京都地域密着協ブログ

京都地域密着協の活動内容や研修情報を発信します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

令和元年度 第1回地域密着型サービス合同研修会

2019-07-04 11:49:27 | 研修

7月3日(水)13:30~16:30令和元年度第1回地域密着型サービス合同研修会を開催しました。今年度も、合同研修プロジェクトで計5回の研修を企画しています。

第1回目は「介護技術について」新任の職員様も多いこの季節に、基礎から幅広く学んで頂く企画です。例年、「持ち上げない介護」「本人の力を引き出す介護」の方法として参加者から好評をいただいています。

講師は、嵐山寮小規模多機能施設 さがの 副主任 蘆澤 拓也 氏。

初めましての皆様とアイスブレイクの人間知恵の輪から始まり、声かけの大切さを学び、椅子からの立ち上がり・椅子へ座って頂く動作。車椅子の取扱い方、歩行介助、寝返りなど介護の基礎を実技と指導して下さり、最後は介助者1人で、床から椅子を使って立ち上がって頂く応用編の動作、3時間全て実技指導して頂きました。

参加された皆様は熱心に、参加者同士でも教え合い、工夫しながら学ばれました。

講師の先生からは、安全に。介護される方の事を一番に考える介護をしていきましょう。

研修プロジェクト委員長からは、本日学んだ技術をぜひ事業所へ持ち帰って、同僚の皆さんと復習して下さい。介護技術は日々進化しています。今後も情報を取り入れながら、良い介護技術を学びましょう!と挨拶がありました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

 

  

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 令和元年度第1回地域包括ケア... | トップ | 令和元年度 小規模多機能型... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

研修」カテゴリの最新記事