気ままに戯言 ・・・

日々の出来事であったり、見聞きしたものへの感想であったり、時には不動産の知識や裏話であったり、気ままに書き綴ります。

早いもので・・・

2022年04月27日 | 業界裏話
 早いもので・・・明日は5年に1度の宅地建物取引士法定講習会が某会場であります。終日の講習会ですが、これを受講しないと宅地建物取引士としての資格が継続されないので、否が応でも受講せねばなりません。 前月までの法定講習会は何度かコロナ禍の為にオンラインで行われていたようですが、運悪く(?)、今回からは再び講習会場での受講となるようです。 でもまあ、実質的には会場での受講の方が集中できるのは確かですけどね。 オンラインだとどうしても気持ちが散漫になって集中力に欠けてしまう気がしないでもないですので・・・。

 それに伴って先日は宅建免許の更新手続きもして参りました。 こちらも5年毎の更新で、7月からは免許番号が(5)となる予定です。 御存知のように免許番号はその業者の歴史を表す数字であり、番号が増えれば増えるほど長く業者を続けてきたという証となっていますが・・・、でも、数さえ多ければ ”良い業者” というワケでは決してなく、免許番号が(1)でも(2)でもしっかりと業務を全うしているところだってありますし、逆に免許番号が多くても “?????” という業者だって結構散見されるのは悲しいかな現実です。 お客様の立場からすれば、これはもう実際に会って話をしてみるしか判断はつかないですね。

 というワケで、明日は終日電話や御来訪を受け付けることができません。 翌日の29日、翌々日の30日は営業を致しますし、ゴールデンウィークは1日と3~5日以外は営業しておりますので、是非29日以降の営業日に御連絡を頂戴できればと思います。 ゴールデンウィーク、今回は移動の縛りがないので多くの方が観光地等へ出向かれるのではないかと思いますが、せっかく現象傾向となっている感染者数、ゴールデンウィーク後に再び上昇を辿ることのないよう願っています(ムリかな・・・ )。 皆さん、節度ある行動を心掛けましょう!!

コメント

坪単価にびっくり!

2022年04月25日 | 業界裏話
 最近の新築住宅価格の相場を聞くと驚くばかりです。 先日、土地を御契約頂いたお客様・・・某住宅メーカーと請負契約をされたのですが、その金額をお聞きして私は目が点・・・。資材高騰の煽りを受けて建築費が高くなっていることは知っていましたが、まさか30坪強程度の住宅が3,000万以上するなどとは思いもよりませんでした。坪100万以上ですよ、100万以上!! 私の感覚ではせいぜい高くなったとは言え、50~60万から60~70万くらいなのかな? とタカを括っていたら、まさか三ケタのレベルとは驚きです。 勿論、発注する建設会社にもよりますが、特に大手住宅メーカーの最近の価格は信じられないほどに高額です。

 この理由は・・・、勿論資材の高騰はあるでしょうが、それよりも住宅会社そのものに理由があると思っています。御存知のように国内の一戸建て住宅着工件数は2000年度(20年強前)あたりに比較すると今は約三分の二。一社あたりの請負件数もそれに伴い低くなり(住宅会社にもよりますが)、どういう訳か住宅会社の絶対数は増えている。請負件数が減少すれば社員数も減らして会社をタイトにすれば良いものを、実際は逆に増やして営業力を強化しようとする。広告宣伝費も今はニ十数年前の比じゃありません。だから、それらを補う為には粗利率を増やすしかなく、会社により一概には言えませんが、恐らく5割に近い粗利を載せて坪単価が設定されているのではないかな?・・・と推測します。

 昔はせいぜい住宅の粗利率など2~3割程度が上限だったと思います。それが今や倍!! 大手住宅会社もそれだけの粗利を稼がないとやっていけない、というのも事実でしょう。特に大手メーカーは実際の施工を下請け会社に依存しますからね。一般的な地場の工務店に比べれば高額になるのは必然です。 不動産業も最近はそうですが、大手と呼ばれるところはどうしてもお客様の目から見て「信頼性がある!」「建物もしっかりしている!」と思いがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか? 大手も地場工務店も建物は会社によりまちまちですが、ただ、ローンを考えれば一生の買物をするマイホーム建設。 名前だけに捉われず、もっと中身を知って勉強してからお決めになられることをお勧めします。

コメント

今日から新年度!

2022年04月01日 | 雑談
 早いもので今日は4月1日!・・・。当方は3月決算なので本日から “新年度” となる訳だけれど、平成3年度も振り返ってみれば今一つ “順調”とは言えない1年間でした。前月3月こそ売買契約を3件済ませているものの(一人でやっている割にはマシなのです)、年間を通してみれば目標には程遠い営業成績でございました・・・ 。 最近はいろいろな “一括査定サイト” なるものが不動産関連のネットを牛耳っているので、そういうサイトに批判的である私みたいな業者にはなかなか売主さんに振り向いてもらえず、売却物件の減少がそのまま数字に表れてきているというのが実態のようです。

 今年は来月に宅建取引士資格の更新、そして不動産業者免許の更新が立て続けに合って、新年度スタートから余計な(?)作業に時間を費やされます。業者免許の更新は新規に登録するのとほぼ同じ程度の提出書類があるので、更新の場合はもう少し簡略化できなのかなぁ~~と思ってしまうのが、コレ本音です。 新年度からは免許番号が(5)となり、改めて(これで20年超の営業になるんだぁ~!)と改めて感慨にふける私ですが、でも、もっともっと長く営業されている業者さんもたくさんいらっしゃるので、これはあまりエラソ~言えることではありませんね。

 この20年・・・ひとつだけ自慢できることと言えば、当方で取り引きさせて頂いた売買案件には1件たりともトラブルと言えるような問題がなかったことです。 ともすれば成約後に、売主様・買主様から「こんな筈じゃなかった!」とクレームが生じてしまうのは世間一般ありがちなことです(本当はあっちゃ困るんですけど)。 しかし当方では創業以来、そうしたことは1件もなかった。 これは一番に有難いことであり、そして唯一自慢できることだと思っています。 これから次の更新までまた5年、今のスタンスを変えずに頑張り続けたく思います。 今後とも宜しくお願い申し上げます!

コメント

ワクチン3回目・・・

2022年01月18日 | 雑談
 数日前、3回目のワクチン接種をしたのですが(歳がバレる・・・)、その12時間後くらいからだろうか、熱は上がるわ(39度!)頭痛はするわダルイわで、些か撃沈のここ数日・・・。ちょっと難しい問題を抱えた物件の売買契約が迫っていて、改めての調査や書類作成などで本来は忙しく動かねばなければならない時なのに、まさか3回目ワクチンの副反応が1・2回目の上をゆくとは思いもせず、そんなタイミングで接種したことに後悔しきりです。 副反応は人によって様々らしいけれど、1・2回目はさほどでなかった私はこのザマ。ホント! 分からないモノですねぇ~~~!

 それにしても、ここのところの沼津市感染者はうなぎ上りです! 人口の割には県内でも感染者比率が高く、要注意! ですから当方も今迄は御来所下さった方にはコーヒーをお出ししていましたが、当面の間、「申し訳ありません! こんな状況ですからお飲み物は差し控えさせて頂きますネ(マスクを外さなきゃいけないので)」・・・と、まこと失礼ながらお茶なしでの会話をさせて頂いております。 特に契約の時などは人数が増えるので尚更注意が必要。 でも、これは結果的に御来所下さった皆さんの為でもありますからネ。どうか御理解を賜りたく思っております。

 やっと先々月に再開した同業者の集まりである勉強会も再び中止となり、業者同士の触れあいもなかなか出来なくなってしまったコロナの再燃・・・。いったいいつになったら終息するのですかねぇ~~・・・。恐らくまだまだ無理なのでしょうね。きっとこれからはコロナと共存しながらの仕事・生活が求められてゆくのかもしれません。その為にはやはり一人一人がワクチンの接種を含め、人との触れ合いにはお互いへ最大限の気遣いが求められてゆくのでしょう。でも、あまり消極的にはならず、そうした気遣いを持ちながら仕事に励んで参りたいと思います。・・・でないと食っていけませんから。

コメント

30日まで営業します・・・

2021年12月29日 | 雑談
 あと四日で今年も終わります・・・。昨年の始めから凡そ二年間、コロナ、コロナで明け暮れた二年でしたが、直近のここ一・二ヵ月、感染者数そのものは随分と少人数になったとは言え、世界に目を向ければオミクロン株が蔓延しており、ここ日本ももう暫くすれば対岸の火事ではなくなるのでしょう。この年末年始、昨年とは比べものにならないほど人の動きは盛んなようですのでね。年明けからの感染者数増大が予想されてなんともはや不気味です。多くの皆さんは昨日29日で仕事納めの所が多かったのでしょうか? 今朝から高速道路などは帰省客でだいぶ渋滞が始まっているそうですからね。 傍目で見ている分には(もうちょっと我慢して欲しいな・・・)と思うところもありますが、でも、二年目ですからね。我慢も限界なのかもしれません。

 さて、このブログも相当期間更新を怠り、暫くぶりのアップです。来年からは何とか以前のように更新頻度を高めたく思っておりますので、どうか見捨てずにたまにはアクセスしてみて下さいm(__)m。
 当方は管理物件の月締めもありますので、例年の如く30日まで営業をしております(可哀想・・・)。本来なら管理物件の月締めは契約書上、翌月10日までに精算し送金する・・・こととなっているのですが、地主さん家主さんにとっては早ければ早いほど良いでしょうから、一年を通して月末か翌一日には精算するように心掛けています。勿論、その為には御入金頂く借主さんへの月末入金徹底が前提となりますが、それを守って頂くことこそが当方の ”仕事” と考えておりますので、今のところ99%以上の確率で実践できています。

 来年もまだまだこのコロナ禍が続くのでしょうかね? 飲食業や宿泊業だけでなく、あまり話題には上りませんが、不動産業においても確実にその影響は出ています。 残念ながら私の知り合いであった同業者も3社ほど、その煽りを受けてか廃業に追い込まれたところがあって、他人事とは思えずに寂しい限りです。早くこのコロナが解消し、元通りの社会に舞い戻れることを心から望みます・・・。
 2022年、皆さんにとっても私にとっても良い年となりますように・・・。

コメント

落ち込む話・・・

2021年11月01日 | 業界裏話
 先週末、金融機関での残金決済時・・・。当方は買主側業者だったのですが、売主側業者さんがその場に臨まれたのは本物件担当者とは別の方。 まあ、これは事前にその担当者の方から聞き及んではいたことなのですが、理由まで聞いていなかったので代行者の方にお聞きすると 「実は~・・・、今日は20年に一度あるかないかの珍事が起こってしまって・・・、この日この時間に残金決済が4件重なってしまったんですヨ。 ですから事務所メンバー総出で各々場所に出向かねばならなくなって・・・。誠に申し訳ありません!」・・・ときたモンだ!! ・・・ 私としてはビックラこくやら情けなくなるやら・・・

 恥ずかしながら、私は20年という長い期間であっても同日・同時間に4件の決済が重なるなんて事は一度たりともありませんでした (とは言っても、もしそんなことがあったら当方は私一人ですから対応なんて出来ませんし、日をずらしたり時間をずらすとかしないと無理ですが・・・ 。) その業者さんも御家族経営なので社員さんを何人も抱えているワケではないから、きっとお身内に宅建士が何人もいらっしゃったのでしょうね。 ま、それは良いとして・・・、大手業者でもないのに同日・同時間に4件の決済というのはまこと ”立派” というしかありません! ・・・ ホント羨ましい!


 さて、参院補選、衆院選も終わりやっと周囲が静かになりました。 私は両選挙とも期日前投票により参加させて頂きましたが、市役所で行われた期日前投票は目を見張るような長蛇の列であったことに驚かされました(土曜日ということもあってか?)。 (こりゃ~今回の選挙は投票率がきっといいぞ!)と思っていたら、なんてことはない、微々たるモンでしたね! 本当は個人的に、(与党が過半数を下回ればもっと自民党が真面目にきちっと政治をやるのでは?)とも考えていたのですが、結果的に議席数を減らしたとはいえ、過半数を保持すればまたまたやりたい放題になるのかなぁ~~・・・なんて心配をしています。そして、今回は維新がだいぶ健闘しました。本音はもっともっと維新が台頭して欲しいなぁ~~! なんて思ってるのですが・・・。

コメント

疑ってかかりましょう!

2021年10月26日 | 雑談
 数日前から新しい “詐欺メール” が度々送られてくるようになりました。
こんなヤツ・・・・・・
****************************************************************************
このたびはメルペイのご利用に際し、ご不便をおかけし申し訳ございません。
メルカリグループでは、不正利用防止および利用者保護の観点より、一時的にご利用を制限または、一部のお店や購入される商品によっては決済をご利用いただけない場合がございます。
本人確認の強化を行なっております。
「24時間以内」に下記リンクより認証を完了させてください。
****************************************************************************
 ???・・・私はメルカリの会員になんてなってないし  。

 このメルカリだけでなく、私のメールアドレスには様々な “詐欺メール” が送られてきます。 ざっと挙げれば・・・
① ETCが使用できなくなった、という詐欺メール。
※メールの翌日使用しても何の問題もなく高速道チェックイン
② 楽天会員・Amazon の会員ID、パスワードの確認、再登録、という詐欺メール
※今日もAmazonで注文してるし・・・。
③ みずほ銀行、三菱UFJ銀行ネットバンキングのID、パスワードの再設定依頼
※両銀行ともネットバンキングどころか口座さえない

その他もろもろ・・・

 メール内のリンクを開けば危ないので、この類のメールを確認するとすぐにポイ捨てするのだけれど、これに引っ掛かる人もいるんでしょうねぇ~~! 
 かく言う私も数年前、最初にきた時はビックリしてID・パスワードの変更に応えてしまったことが一度だけあります。 しかしすぐに(おっと待てよ!)と思いなおし、ほんの数分で元の会員登録のID・パスワードを変更し直し、事なきを得た・・・ということがありました。 その最初こそビックリしてノッてしまいましたが、その後は無視・即削除を心掛けています。

 気を付けて下さいね!(って、みんな承知の上か?) だいたいがそういうメールの送信元アドレスを見ると、AmazonだったらAmezonとかAmazonnとか・・・、一文字二文字変えてドメインをとったりアドレスを作っているのが一般的です。詐欺につかわれているAmazonや楽天、はたまた銀行系などはそんな実態をどれだけ分かっているのでしょうか? 始めたばかりの人だったらカモにされちゃいますよね。 ホント、ネットやメールは便利だけれども危険も一杯! 検索サイトの検索結果だって詐欺的サイトに誘導するものがどれだけ多いことか・・・。ネットはいつでも疑ってかかりながら閲覧しなければ最後に損をするのは自分です。

コメント

相手の気持ちに・・・

2021年10月22日 | 雑談
 ウチの家内が横断歩道での歩行者優先に違反したということで、違反キップを切られたそうです 。 対向車線の車で歩行者がいるのにまったく気付かず、「横断歩道の手前ではやっぱり常に徐行を心掛けていないとマズイね!」と反省しておりましたが、正直言って誰しもそんなシチュエーション・・・ありますよね。 私も度々対向車線の車で横断歩道右側が見えず、通り過ぎると同時に待っていた歩行者が目に入って「おっと! いけない!」と驚くことはしばしば・・・。 まあ、その時に警察官がその場にいなければ「おっといけない!」で済んでしまいますが、たまたま警察官がその先にいれば 「はい! 御用!」となってしまうワケです

 最近は歩行者の方も良く分かっていて、通行する車両には目もくれず、車が停車する前に当たり前の如くサッサと渡ってくる人がいますが、そんな時は本音、ちょっとばかり(ムッ!)とする気持ちも無いではありません。 車が停車すると丁寧に頭を下げながら小走りで渡る人もいれば、(当たり前だ!)てな感じで頭も下げず手も上げず、「歩行者が優先なんだヨ!」とエラソ~な態度で渡る人もいる。 停車した車の運転手として前者の場合は気持ち穏やかになりますが、後者の場合は(フンッ!)という気持ちにもなる。 これは横断歩道での停車に限らず、横から合流しようとする待ちの車を入れた時にも同じような感覚になるものです。

 当然に自分が反対の立場となれば、意識して頭を下げたり手を上げて迅速に渡ったり、或は合流させてもらったりを心掛けていますが、それをしないという人はやっぱり相手の気持ちが理解出来ない人なのかな? 何でもそうですが、ルールとして当たり前のことであっても、相手がしてくれたことへの感謝の気持ち(態度)は忘れてはならないと思います。 まあ、そんなことは言っても、”ウッカリ” ということはありますからね。 そういう時は事後でもいいから反省して、次には絶対しないように心掛けるべきなのでしょう!

コメント

”ほうとう” と ”ソフトクリーム”

2021年10月16日 | 雑談
 緊急事態宣言が解除されたことと併行して、現在は信じられないくらいの新規コロナ感染者が激減しています。 ここ静岡県でも最近はひとケタの感染者数・・・。だから、というワケではありませんが、久し振りに私ら家族もちょっとばかり遠出をして、もう何度も行っているところですが清里へ一泊して参りました。 また何故に清里を選んだかというと、①田舎であること ②だからこそ人出が少ないだろうと考えたこと ③山梨そのものが感染者数の少ない県であること・・・等の理由でした。 そして案の定、行きも帰りも車はスムースで、清里の街もガラガラ、一番の目的地であった清泉寮(泊まったのは清泉寮新館)も人は少なく、ゼンゼン、ことコロナに関しては心配する場面などありませんでした。

 行きには昼食に “小作(ほうとう料理店)” さんへ寄らせて頂きましたが、この店も「これでもか!」というほど入店時のアルコール除菌は勿論、テーブルのアクリル板の設置は一人一人を仕切っており、家族三人会話をするのも多少難儀なほどで、県及び店、それぞれの意識の高さを感じました。 ほうとう・・・実は私、今迄は見た目だけで食欲をそそらずに食べたことがありません。 家内と娘は好きなのですが、この店に何度か寄ってはいても私自身はカツ定食だとか麦とろ定食だとかばかり 。 ところが今回、家内に「ちょっと味くらいみてみなよ!」と言われ、お椀に少しばかりもらって食べると、意外や意外!・・・「美味しい! ・・・。見た目だけで食わず嫌いしちゃいけませんね。 但し、家内曰く 「ここのほうとうが美味しいんであって、他の店で食べたほうとうはどこもイマイチだった!」とのこと。 どんな料理でも店によるんですね・・・当然に。

 そして、清泉寮では当たり前の如くソフトクリームを食べました。 私もここのソフトクリームは大好きで、朝霧のソフトクリームも美味しいけれど、個人的にはここ清泉寮のソフトクリームが一番だと思っています(そんなにいろいろ食べてるワケじゃないけど )。 
 これからGo to トラベルが始まったり、Go to イートが始まったりで、きっと観光地の人出はド~~ンと増えてゆくのでしょうけれど、私としてはこの清里旅行・・・(良い時期に行ったな!)と思っています。でも、そんな余計なことを考えずに、好きな時に好きなところへ何の気がねもなしに行ける日が来ることが待ち遠しいです。コロナ、このまま終息することを願ってマス

コメント

切ない気持ち・・・

2021年10月15日 | 業界裏話
 昨日の午後一番で売買契約を終わらせ事務所に戻ると、1本の携帯からの電話が・・・。 出てみると、以前に数件の取引をしたことのある業者さんからの電話・・・。 曰く 「長く営業をしてきたけれども、この度、不動産業を廃業しました。毎年毎年ランドサーチさんからは丁寧に年賀状をいただいていたので、来年からはリストから消してくれるようお願いします。いろいろ本当にお世話になりました。また、何かありました時には御連絡させて頂きますので、その節は宜しくお願いします。」 ・・・とのこと。 いやはや、ビックリ致しました! この業者さんは本当に長く営業をされてきた大先輩でしたので、いつもの売買契約後のハイな気分も吹っ飛んで、何か切ない気持ちに・・・・・・

 最後にこの業者さんと一緒に仕事をしたのはいつ頃だったかな・・・? 確か、10年以上は経っていたかもしれません。 その頃は自信に満ちていて、業者としては後輩である私に対してもいろいろリーダーシップを発揮してくれていたことを覚えています。 私とさほど年齢も変わらない業者さんだったのに、このニュースはとても残念であり、そして寂しい限りの御連絡でした。 まあ、確かに不動産業も昔と違って今は厳しい業種ですからね。傍目からは美味しい商売に見えることもあるのかもしれませんし、容易に参入される方も後を絶ちませんが、実際にやってみれば分かります、かなり厳しい商売であることは事実です。

 さて、コロナ禍で凡そ1年間休止状態だった仲間内での勉強会ですが、どうやら来月から再開できる見通しになりました。 全員がワクチン接種済みであることが条件ですが、勿論、ミーティング時にはマスクが必須、終了後の懇親会も基本的には設定せず、ちょっと飲みたい人は有志が2~3人を上限に分かれて自分達の責任に基づいてやって頂く・・・そんなレベルでの再開にしたいと話し合っています。 中身としてはそんな大層な会ではないものの、でも、仲間内が集まってワイワイガヤガヤやることには最近飢えてきていますのでね(あっ、勿論、極力小声で話し合います )。 やっと楽しみな集まりを再開できることをみんなで喜んでおります

コメント