俳女モニカの俳句日和

十七文字のあそび、そして日々のいろいろ

ネット句会〜9月

2020年09月18日 | 俳句
句会のご報告が溜まっています…

まずは9月の響焔ネット句会から



山崎聰名誉主宰特選


花屋から秋の始まる大路かな  千枝子

丸善は遠いところかレモンの黄 澄

秋が来る消印は風の色して   真代



米田規子主宰特選


東京や一寸先は虫の闇     五月

ひと粒は涙のかたち青葡萄   多恵子

秋兆す胸底にいま青い地球   マリ子


「俳句は事実を事実として云ってもつまらない。"虚実は膜の間"が大切」

という

山崎名誉主宰の言葉を今回いただきました

虚実皮膜の間とは

「芸術は虚構と事実との微妙な間にあるもの」

という

近松門左衛門の芸術論ですね

俳句も然り

目の前の景をきれいに写しとるだけでなく

そこに少しのスパイス(虚。作者の感性)を…

ということでしょうか

ここを考えるのが楽しいわけですね




最近スマホの見過ぎなのか

首の痛みが酷く

動かすたびにゴリゴリ音がします

頭痛や眼精疲労もつらい毎日です

ストレッチやマッサージですこし良くなってきました

皆さんもほどほどに…

(そんなわけで、句会のご報告が遅れがちです。体調がいい時にアップしていきますね。お赦しを〜)






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 響焔FAX句会〜8月 | トップ | 木犀 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます (ころころ)
2020-09-18 13:45:06
五月さん、主宰選おめでとうございます

俳句は生涯学習です、根を詰め過ぎませんように
Unknown (モニカ)
2020-09-18 22:55:53
ころころさん、ありがとうございます。

ずっとリアル句会が開かれていません。そうすると俳句もなかなか出来なくなるものですね。
一日一句などは出来ないタチなので、締め切り前などに集中して作りますが、それすら今は句が出てこない…(T-T)
苦しんでおります。
主宰選は奇跡です…。

スマホ、動画など楽しいのでついつい時間を忘れて観てしまっていました^^;
Unknown (まほろば)
2020-09-20 03:57:41
東京や一寸先は虫の闇(ナイス!)一寸先は闇、に虫の闇を被せた窮余の一句。締め切り間際に作りましたか!?それが意外な僥倖に出遭いました。大都会の日常の中でどこにでもある【虫の闇】が多くの非日常(虚)を伴って現れて来ましたね。後は眼前の現実に俳句というスポットライトを当ててゆくだけです。
Unknown (モニカ)
2020-09-20 07:43:41
まほろばさん、おはようございます。

まさに窮余の作、です(^_^;)
少々やらかした感あり、です…。
俳句のタネを拾いにそろそろ吟行にでも行かないと、何も出来なくなってきました。
結社誌の締め切りも近いです。焦ります!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句」カテゴリの最新記事