集合!ネクサス2.0

「あの人に聞きたい!」と言われるライブラリアンを目指して

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライブラリ・アカデミ第5回課題:レファレンス課題2「ポテ」・「ポトフ」とは

2009-02-05 22:25:25 | ライブラリ・アカデミ
●「井の中のライブラリアン、大海を知る!」さまの
・「ポテ」・「ポトフ」について。
以下から、「ポトフは牛肉・野菜を鍋で煮込んだ物」・「ポテはその豚肉版(塩漬け豚肉)」のようです。(ただし、「ポトフ」は豚・鶏版レシピもあり。
「ポトフ」は「火にかけた鍋」という意味ですので、材料ではなく、広義には「調理法そのもの」(日本の「鍋」が「鍋料理全般」を指すように)としても捉えられているのかもしれません。
●「ポテ」の仏語でのつづり
~「potee」です。
参考:
1.「パリっ子の食卓―四季の味90皿 」(佐藤 真/河出書房新社/1995/ISBN4-309-26253-8)p.184(つづりとレシピの参考のため冊子体も利用)
2.「知識検索から横断検索」を『potee』で検索。
.「フランスおいしい旅ガイド」~「ロレーヌ地方の料理」に『ポ・ト・フーの豚肉版』の記述あり。
×「Q&Aサイト横断検索」→該当なし。
×「レファレンス協同データベース」→「ポテ」・「ポトフ」とも該当なし。
●「ポトフ」について
 「ポトフ」の仏語でのつづり~pot-au-feu
(「yahoo百科事典」) で『鍋に塊のままの牛肉、野菜類、香辛料を入れて長時間煮込んだもの」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ●リンクは張れるのか? | トップ | ●ライブラリ・アカデミ第5回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ライブラリ・アカデミ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事