あらよっと大作戦

荒くれ・酒盛り・若干の鼻唄 三拍子そろったトレラン&プロレス噺。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011ハセツネ完走/来年の対策について

2011-10-25 | トレイルラン/ハセツネ


ハセツネ、完走しました。
天候の予想をいい意味で裏切ってくれてたこともあり、自己ベスト更新。

2011年/結果
第1関門  4:36
第2関門  9:16
第3関門 13:18
ゴール  15:33

過去の自己ベスト/2009年
第一関門  4:44
第二関門  9:07
第三関門 13:49
ゴール  16:21

比べると、第1~第2関門まではタイムは大差なし。
課題だった月夜見~第3関門のダレるステージを今年は寝るのを1回(笑)にしたのと、
2年前に比べ足を残すことができたので、金比羅尾根を走りきったことが理由。
耐久力はあがっていますが、スピードは・・・ですね。

ただ、ガーミンの距離は測定されないわ(無反応ではなく終始0m表示がムカつく)、
ジェルフラスコが壊れて、腰~モモがジェルでベタベタになり、モモに手を置いて
踏み出す登りができなかったりとアクシデントもありました(苦笑)

今回、ハセツネの傾向があらためて読めてきたので書くと、レースの核心部を握るのは
スタート~第1関門。ほぼレース全体の構成が決まる。理由は、

1.耐久クラスのレースなのに、前半はスピードレースが要求される
渋滞回避のため、スピードダッシュが年々強まる傾向。ハセツネは第1関門までが
コース全体の1/2にあたる累積標高をアップダウンで稼ぐ難所。
その区間をペースアップしないといけないので、かなりの脚力と速さが求められる

2.渋滞は単なる渋滞ではなく、例えるなら朝の通勤ラッシュと同じ
朝の通期の際に、渋滞の影響で10分早くでると10分遅くでるのに比べ、
30分早く目的地につくとか、逆に10分遅いとラッシュに巻き込まれて30分
遅くつくなどおこりますよね。
それと渋滞の性質が同じで、10分渋滞で滞ったことが、全体のタイムに+10分
遅くなるのではなく、+30分遅くなることがおきる

3.第1関門まで頑張れば・・・は通じない。残りは55K
第1関門まで頑張ってついていったとしても、レース最高地点の三頭山に加え、
御前山・大岳山の3つのピーク越えを含む55kが残っている。
また、ここからがハセツネの醍醐味の「夜間ステージ」に入る

近いレース設計はキタタンかな。
前半の取り付きまで渋滞回避のため、オーバーペースでも走れ!が合言葉ですが、
キタタンの場合、1個目の山を超えたら長いロード区間になるため、
ある程度はバラケが期待できる。
ハセツネの場合、今熊神社から山に取り付くと、その後はやせたシングルトラックが
大半をしめるので、追い抜きをしかける箇所が少なく、抜くとなると登りでしかける
ことになるので、試走以上に脚力と体力を消耗するように感じます。

面白いのは、主催者が意図的にこの状況をしむけるのではなく、ますますドMな傾向を
参加者が自然に作っていること。
ハセツネの関門制限時間は、山の地図の移動時間をトレースしているので完走しようと思えば、
走ることを強いられないため、他のレースに比べゆるいと思います。
※ただし、行動し続けることが必要

完走狙うならば、制限時間はゆるいが行動し続ける苦しみがある。
上位を狙うならば、単なる速さ以外に前半無理に突っ込んでも、後半も走り続けることが
できる持久力・耐久力が必要。
どちらも求められるハードルは高いですね。

持久力や耐久力はついていると感じているし、今回もゴール後は足が残ってました。
となると、対策はアップダウンが続く区間でのスピードトレーニングになるわけで、
一番苦手な課題となりますね、あたしには。

夜間ステージで巻く方法も考えましたが、今回のレースタイムを考えると、
あと30分程度の巻きしか期待できないし。う~ん、困ったもんだ。

対策の具体的な方法として、東京在住であれば、コース全体を把握しつつ、
スタートから第1関門までのスピードトレを、日常のトレイルの練習コース
として取り入れるのが手っ取り早いな。
数馬まで足を伸ばして、温泉につかって帰るのを目的にすると、
秋以降なら自然とスピードがつくし、トレイルを走った後の楽しみもできる。




心折れ部8人で参加。同じ旗の下にバラバラで集合し、好記録をたたき出して
バラバラと解散。こういうサラッとした空気感がよいのかも。

そうそう、今回のレースで友人の荒鷲さんが息子さん(16歳)と完走を目指し参加。
昨年は長男と完走したとのことでしたが、「はじめて(ハセツネに)参加したとき、
こいつは(息子)生まれてなかったんだよ!」は、とてもとても素敵です!

うちの坊も、16年後にあたしと一緒に参加してくれるかな。
ジャンル:
大会
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ハセツネの準備。主に雨対策。 | トップ | 100マイルを完走できるのか。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自己ベストおめでとうございます (蚊取り線香)
2011-10-27 15:57:29
ハセツネ2週間前にトレーニングをご一緒したときに、随分歩きが力強くなっているな、15時間は堅いな、と感じたのですが、その通りになりましたね。私は21世紀自己ワーストの17時間35分でした。
>蚊取り線香さん (kyow)
2011-10-27 20:01:59
ハセツネ、お疲れ様でした。

>随分歩きが力強くなっている

これは、蚊取り線香さんと一緒に山トレしたり、
足の置き方を教えていただいた成果だと思います。
ありがとうございます、感謝。

ハセツネは出場するたびに思うのですが、毎年高速化される
前半についていけるか?が課題に感じます。
トレーニングの際に言っていた「速く走る練習
もしないと」は、ハセツネでも該当してきたのでは。

来年はUTMF・UTMBと100マイル完走を
目標にしていきますので、また一緒に練習いきましょ!
その際、いろいろとご教授をお願いします(苦笑)
ハセツネ (蚊取り線香)
2011-10-29 15:15:12
3年ぶりのハセツネで感じたのは、渋滞のひどさと、周りで走っている人が多いことでした。
今後はスピード練習や、200マイル対応の練習も企画しますので、またよろしくお願いします。
>蚊取り線香さん (kyow)
2011-10-30 17:44:04
>今後はスピード練習や、200マイル対応の練習も企画します

ぜひ参加したいのでヨロシクお願いします!

ハセツネは前半のシングルトラックに加え、
渋滞を回避したい実力者組と渋滞のうわさを聞いて
とりあえず急ぐビギナーの両方がいるというのも
渋滞とスピード化に拍車をかけてるんでしょうね。

コメントを投稿

トレイルラン/ハセツネ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事