経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4月29日(水曜)欧米日市場の材料に基づく市場の動きは…

2015年04月30日 14時16分02秒 | 市場動向チェックメモ

・東京市場は「昭和の日」のため休場
18:00↑ユーロ圏業況判断指数(4月)結果0.32 予想0.20 前回0.23
18:00→ユーロ圏消費者信頼感・確報値(4月)結果-4.6 予想-4.6 前回-4.6
20:00↓米MBA住宅ローン申請指数(24日までの週)結果-2.3% 前回2.3%(前週比)
21:00↓ドイツ消費者物価指数・速報値(4月)
結果-0.1% 予想-0.1% 前回0.5%(前月比)
結果0.4% 予想0.4% 前回0.3%(前年比)
21:00↓↑ドイツ調和消費者物価指数・速報値(4月)
結果-0.1% 予想-0.1% 前回0.5%(前月比)
結果0.3% 予想0.2% 前回0.1%(前年比)
21:30↓米実質GDP・速報値(第1四半期)結果0.2% 予想1.0% 前回2.2%(前期比年率)
…成長の大幅減速を受けてドルが下落 
21:30↑↓米個人消費・速報値(第1四半期)結果1.9% 予想1.7% 前回4.4%
21:30↓米GDPデフレータ・速報値(第1四半期)結果-0.1% 予想0.5% 前回0.1%
23:00↑↓米中古住宅販売成約指数(3月)結果1.1% 予想1.0% 前回3.6%(3.1%から修正前月比)
23:30↓↑米週間石油在庫統計 原油+190万 ガソ+170 精製▽6.6 稼働91.3(+0.1%) クッ在庫-51.4
03:00→FRB政策金利 結果0.00-0.25% 予想0.00-0.25% 現行0.00-0.25%
03:00!米FOMC声明…経済成長は部分的に一時的要因を反映し鈍化した…第1四半期の減速の後、緩やかな成長と雇用の増加を見込む…雇用改善と物価目標達成に合理的確信持てれば利上げ…物価はエネルギー価格と輸入価格の低下受け目標下回る…決定は全会一致→景気認識は下方修正も、一時的要因を強調しドル高の反応
・米主要企業決算 タイムワーナー↑

当日、ロンドン・NY時間は、大きな値動きに対する理由を追っかけ…
翌日、ディーラー目線で、各カテゴリー毎の背景と実態と損益を読み解く!

●〔米欧石油市況〕ブレントとWTI、ともに年初来高値↑…サウジアラムコの経営陣刷新の報が取引序盤の強材料↑・EIAの原油在庫統計で、16週連続で過去最高を更新も、190万バレルの在庫増加はAPIの420万バレル増、ロイター通信が取りまとめた市場予想の230万バレル増をそれぞれ下回った↑・クッシングの原油在庫は51万4000バレル減少と、昨年11月以来5カ月ぶりの減少↑…
Oil(Jun)考察…鞘は(レンジ$4.8⇔x)$8.7→↓↑→5.0→→8.0→6.9…
・Brent($52~):BrentS/WtiLの鞘取りを利確…
・Wti($44~):同上…もう少し鞘が縮むのを待ちたい所だが、鞘の動きが小さいと読み、細かく取る戦略に…
 説明:基本的に双方とも下落トレンドも、Brentは中東問題で一時的に↑・Wtiは在庫増幅鈍化で↑・トレンドが変わる雰囲気も・・・

●〔NY金市況〕一時上げるも、概ね横ばい→…米指標悪くFRBの利上げ遠のくも、時期を実質的には動かしていないと市場は読み↓・ユーロドルは大幅上昇も追随せず・最近の金相場高はアジアの現物需要を減退させている…
NY_Gold・Silver(Spot)考察:SPDR残高は2日連続横這い…(鞘取レンジ400-500)503→395→450 鞘が縮む時の方が大きく取れるが…ポイントはレンジ↑↓の見極め!…
・Silver(下値¢1,530):SilverL/GoldSの鞘が開いたので、欲をかかずの利確…
・Gold(下値$1,143):価格上昇局面で、尽かさず (¢1690以上/$1215以上)のS指値を入れたが、届かず…

●NY株式概況 GDP弱く戻り売り優勢で↓、FOMC声明で第1四半期については一時的な要因として買い戻し↑・景気は緩やかな拡大を続けると言及…
225指数考察:米指標で一押し・日銀決定会合でもう一押しを狙い、\19600以下の押し目L指値とした…

●NY債券概況 第1四半期の弱さは一時的との見方で利回り上昇↑…

●NY為替概況 弱い米GDP受けドル売り加速・FOMCでは一時的要因指摘しドル買戻し・利上げの開始の可能性、6月はほぼ無くなったも、9月はまだありそう・ユーロドルはショートカバーが加速…
為替考察:ドル安ドル安・円安・ユーロ高ユーロ高で…(ユーロ>>円>>ドル)
・Eur/Usd:$1.09以上の戻りS指値は、1.11迄Shit…1.12はNG…
・Gbp/Jpy:Eur/Jpyとの鞘(46.3⇔54.5)48.5→→51.2/\181.0以上の戻りS指値は、184.0迄Shit…
・Eur/Jpy:\130.0以上の戻りS指値は132.0迄Shit…133.0はNG…
・Usd/Jpy:\118.5以下の押し目L指値はNG…
・Aud/Jpy:\93.0からの戻りSは、95.2迄Shit…96.0はNG…

●〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、ロブスタ種ともに続伸↓↑…
NY_Coffee(jul)考察…¢145.0以上の戻りS指値に届かずも、様子見の指値維持継続…

●〔NY砂糖〕ドル安で上昇↑…受け渡し量が150万トン以上と、過去最高になることを見込んでいる・インドの輸入税が引き上げられたことが国際的な砂糖需要の軟化を、ブラジルの潤沢な収穫見通しも相場を圧迫…
NY_Sugar(jul)考察…¢13.4迄の戻りS維持…

●〔シカゴ小麦〕テクニカル買い、ドル安背景に続伸↑…ロシア政府が小麦輸出税に関して、計画よりも前倒しで撤廃する可能性があるとの報に圧迫される場面が↓(輸出税は6月30日まで実施されることになっている)…
Chicago_Wheat(jul)考察…Wheat/Cornの鞘(¢93⇔156)149→114→120→108→116…
・Wheat:鞘がどちらかに大きく傾くまで様子見継続…

●〔シカゴ・トウモロコシ〕買い戻し、ドル安で上昇↑…買い戻し、ドル安↑・米中西部で今後2週間の大半、作付けに理想的な天候予報を受け↓・第1回受け渡し通知日を控えて、5月限ポジション解消する動きが↓…
Chicago_Corn(jul)考察…
・Corn:同上…

●〔シカゴ大豆〕アルゼンチン主要穀物港でスト上昇↑…
Chicago_Soybeans(jul)考察…
・Soybeans:¢1000以上の戻りS指値維持…そろそろ!…

●総括:想定以上のドル安・円安・ユーロ高も一時的と読み…為替の戻りS追加維持…Metal・Oilの鞘取りは利確で次ぎのチャンス待ち…Softも良い感じで動いている…これから、月末月初になるので、ともすると、週末までに結果が出るかも…

※基本を忘れずに:動きの読める銘柄だけの一段高(戻り売り)・一段安(押し目買い)だけを狙うようにする事で、ポジションと値動きの方向を一致させると共に、リスクを最小限にする…
ポジションを持っている銘柄の方向性が読めない状態になったら、迷わず損切りする事!!…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4月30日(木曜)欧米日市... | トップ | 5月1日(金曜)欧米日市場... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事