サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

日本トルコ協会の総会で明治記念館へ

2018年05月30日 | 
5月29日 今年もいつもと同じ明治記念館の「曙の間」です。


青山1丁目から明治記念館までの東宮御所沿いの道、緑が溢れて、ときどきジョギングの人が走っているくらい。

  Wikipedia

並木はユリノキです。こんなに丈高くなるんですね。ユリノキはモクレン科、こんな花が咲きます。チューリップみたいな花が咲くので、英語名はアメリカン・チューリップ・ツリー。


明治記念館のクラシックな庭で、お食事してる人たちがいました。バーベキューかしら。


日本トルコ協会の総会に総裁の彬子女王殿下が出席なさるのはべつによいのですが、殿下が退場なさるまで、宮内庁のお達しとやらで、会場で写真が撮れません。会場で友人同士がスマホで写真撮り合うのもだめだって。バカみたいですね。それなら、さっさと退場していただきたいのに・・・写真は殿下がやっとご退場で、拍手で送っているところ。宮内庁って、なに考えてるんでしょうね。今日は協会の新会長・小林栄三氏やメルジャン駐日トルコ大使のご挨拶もありました。


海上自衛隊の方々が来賓で見えていました。戦争は嫌いだけど、軍服男子は凛々しくてよいですね。


総会にご出席の沼田準一氏からいただいたトルコと日本の国旗。「ケイタイにでも下げてください」って。イラン・イラク戦争のとき、窮地に陥っていたイラン駐在の日本人たちを、トルコが救援機を出して、ぎりぎりのところで救出してくれたことは、映画にもなって、かなり知られた話ですが、沼田さんはその救援機に乗って命拾いした日本人の1人です。だから、沼田さんのトルコ愛は筋金入りです。

CHANGING SHOES


パーティだからと、ワンピー着ると、ヒールの靴はきたくなる。とくに立食レセプションの時はね。でも、往復はラクな靴がいいなあ・・・だから、私は、いつも会場に着くとすぐ、化粧室で靴をはきかえます。そういうヒト、多いようですよ。今日も帰りに化粧室でスニーカーにはきかえていたら、お仲間が3人もいました。


   「HPのトップ頁」へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「結う人 編む人 縫う人」展 | トップ | ウチの前の植え込み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事