goo

右足がネック。

半年以上前から、<右足の足首が痛い>

そのため、歩行に支障をきたしている。

 

整形外科で見てもらわないといけないのだが、

すぐに直るように思えず、

待合室で待っている間に、<風邪をひくのではないか>

と心配になり病院に行けていない。

私が利用する近くの整形外科は、どこも患者さんが多く待ち時間が長い。

 

右足を上げるときには全く痛くはないのだが、着地するごとに、<

激痛が走る>

もともと歩くのが遅いのだが(監督様に速く歩くように、よく指導を受ける)、

着地するたびごとの痛みのために、<激しく牛歩>

もしかすると、牛より遅いかもしれない。


この1週間の台湾出張中も相当難儀であった。

 

幸い夏休み中なので、この<不思議な歩き方>を目撃されることはないのだが、

9月下旬から、つまり1か月後からは、日常的に目撃されることになる。

 

まあ私のことだから、悟られぬように、気合いで歩くことと思うが、

<気合い>がいつまで通用するか。

 

もう1年前から、右足を下にした<正座>は不可能になっている。

健康寿命は、こうしてブロックされていくのだと<足で痛感している>

 

この難ありの足を率いて、明日は<岡山へ>

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 台湾の地下鉄... 激驚! 韓国... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。