エリア55レポート 

勝手気ままに海外TV情報をお届けします

『ポーの一族 春の夢』『ポーの一族 秘密の花園』読んだ

2019年07月14日 | 読書


前回萩尾望都の「ポーの一族」のシリーズのお話をしました→こちら
そのときに「ポーの一族 ユニコーン」は『ポーの一族 春の夢』の続きだったので
『ポーの一族 春の夢』を読んでないことを悔いて即ポチしました
ついでというと変なのですが
「月刊フラワー2019年7月号」に「ポーの一族 ユニコーン」の続きのエピソードが載ってる感じなのですが
確証が得られなかったので賭けで買ってみました
結論からいうと賭けに勝ちました(笑)
ということで2冊の感想です^^


まず『ポーの一族 春の夢』
時系列的にいうとこの『ポーの一族 春の夢』を読んでいないと
「ポーの一族 ユニコーン」を読んだときに少し迷子になります
とはいえなんとなく話は通じるところもあるのでなんとかなってしまってはいました
が!やはりそこは気分が悪いので『ポーの一族 春の夢』を読まなくては!になりました^^

読んだらいろいろと理解できるところがあり
なんとなくわかったような気分になっていたのも
結構気分だけだったことがわかりました^^;

登場人物がモロに『ポーの一族 春の夢』の続きなんですね
アーサーとか古い「ポーの一族」のシリーズに出てくる人もいるんで
なんとなくわかった気がしてしまってましたけど
主要人物は『ポーの一族 春の夢』からの続きでした

最初に雑誌に掲載されたときに実はあまりにも期待値が高かったせいか面白く感じられず
続きを読む気になっていなかったのですが
単行本で読むとすごくよかったです!
以前からのあの萩尾望都のままでした

読んでてちょっとびっくりしたのは
ブランカが性的暴行を受けそうになる(未遂)シーンが出てきたことでした
昔私が読んでいた「ポーの一族」のシリーズにはそういうシーンが出てこなかったので
単純に驚いたのですが
考えてみれば時代と掲載媒体(小学生でも読む雑誌)からして描けなかっただけですよね
そういう時代でそういう媒体だったのです
おそらくにおわせていたエピソードはあったかもしれませんが
気づかなかっただけなのでしょう
それからエドガーがエナジーを他の同族に分けるシーン
脅されて分け与えているシーンがレイプを連想させるので
つらい感じがしました
そのシーンに関しても驚きがありましたが
昔のシリーズから今のシリーズに至る間に
「残酷な神が支配する」などのマンガがあったことを考えると
作者としては当然表現されるシーンなのかもしれません
一読者である私の中では「ポーの一族」の時間が勝手に止まっているので
結構な戸惑いを感じましたが^^;

この前も書きましたが
エドガーとアランの関係性
アランの性格やエドガーの孤独などは
「ポーの一族 ユニコーン」よりも昔のシリーズに近い感じがしました

「ポーの一族 ユニコーン」は読んだけれども『ポーの一族 春の夢』はまだという方は
是非とも『ポーの一族 春の夢』を読むことをお奨めします^^

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)
萩尾 望都
小学館





☆『ポーの一族 秘密の花園』☆

これは「月刊フラワー2019年7月号」に掲載された新しいエピソードです
時系列的に「ポーの一族 ユニコーン」の続きかというと
単純な意味では違います(この先「ポーの一族 ユニコーン」につながるエピソードになるのかもしれません)

ランプトンは語る」という過去の作品がありますが
あの絵がどうして描かれることになったのかというエピソードです(記憶に間違いなければ)
アーサーが出てくるんですよ!
アーサーとエドガー、アランの出会いのエピソード^^
お話はアーサーがエドガーに描かせてほしいとオファーするところで終わります

これは続きも是非読まなければ!!!
になるわけですが
続きは2020年の春まで待たないといけないようです
なんとも心憎いところで終わっています><

どうせ単行本でまとめられるんだからそれまで待てばいいじゃない?
という声も聞こえてきそうですけど
過去作品を読んできた勢は過去の登場人物とのからみが描かれるこのシリーズはちょっと我慢できないんじゃないですか?
私は雑誌を買ってしまいそうwww
雑誌はかさばるから基本的には買いたくないけど
これは単行本まで待てない!
アーサーだよ!って興奮しちゃうんですけど
あれかな?
アーサーは絵描きだから重なるところがあって
より一層萌えるんだろうか?
ともかく続き早よ!になってます^^;

月刊flowers(フラワーズ) 2019年 07 月号 [雑誌]
小学館
小学館










**コメントありがとうございます
OGULA AZUKIさん
コメディですけどちょっとマニアック系かな?
ホームページで過去のシリーズの配信が見られるようになっていますので
お試ししてみてはいかがでしょう^^
新しいシリーズも地上波のあとBSとか配信になりそうな気はしてます
茗荷は大豊作でウッキウキです^^
バッグのキャメルというのは色のことでした
ちょっと説明足らなかったですね^^;
このキャメルという色がすごく好きなんです
ブルージーンズによく合います

進さん
茗荷は毎日このくらいの量が採れてる!!!
ホントにご飯美味しくて困るんだよー
今炭水化物控え目にしてるからね…余計困る;;
息子さんもう今年28歳でございます
ようやく去年から社会人になったのです^^
自慢~自慢~♪










ランキングに参加しています
 ←これをクリック
別タブで開くバージョン


 ←これをクリック
タブが開かないバージョン
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 近況(と自慢) | トップ | 夏のご挨拶 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mimi)
2019-07-17 11:44:31
エリアさん、こんにちは~
コメント、ご無沙汰です。
でも記事は拝読しています!

うっとおしい雨が続き
体がだるいな~と思ったら
今日は2週間(以上?)ぶりの晴れです。
晴れたら晴れたで・・・暑い・・・

ポーの一族の単行本♪
いつもご紹介、嬉しいです。
まとめて読みたいです。
が・・・ちからがでない~~~

そうそう!
リバイバルねこっちー!!で
7年前のブログを(7年後の当日に)開けているんですが
7年前の今日、
デブ猫アイドルの紹介をしています。
くぅ~っ懐かしい!
エリアさんの絵も掲載させていただいています。
URLに17日のリンクをしておきます。
今も、7年前も
どうもありがとうございます!

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事