子ども教育支援センター

小学生・中学生・高校生の不登校などの教育問題を実績と経験豊富な教師専門家による健全育成の一助となる活動を行うNPOです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文部科学省いじめ緊急調査《重大ないじめ約250件》

2012年10月03日 22時33分46秒 | Weblog
 全国小学校・中学校2012年4月~8月20日に確認のいじめ7万5000超

 命・体の安全脅かしかねない重大ないじめ半年で約250件

 (2012年10月 文部科学省緊急調査)



 文部科学省が全国の小中学校などを対象に行ったいじめの緊急調査で、子どもの安全を脅かしかねない重大ないじめが、この半年間におよそ250件報告されていることが分かりました。

文部科学省は、大津市で男子中学生が自殺するなど各地でいじめの問題が相次いでいることから、すべての小中学校や高校などを対象に、ことし4月以降に確認されたいじめについて報告するよう緊急の調査を進めています。
最終的な調査結果はまとまっていませんが、先月20日までのおよそ半年間に全国の小中学校で確認されたいじめの件数は7万5000件を超え、昨年度1年間に確認された7万231件をすでに上回っていることが分かりました。
このうち繰り返し暴力をふるわれたり、金品を要求されたりして、子どもの命や体の安全を脅かしかねない重大ないじめがおよそ250件、報告されているということです。
文部科学省は、今月中に最終的な調査結果を公表することにしていて、今後、個別のケースを分析し、学校や教育委員会の対応に問題があれば改善するよう指導したいとしています。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 12/22 不登校克服フォー... | トップ | ほめてのばすことが不登校の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事