錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

ハヤシミドリの夜間観察

2018年05月25日 | 昆虫・植物

昨夜から今朝方にかけてハヤシミドリシジミの発生状況を見てきましたぁ。
と、言うのも・・・・
昨年は山中を散々歩き回って確認できた幼虫は1頭だけでした。
そんなことから成虫の発生時期にカシワの木をシバキ回っても殆ど飛び出すことはなく、やっと出たかと思えば何処か遠くへ飛び去ってしまう。
だから、今年の発生状況を先取りする意味で昨夜から出かけてみたのですが、やはり今年も個体数は少なかった。
が!
昨年の数に比べると、僅かながら回復傾向にあるかなぁ?って感じられました。
っていうか・・・・
道路や宅地の造成に伴って生息地の乾燥化が進んでるし、何と言ってもカシワの木を伐採し過ぎてるっちゅうの!
まぁ、近年はカシワの木で木炭を作らなくなったので植林しながら伐採するなんて事はしないし、利用価値がなくなった今ではカシワの木はシイタケの“ホタ木”で伐採した方が金になるってか?
そして、そこに住む生き物が少なくなれば『採るヤツがいるから減ったんだ!』って責任転嫁をするんだよなぁ・・・・
『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« こっ・・・ 腰がぁ・・・・... | トップ | 可愛い子狐 »
最近の画像もっと見る

昆虫・植物」カテゴリの最新記事