廃校利用 山里の美術館「共星の里」

福岡県朝倉市黒川の「共星の里」のイベント情報や楽しい体験記を掲載。
左下のお好きなカテゴリー(1~16)毎にどうぞ!

ご心配頂きありがとうございます!

2018-07-08 06:14:18 | ETSUKOの部屋
今回の大雨で災害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

昨年の九州北部豪雨災害から丸一年。

まだまだ災害の爪痕が残る黒川。

やっとこれから…。と思っておりましたら

数日から降り続く雨が、またしても大きな災害をもたらしました。

皆様からご心配を頂きありがとうございます。

実は私は、昨年同様、7月4日から大分へ。展示会のご依頼を受け、

「トキハ百貨店本店」に来ています。

昨年の豪雨の中、共星の里を出発し、山田線を下って行った恐怖が頭をよぎり

一年前の感覚がフラッシュバック…。

忘れかけていた感覚がまた襲う…。

もう…。これ以上は!!雨よ!降らないで!!!

トキハさんの皆さんも「またですか!」と心配されて、

ご挨拶の際、朝倉で被災された方で覚えててもらっている自分が居る。

現状を説明すると今回は、市内の甘木川が氾濫し、柳センセーの自宅もあわや被害を受ける状態だったようで、

避難勧告が出て、30数年のアメリカ生活での貴重なスライド写真を2階へと思って作業をしていたそうだが、

最後に警察からの警告で諦めて本人はピーポートへ避難し、かめやへ。

かめやも100年以上は経っている建物なので雨漏りがひどく、

てんやわんやだったと主人から連絡があり、

共星の里も心配だし、展示会どころではなく、ヒヤヒヤしてました。

本日、柳センセーたちが自力で歩いて黒川へ様子を見に行ってくれました。



残念にも寺内ダムからの県道509号を、西原から右折、県道588号が3箇所寸断され、



車は通行不可。歩くのもやっとだと。



また、宮園の高木神社のところが寸断。

佐田地区も渕上建設のところが橋が無くなったと聞いてます。

共星の里自体は、お陰様で被害は無く大丈夫ですが、

道路が安全に開通するまでは、

誠に申し訳ございませんが臨時休館させていただきます。

どうぞ、ご理解の程宜しくお願い致します。

本当にこころが折れそうになりますが、ここが踏ん張りどこです!!

現実を受け止め、前へ進んで行きます。

トキハさんの展示会に、私の創作服に加え、



共星の里で常設している作家さんの作品も展示即売しております。





彫刻家 八尋晋さんの独特な世界感のある陶芸・ステンドグラス



彫刻家 新庄良博さんのアンティックな質感がたまらないナラ材の小物入れ。


ひかりちゃんのマクラメ・廃材のオブジェ、版画家瀬古清水さんの優しさ溢れる銅板画の動物たち。



また、修学旅行のワークショップでいつもお世話になっていたのですが

昨年の豪雨で黒松のアトリエが土石流で半壊され、釜も壊され、

たくさんの作品も埋まり、本当に無念で悲しいこのですが、再起不能だと諦めて黒川を去ることにされました陶芸家の美濃田肇さん



黒川の里山の中は猪が多く、その猪をユーモアーあふれるオリジナル作品に仕上げた、いのしし徳利。

先日、共星の里に御夫妻でご挨拶にお見えになり、黒川での16年間の想い出では楽しい想い出ばかりとおっしゃって

あれだけの災害に遭われてもそう思っていただける事を嬉しく有り難く思いましが、本当に、本当に残念です。

アトリエから救い出した作品を共星の里に扱って欲しいと言われましたので今回お持ちしております。

お時間のある方は是非お遊びにお越し下さい。お会いできる事を楽しみに頑張ります!!

トキハ本店5階イベント会場にて。

7月5日~7月11日最終日は5時まで


       何がしあわせかわからないです

       ほんとうにどんなつらいことでも

       それがただしいみちを進む中での
  
        できごとなら

       峠の上りも下りも みんな

       ほんとうの幸福に近づく

       一あしずつですから

            宮沢賢治 銀河鉄道の夜より









コメント   この記事についてブログを書く
« 北部九州豪雨から丸一年。 | トップ | 共星の里は、平常営業してお... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ETSUKOの部屋」カテゴリの最新記事