むらすずめのおやど

毎日の暮らしの中で気づいたこと,感じたこと,読んだ本や見た映画の感想など何でもおしゃべりします。

ゴーヤとトマト

2020-06-22 10:01:03 | Weblog

一か月前に朝顔、ひまわり、トマト、ゴーヤを植えました。

この中で一番よく伸びているのはゴーヤです。ツルが伸びて黄色い花がいくつか咲きました。

でも花が下に落ちていました。

実がなっているかどうかわかりませんがたくさん花をつけているので少々落ちても気にしません。

トマトは黄色い花が咲きましたがよく見ると緑色の実が4個ほどできています。

ほかにもたくさん花が咲いているのでこれからが楽しみです。

朝顔は葉は茂っていますがつぼみがついていませんでした。でもよく見ると小さなつぼみができているのでこれからです。

早咲きなのですが、まだまだです。小さいアブラムシが発生したので娘は手で取っていました。

ひまわりは元気ですが、別の鉢に6本移したひまわりの4本は元気がなく枯れてしまいました。

移すとき根を痛めたのかもしれません。鉢が大きいほど花が大きくなると書いてあったので苗を移したのですが。

 

 

 

コメント (1)

しそジュースと梅ジュースとらっきょう漬け

2020-06-18 16:40:03 | Weblog

娘が梅を1キロ買ってきました。梅を漬け、梅ジュースも作りたいというので紫蘇を買いにいきました。

紫蘇の束があったので早速買って帰り、測ってみると300gもありました。

500gの梅を漬けるのには紫蘇300gは多すぎるのでそのうちの200gは紫蘇ジュースにしました。

2リットルのお湯に紫蘇を入れましたが、お湯が多すぎたのか砂糖とクエン酸の量が足らずになかなか甘酸っぱくなりませんでした。

しかしなんとか完成して瓶詰めしました。できたらすぐ飲めました。冷やして飲むとおいしいです。

梅ジュースをつくるのには、梅をフリーザーで凍らせるといいと聞いて 1日凍らせておいた梅を取り出して

瓶に砂糖と一緒に入れました。

梅漬けは梅に塩をして酢が上がってきたら、塩でもんだ紫蘇を梅の上にのせました。

娘がラッキョウも1キロ買ってきて初めて漬けました。私はまだ漬けたことがありません。

娘は初めてなのに、がんばってラッキョウ酢を作って一緒に瓶に入れていました。

ラッキョウを漬けてからそろそろ1週間になります。おいしくなるのが楽しみです。

 

 

 

コメント

赤紫蘇を見て

2020-06-02 15:03:21 | Weblog

5月31日に梅雨に入りました。これから1か月以上うっとおしい季節が続きます。

市場で梅や赤紫蘇が売られているのを見ました。

梅酒や梅ジュースを作っていたころが懐かしいです。今では誰も飲まないので毎年作るとたまる一方です。

それで、数年前から作るのをやめました。

赤紫蘇を見ると紫蘇ジュースを作りたくなります。

でも、こちらでは 作った後 保存する容器が十分にありません。

新型コロナのため 高速バスはまだ運休しているので広島に帰れないので残念ながら何も作れません。

クエン酸はあるので、少量だけでも作りたいのですが。

コメント

原節子さんの映画

2020-05-21 14:49:18 | Weblog

今まで日本映画はあまり見ず、ハリウッド映画一辺倒でした。

テレビも見ないので日本の俳優さんも女優さんもあまり知りませんでした。

知っていたのは黒沢監督の映画の三船敏郎さんで、三船さんは特別でした。

子供のころ、「日本誕生」という映画があり、学校からみんなで見に行ったことを覚えています。

その中で三船さんは日本武尊(ヤマトタケルのミコト)とスサノオノミコトに扮していました。

マヤマトタケルのミコトは父の天皇に疎まれて熊襲(クマソ)征伐やほかの豪族の征伐をさせられる

のですが、オトタチバナヒメが荒れる海を鎮めようとして身を投げるシーンは子供心にも悲しかったです。

オトタチバナヒメは誰が扮していたのか知りませんでしたが、原節子さんが天照大神に扮していたのは知っていました。とても美しかったのを覚えています。昔の朝汐関がタジカラオノミコトになって

天の岩戸を開けるシーンは面白かったです。

尾道の夫婦の映画「東京物語」に原さんが出演していました。尾道から上京した老夫婦を親身になって世話してあげる戦死した三男の妻の役でした。この映画は年齢が上がるにつれて身にしみてわかってくる映画だそうです。親に対してどのように接するかが年齢によって違ってくるからです。

原さんの演じた紀子さんは優しい素敵な女性でした。

「晩春」「麦秋」「秋日和」「青い山脈」「嫁ぐ日まで」を見ました。

「嫁ぐ日まで」の原さんはとても20歳とは思えませんでした。母亡き後 母代わりになってしっかりと家事をしていました。彼女の花嫁姿はとても素敵で涙が出ました。

昭和の台所も私には懐かしく、特に電灯のソケットにアイロンのコードを差し込んでアイ

ロンを使っているのを見ました。当時は何ともなかったのですが、今なら怖くてできません。

「青い山脈」の島崎先生も見事でした。前編しか見ていないので後編もぜひ見てみたいです。

子供のころやはり学校から見に行った映画で、「路傍の石」がありました。

山本有三原作と知っていましたが内容はほとんど覚えていません。

主人公吾一が苦労する話だったようですが、吾一の母親が亡くなるシーンが

忘れられませんでした。この母親になったのが原さんでした。

映画脚本が新藤兼人さんだったと 今知りました。

何十年ぶりかに見てみたいです。

 

コメント

朝顔とひまわり

2020-05-21 14:22:31 | Weblog

孫の学校の授業で 植えて観察するはずの朝顔を今年は休校中なので学校で植えることができません。

そこで今月7日に孫は土を入れた鉢と種を5粒もらって帰りましたが、その日は忙しくて植えられ

ず、次の日の夕方孫は植えました。9日に我が家でも種を買って育てようとして早咲きの朝顔と

ひまわりの種を買ってきて植えました。

しかし、早咲きの朝顔とひまわりは早く芽を出しましたが、学校の朝顔は芽が出ませんでした。

二つは芽が出ていると思ったものの、根がついていませんでした。

そうこうしているうちに他の早咲きの5個は双葉になりぐんぐん大きくなりました。

ひまわりは10粒まいて10個芽が出ました。同じように双葉になっています。

種を5個まいても咲く種と咲かない種とあることがよくわかりました。

水をやりすぎたのかもしれませんけれど。

25日から学校が再開になります。

そのうち朝顔の鉢を持っていくことになるでしょう。

種が全滅ではかわいそうなので早咲きの朝顔の双葉を3個だけ学校の鉢に植え替えておきました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

たけのこご飯

2020-05-13 13:58:15 | Weblog

先日、「みはらしの丘あいさい広場」へ行きました。

この店は市街にあるため、いつもなら行くのに時間がかかるのですが、幸い、自粛モードのため、道路に車がいつもより少なかったので、早く行けました。

お店はにぎわっていました。新鮮な野菜が安く買えるのですから、無理もありません。

地元でとれた野菜や果物、米、卵、魚、手作りパンやケーキが売られています。

みんなマスク着用で入店前は消毒をしていました。

ゆでたたけのこがあったので買って帰ってたけのこご飯にしてみました。

2合のお米にたけのこ200gと油揚げ1枚としょうゆ、みりん、酒各大匙2、砂糖大匙1/2、和風だし小さじ1をいれて炊い

ただけですが たけのこが柔らかくておいしくできました。残りのたけのこは煮物にしました。

しかし、孫はたけのこご飯はあまり食べず白いご飯の方がいいというのでがっかりでした。

 

 

コメント

今年の鈴木三重吉賞の作品

2020-05-11 14:10:00 | Weblog

今年の鈴木三重吉賞の特選作品の一部を今頃やっと読みました。

今年の1月の中旬には広島にいなかったので作品が掲載されることをすっかり忘れていたのです。

しかし、2月に広島に帰ったとき家にあった新聞の一部を持って帰りました。でも今日まで読むことはありませんでした。

今日ふと読んでみて とても感動する作文があったので記録しておくことにします。

牛の赤ちゃんが生まれたことやかわいがっていた猫が死んだこと、土砂降りの雨の時、知らない女性から傘をもらったこ

と、ミツバチが集団で強いキイロスズメバチをやっつけたことなどの作文がありましたが、今回一番感動したのは中学二

年生遠藤君の作文「ハッピータイムトラベラー」でした。

遠藤君は認知症のおじいさんが出てくる「長いお別れ」という映画を見て認知症は英語で「ロング・グッドバイ」とも言

って「少しずつお別れしていく」という意味だと知りました。

認知症になると少しずつ身の周りのことや過去の記憶をなくしていくけれど、それだけではなくて、「認知症」

とは、「ロング・グッドバイ」ではなくて自分が人生で一番輝いていた時代へ旅する「タイムトラベラー」になることだ

と遠藤君は気づいたのです。ボランティアで出会ったおじいさんは水泳の選手だったことを何度も繰り返して話すし、

曾祖母は女学校時代の得意だった算数の問題を楽しそうに解いていたそうです。

「過去に戻り幸せの中で心を遊ばせるなんて、なんと幸せなことだろう。喜びをもって戻れる過去があるなんて、

なんと素晴らしい人生だったのだろう」と書いています。

そういえば100歳になる私の義母も 自分の母が生きていた時の子供の頃のことをよく話してくれました。

義母の母は義母が女学校に行く前に亡くなったので、義母は女学校には行きませんでしたから 母親が懐かしいのでしょ

う。生まれ育った家のことしか記憶にないみたいでした。

私もハッピータイムトラベラーになるかもしれません。そうなったらどんな幸せな回想シーンに戻るでしょうか。

今から楽しみにしています。今のこの瞬間かもしれません。

コメント

新緑の季節

2020-04-23 12:54:23 | Weblog

桜が散って早くも新緑の季節になりました。

山には若葉が茂りまぶしいくらいです。鶯はまだ鳴いています。

新型コロナウイルスの大流行のせいで自宅にこもっています。

外出は食料品を買いに行く時だけですが、ほとんどは娘が買ってきてくれるのでどこにも行かないことが多いです。

孫は1年生になりましたが学校は休校のままです。

でも孫は毎日学童保育に通っています。

仲良しのお友達ができたらしくいつも遊んでいるのに、先日その子が二日間休んだのでつまらなかったそうです。

昨日少し熱があったので孫を休ませました。するとその子は昨日は来ていたそうです。

孫は今日は熱が下がっていたので「早く行こうよ」と娘に早く連れて行ってくれるように催促していました。

 

家にこもって普通はDVD三昧をするところですが 今年は手塚治虫作品のアニメにはまっています。

「ブラックジャック」のシリーズがいろいろあるので見て楽しんでいます。

ちょうどコロナウイルスの大流行の時なのでこんな素晴らしいお医者さんがいたらいいなと思い、でも患者さんから感染

したら大変だなと思ってしまいます。早くコロナウイルスの治療薬を開発してほしいものです。

医療スタッフは今は大忙しで大変なときです。自分の感染の危険をも恐れないで診察するのですから。

「ブラックジャック」シリーズでは、いろんなことが学べます。最後まであきらめないこと、地味に努力している人が評

価されること、友達との友情、兄弟愛、恩師への尊敬、そして母親への愛情です。

 

 

 

 

コメント

孫の入学式

2020-04-10 14:40:03 | Weblog

昨日孫の入学式がありました。

新一年生は98名で3クラス、孫は3組でした。

広い体育館で行われ、親たちも出席しました。

私も出席しましたが夫婦での出席が多かったです。

親だけでも200人ちかくいたでしょうか、コロナ感染を恐れて体育館のドアを全部 10センチほど開けたままなのでそこから

風が入って寒かったです。私は久しぶりに目が痛くなりました。

式は30分ほどで終わったのですが、あとのPTA総会が長く、退屈でした。

明日は授業があっても月曜日から5月6日まで休校とのことでがっかりです。

孫は、この日は学童保育で食べるお弁当を家で食べて午後から学童保育に行きました。

私は入学式くらい学童に行かなくてもと思いましたが、娘が午後から仕事に行ったので、

孫は家にいるより、お友達と遊ぶ方が楽しいのでしょう。

 

コメント

4月になりました。

2020-04-02 14:23:20 | Weblog

4月になりました。

3月に眉山(びさん)のふもとに引っ越ししました。

道路の向こうに配水場がありそこに20本くらい桜の木が植えられていて満開でした。

桜は3月の末から咲き始め今は満開を過ぎて散っています。桜の花びらがベランダに飛んできています。

ここは 鶯やほかの野鳥の声が聞こえてきます。

しかし、前のところより花粉が多く飛んでくるのか引っ越し直後は目が痛くて困りました。

今は花粉の飛散量が少なくなったのか以前ほど痛くはなくなりました。

孫はこれから1年生になりますが、すでに学童保育に行っています。

知らない子供たちばかりの中で9時間以上過ごしているのですが何をしているのかわかりません。

昼寝もないのでさぞ疲れるだろうと思います。

帰ったらすぐ夕食を食べさせたいのですが、なかなかすんなりと食べようとしません・・・

コメント (2)