経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017.09.25(月)~ 来週の注目指標★☆… これだけ、欧米の金融系要人発言が多い週は稀ですので! 

2017年09月24日 02時32分41秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…

ジョージ・カンザスシティ連銀総裁
・バランスシート縮小の言及は市場に混乱を齎していない。
・遅すぎる利上げペースはリスク。
・追加利上げが適切。
・緩やかな利上げという現在のスタンスを支持。
・企業活動や設備投資はより活発になる。
・原油価格の安定で資源企業の掘削は加速する。

カプラン・ダラス連銀総裁
・ハービーの影響を受けた第3四半期のGDPは第4四半期に回復へ
・インフレが目標以下なのは、一時的要因だけではない。
・良識的な移民規制が労働人口にとって重要。
・12月の利上げに関してはオープン。
・今年の世界経済の多くはポジティブ・サプライズ。
・世界経済にとって中国はリスクの一つ。

マケイン米上院議員(共和、アリゾナ州)
・共和党だけでまとめられた、オバマケア代替法案に反対する意向を表明
・2人目の反対が出たことで、同法案が上院を通過する可能性は低くなった!

米大手石油ガス開発のベーカー・ヒューズ
・今週の米国内の原油の掘削装置(リグ)稼動数は先週から5基減少
・744基
・3週連続の減少

メイ英首相
・1月に打ち出した英国の目標に変更はない。
・離脱交渉には具体的な進展があった。
・アイルランドとの物理的な国境は受け入れない。
・英在住のEU市民は従来と同様に生活続けられる。
・英国は単一市場と関税同盟から離脱する。
・EUとカナダのような関係は求めない。
・関税は賦課しない。
・EUと英国との将来の関係に画一的なモデルは求めず。
・強力かつ適切な紛争解決メカニズムを。
・移行期は時間的制限があるべき。
・英国が求める移行期は2年前後。
・支払いの問題でEU諸国は不安になる必要はない。

ムーディーズ
・英格付けを「AA2」に格下げ。
・見通しは「安定的」に変更。


・NY市場は、方向感のない展開
・トランプ大統領の、国連演説などを経て米国は北朝鮮への制裁強化を打ち出した
・北朝鮮が対抗措置として、太平洋上で過去最大級の水爆実験の可能性に言及
・市場では、リスク回避の雰囲気もなくもない、以前ほどの反応はない!

・FOMCを通過、次の材料探しの雰囲気
・米地区連銀総裁の発言も伝わった、利上げに前向きな発言
・市場の反応は限定的!

・ドル円は、112円付近での振幅
・北朝鮮への警戒感から、東京時間には戻り売りも、慣れてきた印象!

・ユーロドルは、NY時間に入って戻り売り
・ロンドン時間に発表になっていた、ユーロ圏やドイツのPMIが予想を上回った、再び1.20ドル台に上昇する場面も

・ユーロは依然、、底堅さを堅持
・米利上げについて、市場では懐疑的な見方も
・年内利上げの織り込みを進めることに躊躇している雰囲気も!

・ECBの出口戦略の開始は、信頼感が高い
・ECB理事の間では、ユーロ高を懸念する声も多い
・出口戦略を辞めるという、選択肢まではない

・ポンドは、NY時間に入って売りが強まる
・メイ英首相の、EU離脱に関する演説を受け、売り反応
・「EUの単一市場と関税同盟から離脱」と改めて言及
・EU離脱後の詳細のヒントが示されなかった
・メイ首相は、EU離脱後も2年程度にわたり貿易関係維持に向け資金負担を続けることを提案

・メイ首相は、昨年の10月と今年1月にも大きな会見を行っている
・その時のポンド相場は、ある程度の期間に渡って反応が続いた
・今回は、その時ほどの反応はなかった!

・しかし、終盤になってポンドの売り強まる
・ムーディーズが、英格付けを「AA2」に格下げ
・見通しは「安定的」に変更


【恐怖指数】警戒感は緩む
・VIXスポット(NY時間:16:14)
・スポット  9.59(-0.08 -0.83%)






来週の重要指標は、これだけ、欧米の金融系要人発言が多い週は稀ですので! 
間違えなく、マーケットが大きく動くと言っても、過言ではないでしょう!

23日(土)
・NZ総選挙

24日(日)
☆独連邦議会総選挙
・NZ 冬時間終了、夏時間に移行

25日(月)
☆独Ifo景況感指数(9月)
・NZ貿易収支(8月)
★ドラギECB総裁、講演
☆クーレECB理事、講演
☆メルシュECB理事、講演
☆コンスタンシオECB副総裁、講演
☆NY連銀総裁、講演
☆シカゴ連銀総裁、講演

26日(火)
☆米新築住宅販売件数(8月)
☆米S&Pケースシラー住宅価格(7月)
☆米コンファレンスボード消費者信頼感指数(9月)
☆プラートECB理事、講演
☆ミネアポリス連銀総裁、講演
☆クリーブランド連銀総裁、講演
★イエレンFRB議長、講演

27日(水)
☆米耐久財受注(8月)
☆米週間原油在庫統計
・NZ中銀政策金利
☆セントルイス連銀総裁、講演
☆EIA週間石油統計

28日(木)
★米GDP確報値(第2四半期)
☆プラートECB理事、講演
☆ラウテンシュレーガーECB理事、講演
☆ボストン連銀総裁、講演
☆カンザスシティ連銀総裁、講演

29日(金)
☆日本雇用統計(8月)
☆日本消費者物価指数(8月)
☆米個人所得支出(8月)
★ドラギECB総裁、講演
☆フィラデルフィア連銀総裁、講演

30日(土)
☆中国製造業PMI(9月)



来週の米主要企業決算

25日(月)
・カーニバル(2.200)

26日(火)
・ナイキ(0.482)
・マイクロン・テクノロジー (1.837)

28日(木)
・KBホーム(0.466)



コメント