エリア55レポート 

勝手気ままに海外TV情報をお届けします

ベネディクトのハムレット情報&DVD情報&WD新トレイラー

2015年06月26日 | ベネディクト・カンバーバッチ
【ネタバレ基準】TVドラマはBS、CSを含めて放送終了分、映画は公開、DVDレンタル・発売後は解禁という基準で記事を書きます。


いろいろなものをごっちゃにお知らせして申し訳ないですが^^;
ガンガン行きます!


まずはベネディクト・カンバーバッチの「ハムレット」が英国内ではライブ上映されるので日本でも上映ありそうだねというお話



フィルミングの話は以前から出てたのでしたっけ?
4KでソニーDCinemaで撮影されて上映されるってことなんでしょうか?
(すみませんリンク記事は読んでいません><)
なんか4K4Kという言葉が飛び交ってるんですが映像がメッチャ綺麗、高画質以上の知識がないのでピンと来ない人間です^^;
英国内で上映されるなら日本での上映も期待していいってことですよね?!
渡英できない組なので、ライブ上映ひたすら待ちます!!





☆『変態小説家』廉価版DVD☆
サイモン・ペッグ主演の映画『変態小説家』の廉価版DVDが2015年10月7日に発売、予約受付中です
変態小説家 [DVD]
サイモン・ペッグ,クレア・ヒギンズ,アマラ・カラン,ポール・フリーマン,アラン・ドレイク
松竹


これ、タイトルで損してるって話ですが…
はい、紹介しずらいのでこういうタイトルは付けないでほしい!

お前が言うか!って言われそうだけど
検索で勘違いした人が来そうな言葉はブログのタイトルに入れたくないです
記事の中で文章としてだと、そこまで神経質にはならないんだけどね
しかも内容とタイトルが合っていないと聞いているのでなおさらです
友人に紹介しづらいってツイートも見たことあるよ
映画のタイトルは考えるの難しいだろうけど、やはり宣伝の基本なので
口に出しづらいタイトルは損だと思う

でも廉価版が出るくらい売れてるってことなんだよね?!
ペグちゃんファンって私が考えてるより多いんだよね、絶対そう!!
(すみません過小評価で^^;)





☆wheeler Dealers US版新トレイラー☆


これ、公式から出ている動画だと思うんだけど
(違うのか?と思ったけどやっぱり公式だよね?)
再生回数がびっくりするくらい少ない!
最初にみた時は公開5日目なのに9回しか再生されていなくて!!!><
どうしちゃったの?!と思ったんですが
すでにUKではTVでの放送がされているシリーズのトレイラーで
YouTubeには違法アップされた動画が出回っているから
改めてトレイラーなんか見る必要ないんでしょうか?
くっそ!英語圏のやつらなめてやがるぜ!!
って車番組字幕みたいな悪態ついちゃいますが
同じ言葉のUS民はYouTubeで見ちゃってるからトライラーなんかどうでもいいのかな~???
というか私みたいにドラマ系の人間と車系の人間では期待するものが違うのだろうか?
番組は見るけど、トレイラーなんかどうでもいいぜ!なのかなぁ・・・

私的にツボなのは…
オタク感のあるエドが(ガレージで修理三昧の)日の当たらない生活から
お外に出て日に当たるので日焼け止め塗ってるってのがwwwタマラン
(ガレージはこのシリーズではイギリスからアメリカ・カリフォルニアに移っています)

もしかしたらこのトレイラーは日本のディスカバリーチャンネルで使われるのかな?
使って!使って!!お願いします!!!




ベネさんの久々の新DVDだからしばらくの間これを貼ります
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 コレクターズ・エディション[初回限定生産]アウタースリーブ付 [Blu-ray]
ベネディクト・カンバーバッチ,キーラ・ナイトレイ
ギャガ



ランキングに参加しています
 ←これをクリック
別タブで開くバージョン


 ←これをクリック
タブが開かないバージョン







ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ベネディクト・カンバーバッ... | トップ | 話題に乗ってみる『メイキン... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
盛りだくさん! (みやまだ6)
2015-06-28 23:57:56
こんにちは、エリア様が復調されてから毎日がまた楽しみです。

ハムレットのライブ化のニュース、私も涙を飲んだくちなので本当にうれしいです!いい時代になりました。

また、「Lewis」PAL方式でムリヤリ見始めたところ、いろいろな意味でハートをドキュン!とされております。

憧れのオックスフォードの風景はもちろん、強いて一つあげれば、あのジェイムズ・ウィルビーとローレンスが手を握りあっている…(ちがうか)。おばさんは感無量でした。

あと、どなたかがコメントに「風と木の歌」に自主変換と書いておられたのには、膝を叩き過ぎてしまいました。ものすごい暴論かもですが、パニクったときのローレンスは若い頃のベン・アフレックと似ていますっ。

この週末は風邪で寝込んだのを幸い、Kindleで「モース警部」の原作を復習して熱血漢ルイスの Yes, sir.時代を堪能しました。エリア様のおかげで生きがいがまた増えました!

長文乱文で失礼しました、綺麗な朝顔の写真も楽しませていただいています。東京のうちのベランダでは曙の舞、というピンクに斑入りの品種が初めての花をつけました。どうぞお身体をお大切に。

コメントを投稿

ベネディクト・カンバーバッチ」カテゴリの最新記事