさ、休んでいる間の症状の苦しさ、
自分の診療のアイデンティティが揺らいだまま患者さんと
向かい合う復職後の苦しさ、いずれもつらかったです。
生きるのは大変だなぁと、味わいかみしめています。

 今私が苦しいのは、自分のしたい診療が実は誰にも
必要とされていないのではないか、という思いで、
これからどう生きていったらいいのかわからないことです。

 私のしたい医療は、ずっと私の受けたかった医療なの
ですが、どうしても夢見がちな私の思い浮かべる医療は
現実に即しておらず、実現化が難しいものです。

 いっそ診療所の形態が難しいなら、カフェをするか、
と思うほど迷っています。そこで、また茶道を習うことに
しました。するすると解決するわけではないと思います
が、何か診療のヒントが得られたらなと思っています。

 写真は、あーでもないこーでもないと苦しみながら、
カフェでノートに向き合っていた時に飲んだ苺ミルク
です。カフェにはずいぶん助けられました。
コメント (8)

初 シフォンケーキ

2019年04月06日 | 今日の食 -いただきます-
 去年末、東京で食べたなかしましほさんのお店の
シフォンケーキがもっちりしっとりしてとっても
美味しかったのが忘れられず、自分でも作ってみました。

 初シフォンケーキ、卵黄生地とメレンゲを合わせると
つやつやしたカスタードクリーム色の生地ができて、
ビギナーズラックなのか、思ったよりうまくできました。
ただ、オーブンから出すとみるみるうちにしぼむのですね。
慌ててひっくり返して無事でした。

 難しいけれど、とても面白いなと感じました。
また、焼いてみたいと思います^^
コメント