リラの花咲く頃

徒然なるままに・・・
お花!わんちゃん!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

紙飛行機

2006-03-11 | 雑記
子供の男の子の遊びかと思っていたら、とんでもない大人も楽しめる遊びだったんですね。
主人の幼馴染が親の看病疲れの息抜きから、昔憧れていた紙飛行機を思い出し作り、大きな公園で飛ばしていたら、学校関係の人が見ていて「作り方を教えて下さい」といらして、松原小学校で教える事になったそうです。
ケント紙で作りゴムで飛ばします。空高く飛び、旋回して戻ってくるそうです。
家の庭では狭く飛ばせませんでしたが確かに楽しそう。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« サンシュウ | トップ | 映画  »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
工作 (あきこさん)
2006-03-11 23:54:18
作る喜びに遊ぶ喜びと楽しめて、よき時代がありました。

遠回りして楽しんだことの重大さを思い出しました。

昭和一桁の二人の兄も障子紙などでやっていました。
兄が (おせっちゃん)
2006-03-12 00:04:37
これとは一寸違いますが、竹ひごをローソクの炎であぶっては丁寧に曲げて、翼や尾翼を作っていたのを思い出しました。私はもっぱら紙を折って作る紙飛行機でしたが。
思い出 (りら)
2006-03-12 21:39:10
あきこさん

おせっちゃん

男二人の会話が懐かしく

この飛行機を見てお二人のコメントどおりのことを思い出していました。

女の子なのに父が竹ひごや紙を使って作り

飛ばし遊んでくれたものです。

お仲間とおみうけしましたが (コアラ)
2011-05-12 12:43:54
良く飛びそうな機体ですね。
当方も8年くらいハマっております。
コアラさん (りら)
2011-05-12 22:45:58
古いブログの文にコメント有難うございます。

紙飛行機の事を書いてたなと思い、
遡ってここまでたどり着き、忘れていた事をいろいろ思い出しました。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事