がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本のアフロもビバ!なのだ

2009-08-28 | Music
なんというか、突然、沸き上がるように陽水ブームです。
まったく偶然に NHK教育で陽水の特番があって、もう、ずぶずぶ深みにハマっています。
これはアルバム全部聴くしかないな...ダメだ、完全にイカレてしまった。

もともと好きではありました。
母親が歌謡曲好きだったんで、ヒットした曲はなにげによく聴いてたし。
みうらじゅんで育ったから、もちろんディラン関連での対談とかも読んでたし。
タモリ信者(?)だから、やっぱり陽水さん自体の人柄も好きだし。

でも、最近、本当にすごいなというか、なんじゃこりゃ?!というか。
ふと聴いた「あやしい夜をまって」で、あらためて衝撃を受けたのですよ。
ああ、これはきちんと消化しなきゃいけない音楽だな、と。
歌詞と音の世界、それはもう、人間がなし得るステキなことの極地。笑いと知性と緩やかな哲学。ディランの歌詞の面白さを日本語でやってのけた奇跡。
「陽水、サイコーじゃんよ!」
と、ようやく開眼いたしました。

しかし、特番で若き日のディランの映像が流れたんですが、やっぱロレンツォそっくり...本人は気づいてるんだろうか?
あの生意気な感じや憂いのある表情まで似ています。
いかんせん、坊主頭だと雰囲気が出ませんが、カーリーヘアーにしたら世界が驚くほど似てるんじゃないかと推測。
なので、実は密かにホルヘファンなのです。ロック音楽好きみたいだしね。

久々にここのブログにログインしたら、メールがたまっていて、あやうくマリリン・マンソンのプレリザーブを逃すところでした。危ない、危ない。
5月に発売だった新譜は、まぁ、ツィギーちゃんが復帰だというので期待したわりにはパッとせず残念な感じでしたが、まだまだ元気に活動していることは嬉しくて、マンソンの歌声はやっぱり好きだし、来日するなら、絶対にライブは観たいのです。
口惜しいことや辛いことがある時は、今でもマンソン聴きます。で、泣きます。自分の心の暗いところや黒いところを肯定してくれるのは、マンソンを始めロックという音楽で、その負の感情を裏返してくれるのもロックです。ちなみに、陽水も広い意味でロックですね。
でも、ライブハウスはZeppよりコーストのほうが良かったなぁ...。

さぁ、ミューズも9月に新譜を出すし、マーズ・ヴォルタのライブも待ち遠しく、今年の音楽生活は楽しい感じですね♪
Comment