トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記

ラム子のロカンタ(日本食食堂)、
ゴールデンレトリバーとカンガル犬との日常を綴ります。

今日の行き倒れ

2018-11-09 12:43:17 | 今日の行き倒れ
今日のパムッカレ

毎日、快晴でポカポカ陽気です!


一瞬、轢かれちゃったのかと思いきや、寝ていただけでした。




ここ、かなり交通量が多いのです。 いい度胸していますね!




おまけ

コメント (3)

弾丸イスタンブール

2018-10-23 09:15:24 | 旅行
今日のパムッカレ

日曜日にイスタンブールへ日帰りした。
2か月以上前に、トルコ航空の国内線片道55リラ(1,100円)という
キャンペーンがあったのだ。

通常の3分の1の値段。
それで、従業員がイスタンブールへ行ったことがないというので
連れて行くことにした。日本人がトルコ人を案内するのだ。爆

病み上がりだったので、ちょっと不安だったけどね。

デニズリから早朝5時半のフライトなので、
朝2時半に起床し、ケントに早朝ごはんをあげて、
お留守番よろしく伝えて、出かけた。



イスタンブールアタチュルク空港から、シャトルバスに乗り、タクシム広場へ向かい、
イスティクラル通りを歩き、ガラタ塔を目指したが、検索しても出てこなかったので
諦めて、タクシーに乗り込み、フェリー乗り場を目指した。







フェリーに乗って、対岸のエミノミュへ行き、名物B級グルメのサバサンドを食べた。
10数年前に食べたときのような感動はなく、今一つだった。



トラムに乗り、スルタンアフメットへ

外観が修復中で残念

そして、アヤソフィア







数年ぶりの再会。アヤソフィアの住猫、多分、トルコで一番有名な猫ちゃん



メデューサで有名な地下宮殿


こちらは、年間パスポートが使えないのだけれど、トルコ国籍、トルコ在住者は10リラ。
通常は20リラ。
20リラを払おうと思ったら、
トルコ語を話したからか?ちゃんとトルコの許可証を持っているか?と聞いてくれた。ラッキー

お次はトプカプ宮殿










うっかり、グランドパザールが休みだということを忘れていた。
なので、エジプシャンパザールへ向かった。



そして、イスタンブール在住の友人と待ち合わせをし、
念願のウイグル料理を食べに行った。


3種類のラグ麺を注文したら、味は同じ。
何が違うかというと、野菜、肉の切り方。
1品目は、ざく切り、2品目は千切り、3品目は、コマ切り(爆)

そして、17時25分のフライトのために、空港へと向かった。

座席指定でまさかのビジネスクラスだったけれど、どうせ、シートはエコノミーと同じだと
思いきやビジネスクラスサイズだった。


これは、トルコ航空への貢献度(利用頻度)が高いことを意味するのかな?
マイルカードはクラッシック(最低レベル)なんだけど

来月、日本へ里帰りするので、そちらのほうで、グレードアップしてくれるとありがたい。









コメント (18)

やっぱり、無理かなあ・・・

2018-10-15 10:52:41 | 日記
今日のパムッカレ

ケントが生きている限り、トルコで頑張ろうと思っていたし、
食堂経営はかなり時短したものの、
ライフワークとして続けて行きたかった。

だけど、もう無理かも。
これらを全うするために最低限の条件が満たないのだ。

それは、健康
トルコで生活するにあたって、最低限健康であることが必須なわけだ。

トルコ博物館年間パスポートを手に入れ、健康の一環として、調子こいて
石灰棚へ登っていたわけだけれど、結局それが体を冷やしていたようで、
裏目に出てしまった。

持病の薬で免疫抑制剤を服用していたのだから、
余計に気を付けるべきだったのだ。

先日、夜中に横っ腹に激しい痛みを感じ、数時間我慢していたものの、
耐えられず、義姉を呼んだ。そして、義姉夫婦とともに
私立病院の救急診療へと向かった。

痛みを訴えるも、先ずは受付よろしくと、
苦しみながら、手指紋認証を行い、料金を払った。

点滴を受けるも、痛みは収まらず。
今度は点滴中に点滴代払ってくらさいと。
はいはい

医師から処方箋を渡され市内の薬局で調達するようにと
言われるも、夜中の2時で多くの薬局は閉まっていて
営業中の薬局で、すべての薬を揃えることが出来なかった。

それよりも、まず、痛みは続き、吐き気があるというのに
薬を飲めと言われ、ここにいても、出来ることはないと
告げられ、苦しんでいる病人を置いてはくれなかった。

患者がわんさかいたわけでもないのに・・・。

しかも、今回のそもそもの原因は、この病院で受けた手術の合併症に
よるもの。それは口にしなかったけど、


私は苦しみつつも、病院システム崩壊しているよ!と
毒舌づいた。

甥をも出動させて、遠くの薬局で薬を手に入れつつも、
結局吐いてしまった。

それで、今度はパムッカレ大学病院へ向かった。
大学病院の救急で点滴を受け楽になり、
朝8時に病院を後にした。

そして、昼頃、ベッドで寝ていたら
生まれて初めて、悪寒に襲われた。もう死んじゃうかもしれないと
心底思った。ケントを残しては死ねないから
もう少し待ってと命乞いをした。









コメント (12)

石灰棚へお散歩♪

2018-10-08 16:42:09 | 石灰棚
今日のパムッカレ

最近、トルコ博物館年間パスを購入したので、
精力的に石灰棚へ散歩に行っています。

朝日を浴びることが、精神的にいいと聞いたので、
朝を目指していましたが、
日中は大忙しなので、体力を温存しないといけません。
閑散期になったら朝行こうと思います。

それまでは、夕方、お散歩です。

早朝編
















夕方編















そして、日中ケント単独行動編(お客様撮影)







今の時期、とても過ごしやすいので、いつ行っても楽しめます。










コメント (4)

ケント、エーゲ海へ行く

2018-09-13 17:08:42 | 旅行
今日のパムッカレ

先週2泊3日で、エーゲ海の街、フェティエへ行って来た。








このホテル、朝晩食事つきで料理も美味しく、リピートしてもいいかなとは思ったけれど、
夜になると、香りを放つ花があり、匂いがきつくて眠れなかった。
2日目は冷えたので、窓を閉めたことにより、匂いは入って来なかったけどね。







ここに決めたのは、近くに浅瀬の川が流れているので、ケントを遊ばせることが出来ると判断したから。
でも、実際は、写真とは違って、あまり綺麗じゃなかった。



近くの海も綺麗とは言い難く、翌日はオリュデニズの有料海水浴場へ向かった。
ケントはホテルでお留守番♪









オリュデニズからフェテイエ市内へとランチに向かった。
フェティエにあるトルコ人、オーストラリア人夫婦が経営しているレストランを探したが、
なんと、日曜日は休業日だった。

これまでに冬、数回、うちに食事に来てくれていたので、こちらからも訪ねようと思ったのに、残念

というわけで、フッィシュマーケットにあるレストランで食事をすることにした。
マーケットで好きな魚介類を選び、近くのレストランで調理してもらうスタイルだ。




イカ、エビは誰も食べたがらず、仕方なく私一人で腹に収めたのできつかった。

お味は?すべての調理に油を使っているので、胃がもたれてしまった。
あと、やっぱり、醤油持ってくれば良かったと後悔・・・





3日目は義兄がケントを泳がせてあげると、連れて行ってもらったビーチ。
隠れ家的な小さなビーチで、誰もいなくて、浅瀬で波も穏やかだった。









ケントは満足してくれたようだ。


でも、この旅で、ケントちゃん、ケント爺さん、一段と高齢化していることに気づいた。
以前は楽々車に乗り込めたのに、何回もチャレンジするか、私たちの介助がないと
乗れなくなってしまったのだ。

来年はどうかなあ・・・。


数年前に夫と一緒に行ったオリュデニズ。
ケントも若かったね!

どうして、夫と一緒じゃないんだろうか・・・と、
考えても仕方がないことで頭の中がグルグル。
そして、後ろ向きになる・・・。





















コメント (13)

奇跡は起こるのか?

2018-09-04 14:52:36 | 日記
今日のパムッカレ


8月31日、夫の命日に、ある夫婦の念願の妊娠が判明した。
予定日は、5月。出産予定日がずれ込めば、夫の誕生日、6月になるかも?

もしも、男の子なら、ISAという名前を付けてくれるんだそうな。
早くも何をプレゼントしようかと悩ましい。
孫の誕生を心待ちにする祖母の心境である。

でも、二人の赤ちゃんだから、プレッシャーを与えず、女の子でも、
とにかく健康で生まれますように・・・。

9月1日、何気に映画専門チャンネルをつけたら、
『シックスセンス』が始まるところだった。

これは、夫が私の傍にいるよ、というメッセージなのかなあ・・・









コメント (2)

SNS利用上の注意点

2018-09-03 13:55:23 | 日記
今日のパムッカレ

少し前に、友人が事件に巻き込まれ、ある公的機関から、その友人とのやり取りがあったSNSの
任意提出を求められました。

一瞬慌てた私は、大急ぎで、事件とは関係のない箇所の会話削除に取り掛かり、無事、その公的機関へ
提出をしたのでありました。

みなさんも心当たりがあることでしょう。
ちょっと下品な単語を並べてしまったというような・・・。

え?無いって?

電話であったり、対面での会話では、記録に残りませんが、
SNSでは残りますので、みなさんも、気を付けましょう!



















コメント (2)

あれから、2年・・・

2018-09-01 11:17:13 | 日記
今日のパムッカレ

昨日8月31日、夫が急逝してから、2年が経ちました。

去年は2,000人規模のいわゆる法事のようなことをしましたが、
今年は、ロクマ(揚げ菓子)ハユルという、ミニ法事をし、
皆さんに夫を偲んでもらいました。

これからは、夫の誕生日と命日にロクマハユルをしようと思っています。
それで、もしも、懐に余裕があり、まだ、トルコにいるのなら、
いつか2,000人規模の法事をしようかと考えています。






人間は2度死ぬと言われています。


肉体が滅びたとき、


そして、誰もその人を思い出さなくなったとき。


どうか、ISAを忘れず、みなさんの心の中で生かし続けてください。














コメント (4)

親戚の結婚式

2018-08-18 11:45:29 | 日記
今日のパムッカレ

親戚が結婚式を挙げた。
一番、ゴールドが高いときだったので、挙式をするほうも、来賓客も大変だったことでしょう。

トルコリラ、大暴落なんだけれど、何故か危機感があまりなかった。
友人に言われるままに買いだめに走ったけれど、
もしかして、買いだめは私だけだったりして?

どうして危機感が無かったかというと、外国からのツーリストが来てくれるから。
これが2016年、テロ続きで、リラ大暴落となったら、
目も当てられない。

15年前は金利が44パーセントだったのよね~。
ああ、懐かしい。90パーセントのときもあったらしい・・・。



結婚式の前夜祭
婿が夫の甥にあたるのだけれど、嫁も親戚関係である。





オスマン帝国の軍楽隊メフテルとともに、車列を組んで、婿がお嫁さんを迎えに行く儀式










夜から披露宴パーティ








おめでとう!夫婦仲良く添い遂げてください。



















コメント (8)

ケント11歳の誕生日

2018-08-17 12:30:29 | ケント
今日のパムッカレ

お久しぶりです。
生きていますよ~

ケント、11歳の誕生日を迎えました!

10歳からは神様からの贈り物、どこかで拾った言葉です。
ケントを失うのも怖いけれど、
まずは、私がケントより先に逝かないようにしなければなりません。

トルコ生活、ケントにかかっています。
ケントに万が一のことがあれば、生活拠点は日本へと考えています。

そういえば、ケントは今年2月に癲癇発作を起こしてから、
まだ発作がありません。でも、もしかしたら、私が知らないだけで
どこかで一人で苦しんでいたかも・・・。













ブログ村に反映されないので、やむを得ず、ランキング復活しましたが、
どうすれば、ランキングを外してもブログ村に反映されるように
なるのかしら?ご存知のかたは教えてください!




コメント (8)

ウイキべディアで調べないと読めない!

2018-08-01 16:04:05 | 日記
今日のパムッカレ

浦島ラム子でございます。
なんだかウイキィべディアで調べないと日本語記事が読めなくなった。

ラスボスとか腐女子とか、中二病?
何なんですか!?

実際、ウイキィもトルコ政府のせいで、閲覧禁止だし・・・。
非常に不便です。

不便といえば、先日、お会いした日本人ツーリストとの会話。

私のバックパッカー時代は、ネットが今のように普及していなかったので
各国のガイドブックにトラベル英会話帳。
あと、ヨーロッパ鉄道時刻表トーマスクックなんて、
分厚い本を持ち歩いていたんだから!!

更に昔なんて、ガイドブックさえ無かったわけだから、
情報収集はもっと大変だったんだろうね。

でも、当時は不便などとは感じず、ちょっと危ないこともあったけれど、
楽しい思い出ばかりだったなあ・・・。

あの頃に戻りたいと感じるのは、年を取った証拠でしょうか?






コメント (4)

ランキングを外したら、ブログ村から消えちゃった

2018-07-30 13:05:45 | 日記
今日のパムッカレ

生きていますよ~。
ランキングを外したら、ブログ村から消えちゃった。
あと、ブログにアイフォンから画像が送れなくなった!!

ランキング、これまで応援ありがとうございました。
羊飼いさんが、ブログをさぼっているときに多忙なときに、
私が栄えある一位にさせてもらったり、
ゴールデンカテでは、最高8位になりました。

ケント、エフェスの成長日記のつもりで始めたブログでしたが、
今では、夫を偲ぶものとなってしまいました。
いずれは、すべての思い出ブログとなるのでしょうが。

皆様のポチと心温まるコメントに大変感謝しております。
これからも、どうぞ、温かく見守っていただければ幸いです。

ところで、トルコでは、booking.comが使えず、大変不便です。
トルコ政府がbooking.comに税金の件でいちゃもんをつけてから、
booking.comが、トルコからの閲覧を禁止しちゃったのだ。

VPNねこを使っても、接続が非常に悪いから見ることが難しい。
コメント

ケント危機一髪

2018-07-17 12:33:44 | ケント
fbso3o
今日のパムッカレ

日曜日の明け方4時30分ごろ、犬の鳴き声で、目が覚めた。
どうやら喧嘩しているかのようだった。
最近、野良犬は見かけないので、まさか?と
思い、窓から身を乗り出して見たら、カンガル犬が噛みついたまま
ケントを引きずっている様子を捉えた。

大急ぎで、ズボンを履き、(裏返しだったことに気づいたがどうでも
よかった)上半身はノースリーブで、夫が見たら激怒しそうな服装で
傘を手にして、走り、現場へと向かった。

一人暮らしの私が注意しないといけないのは、
ドアがオートロックなこと。
必ず、鍵を持って出ないと、大変なことになる。
携帯があれば、鍵を預けてある義姉が助けてくれるけれど。
なので、緊急事態でも、少し冷静になって
鍵を持った。

画像が不鮮明ですみません。



近所のお兄さんが大型犬をケントから引き離そうと、尻尾を掴んでいるうちに
30メートルも引きずる結果となってしまったことが
カメラの映像で分かった。

案の定、ケントと他の犬だった。
ケントの1.5倍はあるカンガル犬の血を引いている犬が
ケントの首を噛みついて離さなかった。
もう流血大惨事だと確信した。

近所の人と協力して、その犬からケントをやっとの思いで引き離し、
私はケントの首に触れた。


涎がこびりついてはいたものの、
血は確認出来なかった。
興奮しているケントを連れ、バルコニーへと
戻った。

再度確認しても、血はついていなかった。
贅肉と被毛に助けられたのか?
もしくは、あの犬が手加減をしたか?

涙がわーっと、出てきた。
ケントが無事だったことで安心したのもあったけど、
語弊があるが、夫不在の母子家庭の現実を叩きつけられた気分だった。



どんなことがあっても、ケントを置いてはいけない、
ケントは私が最期まで守らなきゃいけないのだ。
オヤジのバカヤロー、バカヤロー、バカヤロー


コメント (18)

7年前のバイトくんとの再会

2018-07-14 14:54:30 | 日記
今日のパムッカレ


7年前にバイトしてくれた少年Sくん当時15歳が今は22歳という立派な大人になり、
勤務先がパムッカレの隣のデニズリとなったので、
私を訪問してくれたのだ。

既に婚約者がいるんだって。
このSくん、パムッカレから100キロ以上離れた村から
住み込みで働いてくれた

当時は、私が大人気ない態度で、悲しませてしまったことがあり
大変後悔している。
本人は覚えているかなあ・・・
いつかちゃんと謝りたいと思っている。


ケントを可愛がってくれたけれど、
ケントめ、忘れてしまったみたい。
まだ、22歳なのに、オジちゃんだなんて、ごめんね。だって、多分、高校生のときに再会後、
会っていなかったので、いきなり老けちゃったような。
まあ、Sくんも私のことを一段とオバさんになったという感想だろうなあ。




ケントがトルコのテレビ取材を受けたとき。
Sくんは奥の左の男の子である。


ごめんね、顔が映っていない!!
重ね重ね酷い仕打ちをしていたんだな。すまない







それから、悲しい知らせも運んでくれた。
同じ年に同じ村から、オヤジオフィスにバイトに来てくれたG君(当時16歳)が
うつ病となり、今は引きこもり生活をしているとのこと。


実はそのGくん、前述の少年より、頻繁にうちに遊びに来てくれたのだ。
大学を中退したという話を耳にしたけれど、
その後は通信教育で学業を続けていたとのことだった。
夫の死後、お墓参りもしてくれた。最後に会ったのは、去年の暮れだった。

希望の大学に入学し、税務署勤務を夢見ていた優秀な学生だったのに、
寮でいじめに遭い、そこから精神的におかしくなり、
鬱病となったようだ。自殺未遂事件もあったとのこと。

オヤジオフィスでの仕事ぶりは、無口ではあったものの、
しっかりとこなしていた。あまり笑うほうではなかったけれど、
笑顔が可愛かった。図体が大きかったこともあり、
私は彼にエフェスをよく散歩に連れて行ってもらった。

ああ、夫が生きていたら、G君をオフィスでバイトさせたり、
何か力になってあげられたと思う。
G君のことを考えると涙が止まらない。






ところで、現イケメンバイトくん、大学3年終了後、日本へ留学希望なんだって。
提携校があり、関西か九州だそうな。
変なオンナに引っ掛からないか、老婆心ながら
今から心配である。


コメント (4)

エフェスのこと

2018-07-12 19:39:00 | エフェス
今日のパムッカレ

エフェスが失踪してから、3年半が経った。
今月は推定エフェスの誕生日である。


5年前の記事より




生きているなら、9歳である。
オヤジ(夫のこと)の傍に行ってしまったのだろうか?



























本当に幸せだった。
もしも、オヤジの元へと行ってしまったなら、
いつか、ケントと私を迎えに来てね。


コメント (4)