ご苦労さん労務やっぱり

労務管理に関する基礎知識や情報など。 3日・13日・23日に更新する予定です。(タイトルは事務所電話番号の語呂合わせ)

退職者の再就職先から退職理由を尋ねられたら

2010-04-19 16:35:50 | 労務情報

 退職者の再就職先(または応募先)が、その者の退職理由を尋ねてくることは珍しくない。そのような問い合わせに対して、同じ人事担当者としての同朋意識も手伝ってか、支障の無い範囲で回答しようとする人もいそうだが、支障の有無を問わず、原則として回答は控えるべきだ。

 退職理由も個人情報であるのだから、本人の同意なくして第三者に提供することは許されない(個人情報保護法第23条)。本人に不利益な情報でなくても、それをもって第三者への情報提供を正当化できるわけではない。このことは、自分の会社が個人情報取扱事業者(5000人分を超える個人情報を保有する)に該当しないとしても、“雇用管理に関する個人情報”を取扱う者に対しては個人情報取扱事業者に準じて情報の適正な取扱をするよう求められている(平成16年厚生労働省告示第259号)ので、同様だ。
 また、法律面だけでなく、会社が保有する従業員の情報を第三者が求めるままに提供してしまうのは、やはり人事担当者としての自覚を欠く行為と言われても止むを得まい…‥

※この続きは、『実務に即した人事トラブル防止の秘訣集』でお読みください。