錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

夏の暑さは要注意

2018年08月08日 | 魚(海・淡水)
ホント!今年の夏は異常ともいえる暑さですね。
そこで、今日はオオウナギの飼育に関する夏場の注意点をCherryなりに『夏の暑さは要注意』として、ここへ残しておこうと・・・
要するに備忘録的なやつですね。
それでは早速・・・


ここにUPしている画像は今朝の3時頃に撮影したものですが、外気温が26.2℃でありながら水温計は28℃を指しています。
いやぁ・・・
この水温はマジでヤバいっす。
と、言うのもオオウナギは食べたものの腹持ちが良いんです。
だから、ここで養鰻飼料を併用した餌をオオウナギに与えると腹中でガスを出すのか?数時間で吐き戻し、その吐物が高水温のタンク内で腐敗して最悪の事態を招きます。
ただ、水冷のクーラーを併用した管理槽であったり、水温が安定した井戸水を常時供給できる設備が整っていれば別ですが大容量の水を冷やすクーラーなんて個人的には無理があるし、今時に井戸がある家なんて殆どない。
と言うことで・・・
Cherryは夏場の餌はできるだけ与えないようにしています。


しかーし!
それでは良好な成長は見込めませんし、餌をもらえないオオウナギは頭だけ大きな痩せウナギと化してしまいます。
と、言うことで・・・
Cherryの場合は夏場の餌には養鰻飼料を使用せず、一頭あたり数尾のバナメイエビを間隔をつめて与えています。


ただ、こんな給餌を続けていると良好な成長は見込めませんが吐物による最悪の事態は回避できます。
そして、もう一つのメリットは・・・
この時期は常に空腹の状況ですから、竹ピンで指し出した餌に対して物怖じすることがなく積極的に餌を食べるようになります。
と、言うことで・・・・
このCherryが夏場に行っている給餌に関する備忘録でしたぁ。
『魚』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 一発勝負で投網打ち | トップ | 行動の秘匿 »
最近の画像もっと見る

魚(海・淡水)」カテゴリの最新記事