いくらおにぎりブログ

邦画中心の映画感想ブログです。ネタバレがありますのでお気をつけ下さい。

【映画】テラ戦士ΨBOY

2006-09-10 | 邦画 た行

【「テラ戦士ΨBOY」石山昭信 1985】を観ました。



おはなし
高校生のMOMOKO(菊池桃子)は、ある日幼い頃の夢を見たことがキッカケで、超能力を身につけます。幼馴染のモトハル(井浦秀智)を始め、超能力に覚醒した6人の仲間。彼らは、BOYと呼ばれる謎の生命体を助けるために、悪の組織との戦いに立ち上がるのでした。


徐々に集まる超能力者たち。正義を守るために、強大なエスパーの敵に対して、各人の能力を生かして戦う。別に物語のベースはおかしくないんですけどね。古くは南総里見八犬伝に始まる、この手の話は、普通に作れば面白いはずなんだけど。

ちょっとヘタでも、それなりに面白いはずなんだけど・・・

とりあえず、脚本はガタガタ。演出はメチャクチャ。演技はメタメタ。だけど、これはきっと罠です。数十年後に、カルト映画としてもてはやされるために仕組んだに違いありません。だから、一つひとつ突っ込んでしまうと、敵の思う壺ですから。

たとえ、主役のMOMOKOの超能力が「ガラスを割ることができる」というへなちょこなものであったとしても

たとえ、MOMOKOの髪型が、ちょっとやそっとの風じゃ動かないほど、ガチガチにヘアスプレーで固めてあって、「ヘルメットみたいだ」と思ったとしても。

たとえ、超能力者の一人が、ブーという名で、Mr.Booのマイケル・ホイに似ていたとしても。

たとえ、そいつの能力が、手から熱い何かが出てくるという、凄いんだか凄くないんだかよく分からない能力だとしても。

たとえ、仲間が6人集まった段階で、「これで全員そろったわ。今の風がそういっていたの」とMOMOKOが頭に蛆虫が湧いたようなことを言っていたとしても。

たとえ、秘密研究所のマッドサイエンティストな竹中直人が暴走演技をしていて脱力させられても。

たとえ、その研究所のボス、ゴールデンフレイム(益岡徹)が普通の人間なのに、意味なく宇宙人メイクをしていたとしても。



たとえ、研究所では、さらった高校生たちの、野球ボールを投げる能力とかハードル競走で速く走る能力とかを奪いファイルしていたとしても。

たとえ、「そもそもファイルって何だよ(怒)」と思ったとしても。

たとえ、プールからテレポートしたMOMOKOが、いきなり宇宙空間に白いローブ姿で漂っていたとしても。



たとえ、ゴールデンフレイム研究所に忍び込んだモトハルを追いかける銀色サウナスーツ隊員たちの靴が床との相性が悪くて、マジですべってるヤツ続出でも。

たとえ、謎の宇宙生命体なBOYの声が島本須美であったとしても。

たとえ、島本須美の「おじさまっ」という声が、例えようも無く好きだとしても。

たとえ、デビュー前の有森成美がMOMOKOの周りにいるその他大勢だとしても。




これは、すべて脚本家と監督の仕組んだワナですから反応してはいけません。分かりましたねっ。

 

いくらおにぎりブログのインデックスはここ
いくらおにぎり日記はここ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】妻こそわが命 | トップ | 【映画】一番美しく »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもしろかったです!! (オカダン)
2007-02-25 19:24:11
すごく楽しく、読ませて頂きました!!
オカダンさん (いくらおにぎり)
2007-02-26 10:53:38
オカダンさん、ありがとうございます。
楽しんでいただけて、ぼくもうれしいです。
オカダンさんに、喜んでいただけるような、楽しい感想が書けるように頑張りたいと思います。
映画見たくなりました。 (miko)
2007-05-07 10:12:31
先日旅行中の機内で「BOYのテーマ」が流れていて、
これ昔の何かの映画のテーマ曲だったよな~と思いつつ検索したらあたりました。
かなり説明が面白かったです!映画みたくなりました。レンタルしてるかな…?
どうかなあ (いくらおにぎり)
2007-05-07 14:14:50
mikoさん、はじめまして。こんにちは。

レンタルですか。うーーーーむ。
なんかDVDは出ていないみたいなんですけど。
だから、こじゃれたTUTAYAとかではなくて、ひっそりと昔からやっているようなレンタル屋さんに行くと良いかも知れませんね。そこで、日に焼けて、少し変色したようなビデオカセットを見つけたらラッキーということで。

あとは、「絶対」とは保証できませんけど、新宿のTUTAYAとか巨大な店を探すのもよいかもしれません。もちろん、それだけの努力をすれば、必ず気持ちのよい脱力ワールドはお約束できますよ。
Unknown (Unknown)
2009-08-21 04:09:51
うん、これはめいさくw
公開から数年間は、テレビのロードショーで何回か放送されたと思うけど、今は絶対に放送できませんw
見たくても見れない作品に数えられてます。
むむう (いくらおにぎり)
2009-08-21 17:24:12
なんで、今は絶対に放送できないんだろ……

邦画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事