FM797番組「京都のやさしい風」

舞踊家&書家・立花典枝、京都万華鏡ミュージアムディレクター・伊藤知子、プロデューサー・高嶋蘭のパーソナリティ番組ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界一周豪華客船ライヴ

2008-05-08 22:21:52 | Weblog
まずはシンガポールで船に乗り込みました。ぱしふぃっく・びーなす!!美しい船でした。港にはスタッフの方達が迎えて下さりとってもアットホームな感じです。そして、案内されたお部屋がなんと!!!スイートルーム!!!吃驚デス・・・そして、幸せな心地!!なんだかとっても素敵なご褒美を頂いたような気持ちです。(そう私はとっても単純なんです。)今回は2日で4ステージ。同じ出し物を2回公演して演目を変えて別の日に。と言う趣向です。使えるかどうかと思いながら4M50の布に額田王と大海人皇子の歌を万葉仮名で作品に仕上げてトランクに入れて行きました。実はこの書、1本だけ持って行こうと思っていたんです。その話を藤本統紀子さんにしたら「とりあえず2本とも持って行きなさい。その方がきっといいわよ!!!」そう言って下さって2本持って行きました。正しく正解!!!流石の統紀子さん!!!ありがとうございます。そして、ヨシミツさん「いいね。使おう!!」二回目の公演でスタッフの方が上手と下手のステージに美術のように設えて下さいました。こうして下さると書も活きてきます。感謝です!!!ヨシミツさんミユキさんとは幾度も幾度もコラボさせて頂いているので、気持ちよく舞えます。心がすーっと入って行ける。一回目はヨシミツさんとのコラボ「桜響艶」ミユキさんの唄「紫陽花」そして男舞で「まつり歌」二回目は「夢幻」を前日に「清姫で行こうか?」「いいですね。やりましょうか、、、じゃ日高川から鐘楼焼いて死にますね。」「それで行こう!」こういう感じ好きです!!!こういうコラボ燃えて行くんですよね。そして最後にインド民謡からヨシミツさんが編曲された「オーラマ」これを聞いた時に「菩薩!!」そう感じました。最近この感じが強くなって来て、自分が不思議な空間に存在しているようで、時空の狭間で舞っているように感じる時があります。そして、アンコールは片裾を端折って男舞「風雪流れ旅」。見事に場面を変えられるヨシミツさん、ミユキさんの声。ステージが終わると行く人かの方が待っていて下さる。また次の朝にはたくさんの方が声をかけて下さり、写真をと言って下さいます。「日本に帰ったら必ず連絡下さい。」「公演のお知らせ下さい。」「観に行きますね。」「もっと長くいて下さったらいいのにね。」本当に幸せな時間でした。スタッフの方たちも皆さん温かくて、いいお仕事させて頂けて本当に感謝!!!これかもっともっと精進を重ねていい舞台を観て頂けるように努めて行きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 宮帯出版の本「衣のことば」... | トップ | 4月のラジオのゲスト田中清人氏 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事