リラの花咲く頃

徒然なるままに・・・
お花!わんちゃん!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美容柳

2005-06-16 | 


梅雨時の今、鮮やかな黄色い色の花を枝一面に咲かせている。
近くで撮ると雄しべの長いのが良く分る。

茶道を若い時習っていた。
祖母に「お茶花になるよ」と教えられた。
祖母との思い出の花。



コメント (2)

たちあおい

2005-06-15 | 

線路脇にたちあおいが咲いている。
近所の方が植えたのでしょう。
子供の頃、好く見ていた花なので、
非常に懐かしい。
一時廃れていたが、
最近復活したようだ。
色はピンクしか見ないが
昔は色々な色があったように思う。

そういえばカンナとかグラジオラスなどの花も見ない。
その代わり新しい花がドンドン増え名前を覚えきれない。

追記
タチアオイ
花折々から抜粋 
人類が利用した最古の花の1つ。
”山のシルクロード”を経て中国・四川省に伝播。
唐代以前は、蜀葵(しょくき)の名で、一番の名花とされた。
日本では、平安時代の唐葵(からあおい)から江戸時代に立葵に。
コメント (6)

アジサイの花

2005-06-14 | 
驚いたことに、 
昨日書いたアジサイの花の切花を近所の人に頂いた。
お庭に咲いたものだそうだ。

早速、頂いた花をガラスの花瓶に活け変えてみた。
どの位もつか、興味がある。

しかし、クリスタルアルセントは、
水が古くなると色が無くなったので
どうしたものかと思ったが、
洗って水を替えると前ほどの濃い色にはならないが、
又色が復活するので何回も使えるようだ。

今年家のアジサイは蕾も持たなかった。
友達のTさんの家でも同じと聞き、
「こういう年もあるのネ・・・どうしたのかしら」
と話したばかりだった。
しかし、近所の電車の駅でも隣の家でもきれいに咲いている。


コメント (8)

初夏のアレンジメント

2005-06-13 | 


ガラスの器の中に水に浸けてゼリー状になった青いクリスタルアクセントをガラスの器に
アジサイ
すずらん
グンバイナズナ
エリンッジューム
バラ
アジアンタム
シルバーレース
デルフィニウムの花々を使い活けました。

透き通ったガラスの中の青い色が効果をもたらし、
この蒸し暑い季節を涼しげに見せる事ができました。

アジサイは流石に水揚げが難しく、直ぐ駄目になりました。
この時季の花なので切花にしてもっと使いたいのですが、
持ちが悪いのでやはり、お庭で見るのが一番なのでしょうか。

コメント (3)

父の日

2005-06-12 | 雑記
今日が父の日だとは、気がつきもしなかった。

母の日にはオランダにいる娘夫婦はインターネットで頼んだ花束が届き、息子夫婦はバラが好きなので、バラの鉢植えを贈ってくれた。

息子夫婦にお父さんは何が好きかと聞かれ、「甘いもの」と言ったところ、ケーキを買ってきた。
初めて父の日のプレゼントをもらった主人は照れていたが、息子の下心(?)が解るのか、複雑な表情だったが、喜んでいた。

私は今朝から前に書いたサフィニアの花が散らかると言って掃除した時に全部切られてしまい、気分を悪くしていたので無視していたがケーキは一緒に食べました。美味しかった。
因みに、娘夫婦からは、何も贈られては来ませんでした。
コメント (4)

高尾山の花 セッコク

2005-06-09 | 
聖蹟桜ヶ丘にあるTさんの家にSさんとおしゃべりをしに行きました。
美味しい手作りのスパゲッティをご馳走になりました。
そこでSさんが今、
高尾山で珍しい「セッコクの花」が咲いているのを、
月曜日に見てきたと話してくれました。
そこで、「ここから近いから見に行こう」と話が決まり出かけてきました。

高尾山のケーブルカーの駅の側の木の上に咲いているのを直ぐ見つけました。
一見 デンドロニュームの小さい花のように見えます。

6号道を登っていくと麓と大山橋との中間に大きな木の枝にクリスマスツリーの
飾りの綿のように咲いていました。
中々見事なものでした。

初めて知った花なので詳しいことは解らないので写真でアップしてみます。



小さいデジタルカメラでしたので、画像がはっきりしなかったのが残念です。

追記

花折々より 
岩上に自生し、薬のされたことから古名岩薬。
出雲神話の少名彦名神の薬として、少名彦薬根の呼び名も。
ラン科のデンドロビウム属の一種で、同属に中国雲南省の黒節草。
これを加工した龍頭鳳尾はこえをよくし、精力剤になるとされ、高価だ。
江戸園芸では茎や葉をを鑑賞した。花には芳香。


コメント

ヒペリカムの花

2005-06-07 | 


最近、ヒペリカムの実はよくアレンジメントをいける時に使われます。
昨年箱根の湿生花園にヒマラヤに咲く「青いけし」を見に行きました。
可憐な花だと思っていたのが大間違い、逞しく咲いていました。
そこで鉢植えとして売っていたのが、このヒペリカムでした。
その時は、もう実だけになっていましたが、今年は花を見ることが出来ました。
実とは全然違っていて可愛い花でした。
青いけしの写真を載せます。



カメラが違うと画像も大分変わりますね。
コメント