錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

オオウナギの食いが立ってきた

2018年09月13日 | 魚(海・淡水)

今日はオオウナギたちの給餌日でした。
だから無頭のバナメイエビの殻を剥き練った養鰻飼料をシャリに“海老の握り”を仕込みました。
もちろん必須脂肪酸の供給源としてフィードオイル(養魚飼料油脂)なんかも混ぜてますよ。
で・・・
赤で囲った6貫(※画像右下)は総合ビタミン剤を仕込んでます。


そして、その“海老の握り”を6匹のオオウナギにバランス良く与えるのですが、今月に入って一気に気温が落ち着いてきた事で最近は人が変わった・・・
いや、ウナギが変わったように餌を食う!
それも、ご覧のように餌を差し出した竹ピンにまでも食らいついてくる程の勢いです。
だから・・・


釣ったばかりの頃は、こんなに細かった1612-TLも・・・


今では背部が盛り上がるくらいまで成長しています。
もちろん、その体長も当時に比べると10cmほど伸びているのですが、Cherryは1612-TRや1512-Iを見慣れているだけに大きいとは感じない。
まぁ、そんな話はさておき・・・・
これからは人もウナギも食欲秋ですよ!
『魚』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 一つ採卵するも二つするも同... | トップ | 仔ガメが孵化 »
最近の画像もっと見る

魚(海・淡水)」カテゴリの最新記事