錦通信の日記

楽しいコメントを書き込みしてください。
お願いします 読み逃げ禁止ですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祇園祭宵宮

2006年07月18日 | Weblog
お寺の帰りに京都祇園祭りの宵宮を楽しんできました。
今年で三回目 今まで離れた所にあるので行かなかった鉾や山をみてきました。

残念なことにお昼頃 夕立のようなにわか雨がふったので
飾りにビニールが掛かっていたり 外されていたのです。

本宮は大雨だったでまだ良かったほうかな
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 白い夾竹桃(キョウチクトウ) | トップ | 大雨でしたケロ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祇園祭 (井村ひろし)
2006-07-19 08:16:06
錦さんは元気ですね。私は人混みの処へ行く気がしません。祇園祭りを見に行くなんてとんでもないことです。特に京都は人が多い。写真の保昌山にある献酒は月桂冠ですね。
元気もりもり かなーー (にしき)
2006-07-19 16:59:27
京都の文化はすごいですよ こんな機会でないと観られないものがいろいろと見られます。

井村さんもちょっと遠出してみませんか?

私は遊ぶことだったら暑さなんか気にならない、

不思議なくらい元気もりもりです。



そう献酒は大半が月桂冠でした。
酒売り (井村ひろし)
2006-07-20 06:52:22
昭和40年ころ、私は京都担当のセールスマンでした。来る日も来る日も1.8L入り10本の木箱を2トン車に積んで小売店へお願いして置き回りをしたのです。365日の内、300日ほどがそんなセールスをしていたのです。京都は丹後の宮津、綾部の北部から宇治方面の南部地区まで行きました。京都は隅から隅までよくよく知っています。祇園祭りも毎年見ていました。涙の出る思い出話です。詳細が知りたいのであれば何時でも語りべとなりましょうぞ。
重かった (にしき)
2006-07-20 09:46:58
私も串本で置き回りしてました。あの1.8L入り10本の木箱は30kg以上あり私はほとんど運べなかった何時も伝票を書く役をしてました。

涙の出る話より楽しい話の方をお願いします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事