「京都・北山丸太」 北山杉の里だより

京都北山丸太生産協同組合のスタッフブログです

無駄の出ない北山杉

2021年12月28日 | 北山丸太について

本日もご訪問頂き誠にありがとうございます。

以前より「北山杉の間伐材ありますか?」「北山杉の間伐材を使って~を作りたいのですが」

というお問い合わせをいただく事があります。

杉の中でも「北山杉」というブランドがあるからこそ、お声をかけていただけるのだなぁ、と

先人に感謝です。

 

先日上記のようなご相談で来所されたお客様に、以下のように説明させていただきました。

 

通常の材木となる「杉」や「桧」は間伐をして太くなるように育てます。そして、その太い木を

製材して板にしたり構造材として利用します。

 

一方北山杉は・・・

北山杉は間伐はしないのです。」

杉は杉でも、北山杉はまっすぐに育つ選ばれた品種を挿し木で育て、

枝打ちを繰り返しながら細く長く育てます。

 

そのうえで木の皮をむいて(杉皮は屋根下地や外壁に使用します。)

通常は丸いままの木肌を見せた飾り柱などの製品にします。

北山丸太 市売会場にて

細いものは細いものなりに太いものは太いなりに製品となります

 

通常の北山丸太サイズの使用事例(デイサービスセンター北山杉いこいの家)

こちらは細い丸太(タルキといいます)の使用事例(京都市上京区にある油の老舗、山中油店さんが所有される京町家のゲストハウス)

太い丸太の大黒柱としての使用事例。(O様邸)

(昔樹木希林さんのコマーシャルでありましたね、「美しい人はより美しく、そうでない方はそれなりに」)

 

このように板や構造材を用途とする「杉」室内での飾り柱を用途とする「北山杉」では、育て方が違うのです

 

という事で、北山杉はこのように無駄の出ない木なんです。

(最近では北山杉の先端部分もツリーとして販売しております

 

引き続き「北山丸太・北山杉」をよろしくお願いいたします。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

干支の置物入荷しました

2021年12月26日 | 北山杉加工品

本日もご訪問頂きありがとうございます。

来年の干支 寅の置物が入荷しました。






北山杉の丸太を輪切りにした干支の置物です。

大(直径約17㎝)と小(直径約12㎝)の2種類がございます。

寅の他の干支のご用意も可能です。毎年集めて『北山杉の干支コレクション』にいかがでしょうか。

~~ お問い合わせ先 ~~
京都北山杉の里総合センター
電話: 075-406-2212
メール: center@kyotokitayamamaruta.com

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北山杉の里で「林業学習・体験+たき火体験」を開催しました。

2021年12月03日 | 北山杉体験・研修

11月7日(日)京都北山杉の里総合センターで
北山杉の里で「林業学習・体験+たき火体験」を開催しました。

今回も沢山の方々にご参加いただきました。

午前の部は森パス実行委員会による山歩き。午後の部は北山杉の研修とたき火を行いました。


京都森林インストラクターさんの案内で山散歩。普段は怖くて触れない虫も森林インストラクターさんにかかれば、子どもたちにも大人気。山に自生する木々を色々と説明頂きました。

午後の北山杉の研修では、座学、植林された山に入って枝打ち作業見学。





さらに林業体験は丸太の皮むき、砂を使った磨き作業、北山杉のマイ箸づくりを体験いただきました。


この辺りはお昼を過ぎると気温も下がりはじめます。3時頃からはたき火タイム。

安全にたき火を楽しむためのイロハを学びました。

山に落ちる杉葉を集め、お箸づくり体験で出たカンナ屑と一緒に焚火台にセット。
マグネシウムの金属棒をこすって火花を。。。これがなかなか着火せず。。。


やっと火がつき、火が安定すれば、なんとたき火でパン焼き体験。

パン職人さんによるレクチャー。杉の枝にパン生地を自分たちで巻いてたき火で焼きます。




自分たちで焼いたパンは「美味しい!」と好評でした。
さらに、珍しい『つぼ焼き芋』も登場。


薪割り体験もして山遊びを十分に楽しんで頂きました。



※京都市北部山間かがやき隊員によるレポートもあわせてお読みください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする