気ままに戯言 ・・・

日々の出来事であったり、見聞きしたものへの感想であったり、時には不動産の知識や裏話であったり、気ままに書き綴ります。

本末転倒では・・・?

2020年07月30日 | off course
***********************************************************************************************************************
 静岡県沼津市は新型コロナウイルスで打撃を受けた観光業の支援策として、首都圏からの客も対象とした独自の観光支援キャンペーンを始める。同市は「東京都民を含め、来訪者を除外しない」としており、割引対象から東京を除外した政府の観光支援事業「Go To トラベル」とは一線を画した形だ。  市によると、キャンペーンではダイビングやレンタルボードなど海のレジャーの利用料金を、5千円を上限に半額補助。市内の施設の宿泊客にはバスやタクシーの共通利用券500円を無料配布するほか、人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のオリジナルペットボトルなどもプレゼントする(共同通信)。
***********************************************************************************************************************

 と、このニュースを見て些か驚かされました。首都圏を筆頭に全国で感染者が増大する中、観光・レジャーに訪れる他県からの来訪者に対し概ねの自治体が “自粛” を要請しているというのに、ここ沼津市は “来訪歓迎!” ですか・・・? これ、飲食・小売・宿泊業に携わる方々とっては確かに歓迎すべき施策なのかもしれませんが、その他の業界、そして一般市民にとってはまことに不安を抱かせるキャンペーンなのではないかと感じます。 言うまでもなくコロナによって飲食・小売・宿泊業が危機的状況に陥っているのは誰もが分かっているものの、だからと言ってそれを助ける為にコロナを広める可能性を秘めた対象を手招きで呼ぼうとするキャンペーンを張るというのは、ちょっと首を捻ってしまいます。

 これ、「政府のGo to トラベルとは一線を画した形だ」などと言っても、発想そのものはまるで変わりませんね。 金を出す相手先が違うのでは? と思います。 今、金を出すなら困っている業種・業態そのものに対してであって、何もリスクを伴う観光客にニンジンをぶら下げて当地に呼び込み、売上を確保してもらおうなどというのは些か本末転倒だと感じます。 私的には最近、近所のファミレスあたりは客入りを見ながらたまには行くものの、港湾の飲食街などは他県ナンバーが多いから恐くて行けずにおります。 こうしたキャンペーンを張れば益々その傾向は顕著になるだろうし、どうなのかなぁ~・・・、結果的に首都圏を含めた県外ナンバーが今以上に増えることによって、逆に地元客は益々足が遠のく・・・にはならないのでしょうか?

コメント

賞味期限・・・

2020年07月27日 | 流通業ウンチク
 いつもお客様用のアイスコーヒーは “微糖” を購入しているのに、先日買ってきたアイスコーヒーはよく見もせずに、間違えて “無糖” を買ってきてしまいました。 そこで改めてガムシロを買わねばと近くの某コンビニエンスストアーへ行ったところ、私の場合、必ず確認する賞味期限に目をやると、これが “2020.07.06” となっているではありませんか! 「ギョッ! 」と思い再度確認してみると、製造日は一年前の “2019.07.06” そして賞味期限は間違いなく “2020.07.06”・・・ 。 今日は7月27日なので、なんと三週間も期限を過ぎた商品が並んでいたのです

 今をときめく小売店コンビニエンスストアーともあろうところが、三週間も期限を過ぎた商品を平然と棚に並べておくなんてちょっとばかり信じられません。 しょうがないから一番奥に陳列されている同じ商品を取り出してみると、こちらは “2021.06.06” となっています。 当然ながらそちらの商品をレジに持ち込み、一応店員さんに 「この商品、賞味期限切れのものが棚に並んでますよ。確認した方が良いのでは?」と教えると、その店員さん 「えっ! ホントですか? 確認してみます!」と言って私のレジを済ませたあとすぐに棚に向かい、数分すると戻ってきて、その間にコーヒーを入れていた私に 「ホントでした。ありがとうございました! 助かりました! 」と御礼を言ってきました。

 でも、ビックリしたのはその後です。 その店員さんが下げてきた商品は買物カゴに入れてきたのですが、私が指摘したガムシロ以外に3~4つもの商品が・・・ 。ちょっとばかり (唖然・・・ ) でした。 チェーンによってこうしたところの商品管理にマニュアルの違いがあるのか、或はその店のオーナーによる従業員教育の差によって生じるミスなのかは分かりませんが、これ、そのチェーン全体への不信感にもつながる問題ですよね。 まあ、コンビニの母体は何れのチェーンも大手流通業ばかりですから、こうしたところのマニュアルにはさほど差がないと思われますので、恐らく店単体の教育不徹底なのでしょうが、あまり確認もせずにこうした商品を購入してしまうお客さんのことを考えると・・・同情です。

 コンビニに限らず、商品をカゴに入れる前には必ず賞味・消費期限の確認は必要ですネ・・・こうしたことはままありますから 。 女性の場合は比較的きちんと確認される方が多いのかな? とは思いますが、男性の場合はあまり頓着のない方が多そう・・・。店側も日配品関係(弁当や総菜や乳製品・飲料など)には比較的神経を尖らせても、賞味期限が長いものにはどちらかと言うと目が行き届かない傾向があるようです。 後で「あちゃ~~!!」とならぬよう、皆さんも是非その都度 “賞味期限・消費期限” を御確認下さいネ

コメント

外食で驚き!

2020年07月13日 | 雑談
 昨日は日曜日でしたが、売買契約が1件あったので午前中だけ出勤をさせて頂きました。 ずっと雨続きであったにも関わらず、天気予報も “曇り時々雨” だったのに昨日はカラリと晴れ、売主さんにとっても買主さんにとっても気分良く契約にお臨み頂けたものと思っています。 普段はあいにく雨だったりすると「雨降って地固まる! と言いますからね、雨の日の契約も縁起がいいですよぉ~! なんて調子の良いことを言ったりすることもありますが(スイマセン! )、本音のところはやはり “晴れ!” に越したことはありませんね。 気分が違います

 今回の契約の売主さんは当方にとってもう十数年前からのお付き合いがあるお客様。 某企業の経営者であるのにとても腰が低く、性格は明るく、いつも笑顔が絶えない素晴らしい人格をお持ちの方でしたので、きっと買主さん御夫婦も気分良く安心して署名・捺印をして頂けたことと思っています。 仲介をする私にとってもまさに終始気分良くすすめられた売買契約でしたから・・・。


 さて、午後に帰宅してから夕方まで家でノンビリしていると、カミさんと娘が「晩御飯、たまには焼肉食べたいねぇ~!」などと言ってきます。 内心(なんだよ、また外食かね!)とは思いつつ、数少ないながら、ここのところ行った店ではコロナの影響で席は空いた店が多かったことから、(ま、心配ないか?)と渋々了解・・・ (というのは私自身、年齢のせいもあってあまり焼肉を好まない傾向・・・でも、たまには二人の希望を聞かねば嫌われちゃうので渋々)。 日曜日はいつもですが、早めの夕食で5時前には焼肉屋へと馳せ参じました。

 すると驚きです! なんと店は大変混みあっており、私らが席に着いた15分後くらいにはほぼ満席の状態 。 (おいおい、何だよこれは! コロナはどうしたんだヨ! 自粛はどうしたんだヨ!)・・・と、お恥ずかしながら自分達のことは棚に上げ 、混みあう店に客にビックリです。 これは焼肉屋さんだからこれまでもそうだったのか、或はここへきて他の店も含め混みあい出したのかは分かりませんが、店内は最近ではお目に掛かったことのないほどの盛況ぶりした・・・。 これによってまたまた反省しましたね。 やっぱり、もうしばらく外食は極力避けた方が良いのだな・・・と

コメント

気を遣い過ぎ??

2020年07月10日 | 雑談
 梅雨とは言え、こう雨ばかり続くのは本当に気分が滅入ってしまいます。 それも例年のような雨量ではなく、九州を筆頭に甚大な被害を及ぼし続けている今年の大量の雨。 日本にとってはコロナとダブルパンチで苦しめられているのですから正に恐怖と言える今年の梅雨です。 コロナも感染者が東京では過去最多を更新し続けており、収束の気配など微塵も感じられず、いかにPCR検査数が増えたとは言え、こうした数字を見ているといかに潜在的感染者数が多いのかを思い知らされてしまいます。 ここ静岡県内の感染者数こそ数字上は微増であるものの、皆さん、気を付けて下さいネ! 甘く考えているとやられます・・・。

 さて、明後日に予定されている売買契約関連の書類作成が一段落し、今、一息つきながらのコーヒータイムにこのブログを打ち込んでいますが、書類を作成しながらも頭から離れなかったこと、それは前回の契約時もそうだったようにやはり契約読み合せ時のコロナ対策でした。 当方では入口に消毒薬を設置し、応接テーブルには幅1,800mmのアクリル板で対面飛沫を防ぐようにしているのですが、そうした対応をそれで良しとされる方もいれば、或は不十分と感じられる方もいらっしゃるのじゃないか? と心配してしまうのです。 なにせ2時間程度に及ぶ説明ややり取りですからね。 神経質な方だと心配になる方もいらっしゃるでしょう。

 ただ、そういう方に対してもこれ以上どうすればいいか? と考えるとこれがなかなか思いつきません。 出席者全員がフェイスガードを付けながら、というのもあまりに仰々し過ぎますし、一人一人が2m以上離れて座り・・・というのも当方の応接テーブルでは物理的に無理です。 まあ、考え過ぎ、心配し過ぎ、と言われてしまえばそれまでですが、でも、人によってあるべき姿、考え方、というのはそれぞれですからね。 気を遣い過ぎることでお相手の反感をかってしまうということもないでしょう。 ホント嫌ですね、このコロナ。 本来なら売買契約は物件の説明と理解に集中すべきことなのに、余計な事柄に神経を使わねばならない、この今の状況には甚だ閉口してしまいます。

コメント

今後は果たして・・・

2020年07月03日 | off course
 思っていたとおりに、東京でのコロナ感染者数が再び伸び始めましたネ。今日は124人ということですが、その124人は検査前までいったい何人と接触していたことやら・・・? 想像するだけで身の毛がよだちます。 首都圏以外の新規感染者数は今のところ落ち着いているものの、恐らくこれは表面的なもので、実際の潜在感染者数は見えないながらも増えていると思われます。 恐いのはあまり極端に症状の出ない若者を主とした潜在罹患者ですよね。 (ちょっとヤバイかも?)と思いながら、恐さと世間体を気にして病院にも行かず、我慢して日常生活を送ってしまう。 そういう人達が全国にどれだけいることでしょう・・・

 少し前までは世界的に見ると感染者数も死亡者数も低いレベルで落ち着いていた日本ですが、しかしここへきて、日本の死亡率の伸びは欧米諸国に比べても高くなっているそうです (絶対数ではなく)。 現在の日本の死亡率は凡そ5.2% (感染者18,723に対して死者数974人)ですが、欧米は率として5%を割っているところも多いですから、ちょっと前まで言われていた “日本の不思議” は今や通用しませんね。 まずはともあれ、東京を中心とした首都圏においては再び “緊急事態宣言” を発しなければダメなのでしょう! 勿論業種により、死活問題となる商売は幾つも出ることとは思いますが、経済が大事か生命が大事かと問われれば、間違いなく “命” としか答えようがないのでは?

 こういう状態に再び陥ったのも、これは我々国民の意識と言わざるを得ません。 国民の九十数パーセントはそうした意識を持ちつつも、ほんの数パーセントの人達の意識は残念ながら希薄と言わざるを得ず、勿論、そういう意識を持っていても、そして日頃から気を付けていても感染する時は感染してしまいますが、絶対数からすれば今のような数字に再び陥ることは避けられたと考えます。 国も経済状況を鑑みてなかなか強硬手段をとれずにおりますが、しかし、一番大事なのは我々国民ひとりひとりの意識。その上で、国にはもっともっとPCR検査を手軽に行えるように更なる対策を講じたり、更には経営が行き詰っていると言われる民間医療機関に診察や治療の例外を与えるなどして(これはなかなか難しいか?)、医療体制の拡充に努めて欲しいと素人ながらに思っていますが、さて、今後の流れは果たして・・・・・・
コメント

後の祭りにならぬよう・・・

2020年07月02日 | 業界裏話
 今日は仏滅であるのに、お客様の御希望があって売買契約を1件終了させました。 以前にも当方から幾つもの不動産を購入して下さったお客様でS様というお方が、「私は何でも契約行為があると出来る限り “仏滅” しか行わないようにしている。自分勝手な解釈だけれど仏滅の日が最低で底! 契約がその日であればそこからは上がっていくしかないからね。だから敢えて仏滅を選ぶんだよ。」 これはあくまでもS様が買主の立場の時に御希望されることで、御自分が売主の立場である時は当然に買主様の御希望を優先されましたが、長く不動産の仕事に携わらせて頂いている中でもこういう方はとても稀。 そして、今日のお客様もS様のようなお考えではないものの、「ゼンゼン日なんて気にしない!」と、あくまでも御自分の一番都合の良い日を選ばれた・・・とのことです。

 さて話は変わり、1週間後にも売買契約を予定していますが、その物件、少し前に当ブログで記述した “しばらく売れなかった物件も、どういうワケか1件申込みが入ったりするとその後に複数件の問い合わせが集中する!” がまたまた現実のものとなりました。 凡そ1年くらいの間、たま~に問い合わせを頂いていてもなかなか進展せずにヤッキリしていたのですが、2週間ほど前に突然事務所にお越し下さった御夫婦がなんと、数日後にお申込みを下さったのです。 そして、契約日が決まったことでWeb上の物件掲載を削除すると、その後、住宅会社さんから2件、一般のお客様から1件の問い合わせ、というよりも “購入希望” に近い連絡が入り面食らってしまいました。 そのうちの1件は既に申し込みが入っていることを伝えてもなかなか諦めきれない御様子で、こちらとしては失礼ながら(だったらもっと早くに連絡頂戴ヨ!)の心境でした。

 想像するにこれ、きっと前々からその物件を知っていたにも関わらず、具体的行動に移されなかったのでしょうね。 長い期間掲載されているから多分大丈夫だ・・・とか、いろいろな住宅会社さんを検討されていたとか、或は(もうちょっと経てば価格が下がるかも?)・・・とか、おそらくほぼ当物件を本命と考えていたのに、ちょっとノンビリ構えてしまった・・・が、当たらずとも遠からずではないのかな? それがWeb上の掲載が突然消えてしまい、慌てて問い合わせを頂いたのだと思います。 でないと、当方が「申し込みが入ってます。」に対して、普通は「あっ、そうですか。」とサラリお答えになるものですから・・・。興味のある物件が見つかったら、まずは業者と先にコンタクトをとるのが重要ですね。そうすれば申し込みのタイミングを逸する可能性は少なくなります。

コメント

カンパ~イ!・・・したい

2020年06月26日 | 雑談
 東京の感染者数は少しずつ元に戻るばかりで、一向に減少しませんね。 でも、これは当たり前と言えば当たり前。 緊急事態宣言解除後の人の動きは目が点になるほど元の木阿弥で、これで徐々にでも収束に向かうならそんなラクなことはありません。宣言を解除したのはあくまでも疲弊した経済を戻してゆく為のもので、何もコロナ感染の危機が収まってきた訳ではないのですから・・・。それなのに多くの人達は恰も元通りになったような気になり、居酒屋へ夜の街へ、そして他県の観光地へと羽を伸ばし始めている。ビジネス上での動きは仕方ないとしても、プライベートではまだまだ所謂3密を意識した生活・動きをしなければいけないと思っています。

 全国への移動解禁も19日から認められ、ここ沼津でも先週の土日あたりから“ららぽーと”にも人が集まり出しています。聞くところによると港湾なども盛況のようだし・・・。幹線道路は県外ナンバーの車も以前のようにたくさん目に付きますし、きっと東京のみならず、この地を含む地方都市にもこれから感染者が増えてゆくのじゃないかな?(こんな予測、外れたら嬉しいですけど) きっと、ワクチンが出来、それが世界中に行き渡るまではこんなことの繰り返しなのかもしれませんね。若い人は仮に感染しても大事には至らないと多少舐めているのかもしれませんが、私のような年配者にはどうしても志村けんさんや岡江久美子さんのことが脳裏に焼き付いて離れないのです。

 私自身はそんな気持ちなので、数日前に同業者である友人が事務所に来て “一杯!” のお誘いをしてくれたにも関わらず体よくお断りしてしまいましたし、昨日も定例である同業者の集まりの後の懇親会も寂しながら欠席をさせて頂きました。お誘い下さった皆さんには本当に申し訳なく思っていますが、でも、万一のことを考えれば自分の信念に基づいた行動をしないと後悔しますから・・・、そう、そう考えているのです。 私だって呑兵衛なので早く飲みに歩きたい! そしてストレス発散をしたい! ・・・早く、居酒屋でなにも気兼ねなく「乾杯~~!」とジョッキを交わし、ゴクゴクゴク~~! と飲める日が来ることを誰よりも期待しています。
コメント

指値のリスク・・・

2020年06月24日 | 売買知識編
 知り合いのお客様が「某不動産業者の取り扱う物件に興味がある!」と言ってこられたので、早速現地まで御一緒して確認をすると・・・「これなら!」とお客様は納得の御返事。 その某不動産業者とは比較的仲良くさせてもらっていることもあって早速連絡をしてみると・・・なんと、「実は数日前に1件、申し込みが入ったんですよ~~。販売価格よりも100万ほどダウンの指値があるんですけどね。そちらは販売価格どおりですか?」 と言ってこられます。 私が「勿論ですよ!」と答えると、「そうですかぁ~~。でも、一応売主さんの了解は得ておりますしねぇ~・・・。う~~ん、万一、不成立となった場合は即連絡させて頂きますから、今の時点では御勘弁頂けませんか~~・・・。」と言われてしまって・・・ありゃりゃ、ギャフン! です。

 まあ、でも、例え指値での申込みだとしても、元付業者さんとしての気持ちは分からないじゃありません。 売主さんのことを第一に考えたなら100万は大きく、きっと売主さんに話せば「是非そっちにしてくれ!」と当方のお客様を優先するだろう可能性は大です。 しかし、業者さんの立場とすれば “両手” と “片手” の差は大きく、売主さんにはとてもじゃないが言えないものの、自社の申し込みを優先させたいのが本音でしょう。 その本音は痛いほど分かるので、買主である知り合いのお客様には伝えました。「当方の名前は絶対出さずに、直接その元付業者さんに連絡してみて下さい。上手くいけば、その一番手の申込者よりも優先して受け付けてくれる可能性が無いとも言えませんよ。」・・・と。

 可能性が無いとも言えない・・・というのは、二番手になるであろう知り合いのお客様の申し込みによって、もし一番手のお客様が「それなら販売価格どおりに買うよ!」となれば、そのまま一番手のお客様が優先されるでしょうし(売主さんからすれば「買えるなら最初からその価格で入れてヨ!」と思われるかもしれませんけど)、また、売主さん、元付業者さんの判断によっては「一度了解したことだから・・・」と、例え100万の差はあっても律儀に一番手のお客様で話を進めることだってあり得ます(これは業者さんの考えのみならず、売主さんの考えによっても変わります)。 要するに、申し込み時点で指値をするということは、そういう “万一” も有り得る! ということですね。 買主さんとすれば出来るだけ安く買いたいと思う気持ちは誰だって一緒。 ですが、申し込み後さえもその分のリスクは抱えなければいけないのだ、ということを充分理解された上で指値申込みされるが無難なのでしょうね。
コメント

諦めの境地・・・

2020年06月20日 | 雑談
 自民党本部から河井案里議員に提供された1億5千万を巡って、またまた安倍総理が窮地!・・・。今回夫婦は揃って逮捕されたけれど、TVでは案里議員が立候補する際に応援に駆け付けていた安倍総理や菅官房長官の様子を再三に亘って映し出し、彼らへの金銭提供と応援・支持、加えて克行氏への法務大臣任命責任追及をアピールしています。野党にとってもこんなシメタ話はなく、次から次へと出てくる安倍総理の失態にはさぞかしニンマリしていることでしょう。 ちょっとばかり続き過ぎですネ!・・・どちらかと言うと安倍総理支持派であった私も、ここまでくると 「こりゃ風前の灯火だな・・・」と思わざるを得ません。

 しかし何とかコロナが落ち着き、衆院解散が現実なものになったとしても、いったい何が変わるんでしょうかね?・・・日本の政治。 安倍総理に代わってトップを担える人には誰がいるのか? 自民党がダメならいったい何処の政党がより良い政治を司れるのか? 誰も答えられないのじゃないかな? 最近期待が高まっている維新にしたって議席数のこともありそう簡単には政権を担える可能性はないし、批判ばかりで具体策の欠片も示すことができないその他野党に至っては、凡その国民が何も期待していないと思われます。 しょうがないですね、金と名誉だけで議員に立候補する人が溢れているこの国では、国民は良いものを選びようがありません。

 嫌になりますヨ。 現在のコロナ禍のみならず、それ以前からだって国民の中にはその日の生活もままならず、食べる物も寝るところにさえも窮している人達が大勢いるというのに、片や、税金を使ってポ~~ンと候補者に選挙資金を1億5千万?・・・、税金で高額な収入を得ている議員さん達だからこそ自らの保身と権力拡大の為にできる所為で、正直なところ、この国の行政というのはもう救いようのない段階にきているのかもしれません。

コメント

売主さんも大変・・・

2020年06月19日 | 業界裏話
 ここのところちょっと忙しくて、ブログの更新がままなりませんでした・・・少ないながらも閲覧して頂いている方々には大変失礼を致し、誠に申し訳ございませんでした
 さて、一昨日前ですか? 我が家にもやっとアベノマスクが届いたのは・・・。聞くところによるとこの日で “全発送完了!” ということだそうでしたので、なんとその最終日に届けられたということ?・・・なんともまあ・・・
 それにしても、街中を歩いていてもこのアベノマスク、つけている人は皆無ですねぇ~~。やっぱこれだけ評判が悪いと恥ずかしいのかな?

 話は変わって・・・、今年度から民法改正で賃貸借契約書も売買契約書も条文が一部変わり、特に売買契約書の作成では多少右往左往しています。その一部とは旧瑕疵担保責任の条文で、今年度からはこの瑕疵担保責任に代わり “契約不適合責任” という条文が新たに付け加えられたのですが、この契約不適合責任、まともにこの条文に準拠してゆくと売主さんはエライ目に遭います。 契約書上に書かれていない欠陥が発見されれば修補請求(追完請求)をされ、売主が知らなかったからとそれを拒否すれば今度は代金減額請求をされ、それをも拒否すれば催告解除(契約解除)、その他にも無催告解除、損害賠償請求等々、特に建物を伴う中古住宅などの売買での売主さんリスクは半端じゃありません。

 売る建物に何の注意力も傾けず、アッケラカ~ンと売りに出し、万一引き渡し後に欠陥が発見されたら売主さんは大変です。これからは従来以上に、中古住宅等を売りに出す前には “インスペクション”(建物の状況調査)をしておくことが必須となりますね。 尤も、従来の瑕疵担保責任でもそうでしたが、今回からのこの契約不適合責任も任意規定ではありますので、売主買主双方が合意すれば “免責” することも可能です。 個人間売買の場合は恐らく媒介業者が特約で免責を謳うことが多くなるのだとは思いますが、仮に3ヶ月でも半年でもこの条文を生かした契約である場合、売主さんとしては気が気じゃない月日を送ることになりますね。

 当方では今のところ土地売買のみで済んでいますから、免責としても買主さんからのクレームは全くありません。土地の場合は問題が発生するとすれば「土壌汚染」「岩や瓦礫類の埋没」等くらいが考えられる重大な欠陥と思われますが、これは工場跡地や過去に建物が建ったことのない土地に殆ど限られると思われ、一般的な宅地・分譲地であればさほどの心配はいらないと考えます。
 何れにしても、不動産売買契約書の内容は年々徐々に徐々に厳しくなる傾向です。買主さん側からすれば喜ばれ安心する内容ではありますが、売主さん、そして媒介業者側からすると、より一層の注意力と責任感が求められてゆく時代ですね。

コメント