かすがい犬

さよならを告げたpecoの
後をpukuが継ぎます。
老境に入った夫婦のかすがいは
ずっと々犬。

高齢者の飼い犬

2006-11-21 | dog
今朝のテレビで取上げていた高齢になってから犬を飼うこと。
身体が思うようにならず、止む無く犬を専門の施設に引き取って
もらった人、その犬達の姿に泣けてしまった
犬は人間を頼らなくては生きて行かれぬペットとなってから、
幸せなのだろうかと考えさせられました。
一時でも幸せならそれで良しと思わなくてはいけないの
だろうか、同じ飼い主に一生を面倒みてもらえず、環境のまったく
違う所で年老いていく犬達の姿、これを可哀想と思うなら
犬を飼ってはいけないのかも知れない。
捨てられて無残な死に方をするようなことから思えば
最期まで人に面倒をみてもらえるように手配していく人達は
偉いとも思う。
定年後に犬を飼ってみたいと思う人達が70%、思いもよらぬ
ことが起きるかも知れないと飼うのを踏み止まっている人達は
その中にどのくらいいるのだろう。
私がこれで終わりと思っていた犬を飼う時に悩んだ事、それが
正しくこの問題だったので改めて考えさせられた
こうしてああしてと考えてはいるものの、その通りになるだろうかと
不安にもなる。
高齢になると寂しさから飼う人が多い、
寂しさの大きな穴を埋めてくれるような
凄い役割を果たしてくれる犬達、お世話になってありがとうでは
済まされぬこと、人間は悩んで苦しんで悲しんで最後の別れを
しないといけないのだろう。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ひなたぼっこのお相手は | トップ | 本能をかきたてられちゃった~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿