カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全米・カナダ邦人安否確認システム

2006年11月18日 | その他
*****************************************************************************
▽△▽△  在ロサンゼルス日本国総領事館からのお知らせ  ▽△▽△
*****************************************************************************


全米・カナダ邦人安否確認システム」のテスト運用について(平成18年11月17日)


 外務省は、既にご案内のとおり本年9月に「全米・カナダ邦人安否確認システム」の運用を開始致しました。このシステムは緊急時のみ稼働するもので、平常時は利用することができませんが、緊急事態発生に備えて、在留邦人や旅行者の方等、またそのご家族の方にこのシステムの操作になれていただくため下記のとおりテスト運用をすることと致しましたので、年末年始のこの機会に是非お試しください。

 在留邦人、旅行者等、海外におられる方々は、日本のご家族への伝言等に本システムを積極的に利用してください(実際に役立つ形で利用されるのであれば、安否情報でなくても結構です。)
 また、日本におられるご家族の方々は、海外におられる方々の音声メッセージの再生を積極的にお試しください。

※利用上の注意
 ご利用にあたっては、口座番号、クレジットカード番号等に関する音声メッセージの録音や、送金手続きを目的とした本システムの利用は決して行わないでください。外務省は、録音された音声メッセージの内容に関する一切の責任を負いませんのでご了承願います。

                   記
1.テスト運用期間

(1)テスト運用開始日時
 2006年12月23日(土)午後9時(アメリカ西部標準時)(日本時間午後2時)

(2)テスト運用終了日時
 2007年 1月 7日(日)午後9時(アメリカ西部標準時)(日本時間午後2時)

2.利用方法
 次の番号に電話し、音声案内に従って、音声メッセージの録音、または再生を行ってください。

1-866-903-2674(ANPI)全米・カナダからは通話料無料 
1-866-904-2674(ANPI)その他の地域からは、米国までの通話料有料
1-866-905-2674(ANPI)
1-718-313-9150 通話料有料

なお、米国・カナダ以外からお電話をおかけになる方の通信環境によっては、フリーダイヤル番号(1-866で始まる3つの番号)に繋がらない場合があります。
この場合は、有料通話番号(1-718-313-9150)にお掛け下さい。

 また、日本からは上記番号の前に国際電話会社接続番号(001、0041、0061等)や、国際電話識別番号(010)等が必要であるので、予め電話のかけ方を確認した上で電話をお掛け下さい

3.本システムに関しまして、ご意見ご要望がありましたら、当館意見箱(iken_box@la-cgjapan.org)もしくは、FAX(213-617-6725)等にて送信下さい。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« アメリカにおける大腸菌O157:... | トップ | 地球温暖化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

全米・カナダ邦人安否確認システム (海外生活口コミ情報サイト 「Imafuji.info」)
「全米・カナダ邦人安否確認システム」の記事、私も加えました。テスト期間中にぜひ使ってみたいと思います。よろしければ、TBなどで情報交換しませんか?
「全米・カナダ邦人安否確認システム」テスト結果 (海外生活口コミ情報サイト 「Imafuji.info」)
「全米・カナダ邦人安否確認システム」を体験してみました。丁寧すぎる説明で案外すんなり出来ました。参考になれば幸いです。