エリア55レポート 

勝手気ままに海外TV情報をお届けします

『ある天文学者の恋文』観ました

2018年05月09日 | 洋画


ある天文学者の恋文 予告編


いい映画でしたよ~^^
ここから先はネタバレするので嫌な方は読まないでください。












老人と若い女性がイチャイチャしてるところから始まるので
しまった!ムカつく映画だったか?!と思いながらも
なぜか停止ボタンを押す気になれなくてそのまま見ていたら
それだけの映画じゃないぞ…お?!となって観進めたのでしたw
もともとジェレミー・アイアンズ目当てで見ることにしたんで
動機はいたって不純だったんですが(笑)

始まってすぐジェレミー・アイアンズが生きている設定で出てくるシーンは終ってしまうんです
それでこの映画は年寄りが若い女の子と恋愛するだけのファンタジーを描いてないことはわかりました
死んでしまった恋人との奇妙な交流(最悪オカルト系 笑)を描く映画なのかもしれない、と思いながら観進めましたけどw

ジェレミー・アイアンズ演じる老天文学者はとても素敵な老人なんですよ
若い女の子にうつつを抜かしてるんですけどそれだけには感じられない
舞い上がってるわけでもなく現状認識がおかしくなってるわけでもない

一方若い女性の恋人の方は数日前に恋人が既に亡くなっていることを
代理教授の授業の始めで告げられる
見ている方としては音信不通になっているのに少し変だと思っているところだったので
死んだことは驚きではなかったんですが
知らずに恋しい思いを留守電に入れたりしていた彼女がとても不憫に感じましたよね…

年老いた恋人の死後の若い女性の話か…ジェレミーもう出ない?!なんて思ったのですが
彼はとても頭のよい人で全てお見通しで
完璧なタイミングで彼女の元に次々と”新しい”ラブレターが届きます
その手紙を追いながら彼女の生活は進むのですが
ある事を告白する手紙(DVD)を見て彼女はこれ以上彼とは交信しないことにしてしまいます

「11回私の名前をメールしたらこれ以上手紙は届かなくなる」というメッセージに従います
その通りになってそれ以上新しい手紙や贈り物は来なくなるのですが
彼女は交信を絶ってしまったことを後悔して
再開する手段を探します

必死に探し回りますが一度火の中に捨ててしまったDVDは修復できないし
交信を再開する暗号も彼女は思いつかず彷徨います
そんな中、二人で訪れた島にダメもとでもう一度行ったとき
渡し船のおじさん(たぶん知的障がい者)が老恋人が最後に来たときに落としたビデオカメラのケースを渡してくれます
その中には水にぬれてしまったけれどケースに入ったメモリーカードが残されていて…
彼女の元に希望の光がさします

復元された映像には老恋人が編集する前の映像が残されていました
彼女の元に送られてくるDVDはすでに編集されているので
その中にいるのは、いつも超然としてはるか未来まで見通した賢くて落ち着き払った”魔法使い”のような老恋人の姿しか映っていませんが
未編集の映像には彼が死を受け入れがたく苦しむ姿や
思いを上手く伝えられないでいる姿
これ以上生きて彼女と過ごせないことに悲観して言葉を失う姿が残されています

この部分が無かったら、私はこの映画をどこにでもあるただのラブロマンスだと思ったでしょう
この映画を素晴らしいと思ったのは
一人の死にゆく老人の姿も描いている
しかもそれを絶対に若い恋人に見せないようにしていたということを表現しながら
偶然によって垣間見えてしまったという描写の巧みさでした

そして二人の浮世離れした関係だけでなく
現実の中で老恋人の家族の受け取り方もさりげなく描かれていたのがとてもよかったです
老恋人の妻はすでに死んでいるようなのですが
老恋人には若い恋人と同い年の娘と幼い息子がいます
彼女らとの関係は描き方によっては現実離れしたものにもなるし
あるいは反対にドロドロした愛憎劇にもなりますが
そのどちらにもならないでいながら、そこそこ説得力のある描かれ方がされていました

この二つの部分がなかったらつまらない平凡なラブストーリーだと感じたでしょう
こういうのって脚本が上手いのでしょうね~

結局彼女は交信を復活できます
「10人の私(僕)が君を見つけるかもしれない」みたいなことをDVDの中で言っているので
それが交信を再開する暗号だというのはすぐにわかると思うのですが
彼女はなかなか思いつかなかったですねwww


ずーっとかっこよくて理性的で何でもお見通しの魔法使いのような姿と
未編集の映像の中でただの一人の老人としてもがき苦しむ姿を
二つの正反対の表情をジェレミー・アイアンズがとても上手く演じ分けていて
俳優さんてすごいなぁ
と改めて思ったのでした

上につけた予告動画はちょっと私の印象とは違うので
私の印象に近いシネフィルwowowのサイトにもリンクを貼ります
まだ放送があると思うので視聴環境にある方はチェックしてみてください→こちら

ある天文学者の恋文 [Blu-ray]
ジェレミー・アイアンズ,オルガ・キュリレンコ,ショーナ・マクドナルド,パオロ・カラブレージ,アンナ・サヴァ
ギャガ









ランキングに参加しています
 ←これをクリック
別タブで開くバージョン


 ←これをクリック
タブが開かないバージョン

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『女系図でみる驚きの日本史』 | トップ | 『女系図でみる驚きの日本史... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事