風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

楽描き水彩画「伊那部宿の酒屋・旧井澤家住家の屋内型つるべ井戸」


以前出掛けた長野県伊那市の伊那街道伊那部宿にある、旧井澤家住家の鶴瓶井戸(つるべいど)です。

井澤家は高遠藩(たかとおはん)屈指の豪農で、代々酒屋を営んでいたといい、2004年(平成16年)に解体復元された家屋は伊那市有形文化財に指定されています。

驚いたのは、巨木の丸太を粗削りしたような豪快な材木が使われた梁。高遠梁と言われたそうで、さすが山と木の国の信州だと目を見張りました。
それに広い土間の真ん中に井戸があるのも、あまり見かけたことがありません。

屋内型井戸の上の天井部分にある滑車を切り取りました。
一部に天窓からの光が当たって滑車を際立たせています。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「アート・文化」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事