国立大学職員日記
メインコンテンツ
国立大学職員日記:記事一覧




※このエントリーは「国立大学事務職員の基本給は昇給で「何円」増加するのか」における昇給の具体的シミュレーションの一つです。記事を読む場合、下記の順に読み進めることをお勧めします。

国立大学事務職員の基本給は昇給で「何円」増加するのか
続・国立大学事務職員の基本給は昇給で「何円」増加するのか
・1.最低限の昇給パターン
2.出世下位グループの昇給パターン
3.出世中位グループの昇給パターン
4.出世上位グループの昇給パターン


1.国立大学事務職員の最低限の昇給パターン
年齢級・号数給与月額増加金額備考
231級28号177,3005,100 
241級32号184,2006,900 
251級36号190,3006,100 
261級40号195,5005,200 
271級44号200,8005,300 
281級48号205,9005,100 
291級52号210,4004,500 
302級24号227,70017,300昇格
312級28号234,9007,200 
322級32号241,0006,100 
332級36号247,1006,100 
342級40号253,2006,100 
352級44号258,8005,600 
363級28号273,90015,100昇格
373級32号281,5007,600 
383級36号288,9007,400 
393級40号296,0007,100 
403級44号303,0007,000 
413級48号309,8006,800 
423級52号316,1006,300 
433級56号322,6006,500 
443級60号327,7005,100 
453級64号331,8004,100 
463級68号335,1003,300 
473級72号338,1003,000 
483級76号340,4002,300 
493級80号342,3001,900 
503級84号344,3002,000 
513級88号346,3002,000 
523級92号348,2001,900 
533級96号350,0001,800 
543級100号351,8001,800 
553級104号353,3001,500 
563級108号355,0001,700 
573級112号356,7001,700 
583級113号357,200500 
593級113号357,2000 
603級113号357,2000 

【データについて】
・4年制大学を卒業後22歳で国立大学に就職したものと仮定
・初任給は1級25号
・昇給区分は常にC区分で昇給
・特別昇給はしないと仮定
・昇級の時期に関しては「国立大学事務職員は何歳で「昇級」するのか」を参照
・給与表については給与法の「行政職俸給表(一)」(平成21年12月1日時点)を参照
・昇級時における新しい号数については「人事院規則九-八 別表第七 昇格時号俸対応表」の「行政職俸給表(一)昇格時号俸対応表」(平成21年12月1日時点)を参照
・また、あらゆるデータは平成21年度の制度の下において行った仮定であるため、過去に上記の表と同様に昇級した職員がこのとおりとなる(あるいはなっている)とは限らない
・昇級抑制期間(平成18年~平成22年)等、過去にあった変則的な昇給に関しては考慮していない

■雑感
 「最低限」を想定して作ってはみたものの、実際のデータを調べてみるとこのパターンより基本給が低い職員さんがかなりいました。国家公務員Ⅲ種から採用されたために初任給の級と号数が低かったのかもしれませんが、その部分の穴埋めは特別昇給などでなされると思うので、特別昇給を考慮していない上記のパターンより基本給が低くなる理由がいまいちはっきりしません。原因としては休職や育児休暇を取ったために昇給しなかった等が考えられますが、それが原因であるにしてはあまりに多くの職員さんの基本給が上記のパターンより低い気がします。
 より根本的な原因を考えるなら、過去に行われた給与構造改革による給与表・俸給表の書き換え、昇格時号俸対応表の変化、号俸・号数の4分割化、級の統合、昇級スピードの変化等々の影響があるのかもしれません。また、とりあえず実績と今回のシミュレーションを比べてみて差が出るということは、今の若手職員は将来の基本給の期待額が現在いる職員よりも多いかも知れない、ということなのかもしれません。
 ちなみに現在の「行政職俸給表(一)」においては、3級は113号俸が最高のため、枠外昇給が認められていない現状においては3級113号を超えて昇給することはできなくなっています。上記の表で58歳から60歳の昇給額が低いのはこのような理由によるものです。


次のページへ


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


« 2.国立大学... 続・国立大学... »
 
コメント
 
 
 
23歳からと28歳から (とし)
2010-03-23 11:25:11
23歳からのモデルになっていますが、28歳から
の私は5年分のハンデがあるのでしょうか。
35歳時の給与は30歳時になるんですよね?
それとも23歳から入った計算になるように在職年数
が何年とかでここにある表の通りになっていくということはありますかね。
 
 
 
Re:としさん (管理人)
2010-03-23 19:42:36
当ブログをご閲覧いただきありがとうございます。

中途採用であっても初任給を決定する際にそれまでの経験年数が加味されます。経験年数は年数に1.0~0.5を掛けて算出されるので「全くハンデがない」というわけでもありませんが、1.0を掛けて算出されれば「年数×4号」の給与が大卒初任給に加算されるのが「原則」です(もっとも、例外規定とかがたくさんあるのですが)。

としさんが5年間をどう過ごしていたかで初任給は変わる訳です。ずっと勤めていたか、ずっと大学院などで修学していたというのであれば、初任給は最高で1級44号になるのではないかと思いますが、最近はこの手の業務を離れているので自信がありません。辞令が出たらぜひ調べてみてください。
 
 
 
うーん (とし)
2010-03-25 13:20:34
27歳大卒なので、まったくだめですね。
現在7年目にして2級16号です。おまけに抑制期間
とやらでさらに条件が悪い。今年35歳ですが、実質
28歳の給与あたりかなと。8、9年目あたりで大きく昇給するのでしょうかね。
 
 
 
Re:Re:としさん (管理人)
2010-03-25 23:44:39
7年目で2級16号という数字から察すると、残念ながら初任給に対して経験年数の付与は無かったか、あってもかなり微小なもののようですね。

初任給決定の事務処理は本当に複雑で、場合によってはわざと給与計算の基礎となる最終学歴を高校卒にして初任給を高くするという方法もあります。これは特に働いてから大学に入りなおした人に多いパターンです。としさんの大学の人はこの手順をきちんと踏んだのか、数字から察するに少し不安です。
 
 
 
そうですねぇ (とし)
2010-03-26 08:49:35
H15年卒業(27歳)でH16年採用ですから、
大卒そのまま(高齢)なので仕方ないものなのでしょうね。17万台でした。
経験年数=職歴ですよね。
だから何もカウントされていないようですね
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。