Landscape Support Yamamoto

ランドスケープ サポート ヤマモト

  (有)山本造園より最新の情報を提供しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福寿草

2004年12月29日 | Weblog

福寿草(ふくじゅそう) :
キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。
晩秋に芽を出し、冬に花が咲き晩春には種を落とす。
種子から花を咲かせるのに五年以上かかり、繁殖は容易でない。
福寿草は春一番新年を祝う花として喜ばれ、別名ガンジツソウ
(元日草)、北国ではマンサクと呼ぶこともあり、 福を招く、縁起の良い花として喜ばれ、福寿草の名ができた。
旧暦の正月に開花するので、鉢植えにして正月の床飾りとした習慣が、新暦に変わったのちも残り、年末には鉢植えがたくさん売られる。 庭の半日陰の場所でよく育つ。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ランドスケープサポートヤマ... | トップ | 冬支度と門松 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わが家の庭でも (tnk)
2004-12-31 12:06:12
毎年咲いてくれます。黄色い花は多いですが、この花の黄色は黄金色に見えますね。

もっと増やしたいのですが、下手に掘り返してダメにするのが怖くて、何もしていません。株分けはやっぱり難しいでしょうか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事