FM797番組「京都のやさしい風」

舞踊家&書家・立花典枝、京都万華鏡ミュージアムディレクター・伊藤知子、プロデューサー・高嶋蘭のパーソナリティ番組ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小川文斎先生の「とんぼ作陶展」

2006-09-27 18:25:10 | Weblog
今回ゲストにおこしいただいたのは、小川文斎先生です。
京都万華鏡ミュージアムで小川先生が、特別展「小川文斎とんぼ作陶展~万華鏡との邂逅」をされると伺い、特別展のご紹介もかねて、番組へのご出演を御願いいたしました。
元京都造形芸術短期大学学長で、文斎窯の5代目当主。短い時間の中では、とてもご紹介しきれない先生のお仕事をどうお伝えしようかしら‥。
そんなことを思って万華鏡ミュージアムの伊藤知子館長とともに日曜日、先生の工房をおたずねしました。玄関へ入るまでの庭にも、先生の作品が並び、トンボが描かれているものを見つけました。
懐かしい情景と秋の寂しさと、それでいて温かなものを感じながら、先生がトンボにどんな思いを寄せてらっしゃるのか。ここをぜひお伺いしたいと思って工房へ。

誰でもが知っているトンボ。
ふるさとの風景にトンボは必ずいることでしょう。「トンボの眼はなんとほぼ360度の視界をもっているんですよ」と先生。トンボの複眼が捉える世界はどんな世界なのでしょうか。
先生は戦争でお兄様を亡くされました。
特攻隊の隊長として、お兄様は遠い空へ。
多分、海の落ちたかもしれないが、きっとトンボのように魂は大空へ舞い上がっていっただろうと‥。3億年の歴史をもつ、逞しい力を持つトンボのように。
ご自身も18歳だった当時、8月16日に魚雷へ乗り込むことが決まっていたそうですが、8月15日、戦争は終わりました。

万華鏡ミュージアムは、子どもたちの健全な育成を願って設立された子ども相談パトナの教育施設の中にあります。
子どもたちが、万華鏡を眺めて心を和ませることができる、楽しい場所です。
ここのギャラリールームでの特別展に先生が作品を出展されることへの依頼があった時、トンボを追いかけてお兄様と遊んだ平和な時を思い、子どもたちの健全な育成を思い、そしてそれが、トンボの眼と万華鏡のきらきらした風景が一致したのではないかと私はお話を伺って胸内で思ったことでした。

ラジオの番組の中で、先生の詩「平和への願い」を読ませていただきました。ぜひ、お聴きください。

「理屈はいいので、作品を観てください」と先生が笑っておっしゃたのですが、本当に作品の温もりは先生の平和への願いを思うお心だと感じました。
10月7日~29日、京都万華鏡ミュージアムで開催。
午前11時~午後5時。
月曜・火曜は休館です。
京都万華鏡ミュージアムへは地下鉄烏丸御池下車すぐ。
姉小路東洞院東入ル 電話075-254-7902
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ドラッカーに想う | トップ | 東山瀞嶺さんの詩吟 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事