絵梨ちゃんおめでとう!

2010-04-17 22:24:52 | インポート
絵梨ちゃんおめでとう!
絵梨ちゃんおめでとう!
絵梨ちゃんおめでとう!
絵梨ちゃんおめでとう!
4月17日 昨日の雨がすっかり止んで、少し肌寒いもののよいお天気になりました。私は夙川のカトリック教会に向かいました。ここで、厳粛な結婚の儀がとりおこなわれましたー新婦は絵梨ちゃん!この日の為に自分で縫ったウェディングドレスに身を包んで幸せ一杯!新郎のタイとチーフも自作ですって!そんなまねはとてもできない私は、彼女の努力を思ってか、賛美歌を聞いているうちに涙がこぼれてしまいました。「愛は奪うものではなく、与え尽くすものです」という神父さまのお言葉を新郎新婦共々大事に胸にしまっておこうと思いました。その後の披露宴は芦屋に移動して、chez moriで開催されました。「味グルメで有名ですよ!」と同席のN先生が教えて下さいました。芦屋らしい雰囲気の洒落たお店でした。全てを新郎新婦が取り仕切る感じで会が進んでいきました。テーブルには二人からメッセージが書かれていました。新郎からは「本日はお越し下さいまして有難うございます。西川先生の美に関する感性を唸らせるには至らないかもしれませんが 、あたたかさをテーマにこの場をご用意しました。どうぞお楽しみ下さい。」新婦からは「本日はお越し下さり誠に有難うございます。この6年間 充先生に踊りを教えていただくばかりではなく、私の歩みを見守ってきていただきました。今日から新たな一歩を踏み出して参りますので、変わらぬお導きをいただけたらと存じます」と心暖まるお言葉をいただきました。という具合に、全てに渡って二人の手作りの会でした。同席させていただいたK先生、N先生は共にB型ー勝手に盛り上がりました。A型のA先生 ご迷惑をおかけしました。同席したよしみでN先生は方向音痴の私を大阪まで送ってくださいました。有難うございました。

コメント

さくら祭茶会

2010-04-12 18:34:20 | インポート
さくら祭茶会
4月12日 生憎の雨でしたが、Yさんのご自宅ー栄日庵でさくら祭茶会が開かれました。待合は花柳章太郎のお軸、本席は霊元天皇の御しんかん「竜田川 岩根のつつじ かげみえて 尚、水くくる 春の紅」。広間のお軸は上村松園の桜狩。お道具も目を見張るものばかり。写真の花入れは南リョウの舟ー黒のカラーが印象的でした。外の悪天候とは裏腹なみやびな一時を過ごしました。

コメント

歌舞伎座さよなら公演

2010-04-11 22:38:14 | インポート
歌舞伎座さよなら公演
歌舞伎座さよなら公演
4月11日、今日は稽古の後、久しぶりに富士宮から稽古に来たMさん親子とティータイムを楽しみました。「ママ ママ!」と泣いてばっかりいたIくんが一年生になり、洗濯物を干したり、荷物を持ったり、ママのお手伝いをよくするようになっているのに驚きました。その後、歌舞伎座に別れを告げに行きました。学生時代から通い慣れた歌舞伎座がなくなるのは、やはり寂しい気がします。でも、「歌舞伎座」「江戸歌舞伎」に酔っている満員のお客さんに混じって、最高のキャストの芝居を観られたことは幸せでした。玉三郎の揚巻が印象に残りました。満足して、のぞみに飛び乗りました。

コメント

紀尾井素踊りの会

2010-04-11 22:06:45 | インポート
紀尾井素踊りの会
4月10日、桜狩にお越しになったお客さまでごった返している京都駅を脱出して東京に向かいました。東京の桜もまだまだきれいでした。国立能楽堂での稽古を終え、Aさん、Uさんとホテルニューオータニで桜を見ながら、優雅なティータイムを楽しみました。その後、ホテルの向かいにある紀尾井ホールで開催された「紀尾井素踊りの会」に行きました。K先生の構成・演出・監修の会でした。猿若吉代・尾上菊見・西川長寿・藤間勢三の四人のベテランの先生方のご出演でした。二百席程のこじんまりとしたホールで、前から三番目だったので、大きなお座敷で舞踊を鑑賞しているような気分でした。特に、長寿先生の「ふきよせ」は名古屋の古きよき時代のお座敷芸の筆頭だったものなので、このホールにぴったりの出し物でした。「みっちゃん、あまり体の調子がよくないから、もう最後の舞台になるかもしれないよ!」なんて、弱気な発言をされていた長寿先生でしたが、先生にしかできない踊りを見せていただいてよかったです。猿若先生は前から、折に触れて勉強させていただい ている先生ですが、その粋な雰囲気が何とも言えませんでした。先生方のように、私も、私にしかできない踊りを踊れる舞踊家になりたいです。

コメント (4)

ハウスデラッセの桜も見頃

2010-04-10 11:46:19 | インポート
ハウスデラッセの桜も見頃
京都各地の桜は満開です。ハウスデラッセの枝垂桜も満開を迎えました。少し色が濃く、愛らしい花を咲かせています。隣の柳の緑との取り合わせはいかにも日本的です。お楽しみいただけたら幸いです。

コメント