「京都・北山丸太」 北山杉の里だより

京都北山丸太生産協同組合のスタッフブログです

チャレンジ体験(最終日)

2019年06月17日 | 北山杉体験・研修

4日間のチャレンジ体験も、最終日となりました。

この日はあいにくの雨。倉庫掃除のあと、木工作業で北山杉の輪切りコースターの仕上げ作業を手伝っていただきました。




今日の作業は、ゆっくり丁寧に。。。仕上げ作業です。


コースターに『北山杉』や『みやこ杣木(そまぎ)』の焼き印を押して完了。

今回の研修の思い出に、自分たちで作ったコースターをお土産に差し上げました。

4日間、どうもお疲れさまでした。



コメント

チャレンジ体験(3日目)

2019年06月13日 | 北山杉体験・研修

チャレンジ体験3日目は再び山林での作業。

雪や台風などの天災で倒れた北山杉の林の整備。

倒れた北山杉をどうやって切り倒すか。切る判断を間違うと、しなった木のバネで木が跳ね返り大怪我の恐れがあります。



切り倒した北山杉を適度な長さに切り、運び出す作業を手伝って頂きました。



二人で力を合わせて杉の木を運び、山の整備作業がかなり進みました。

コメント

チャレンジ体験(2日目)

2019年06月12日 | 北山杉体験・研修

京都市教育委員会が推進する,「生き方探究教育」(キャリア教育)。生徒一人一人の社会的・職業的自立に向け必要となる能力や態度を育てることを通して,社会の中で自分の役割を果たしながら自分らしい生き方を実現していくことができるようにするプログラム。

今年も「京都北山丸太生産協同組合」では、北野中学より「野球部」と「陸上部」の熱い2名の生徒を受け入れさせて頂いております。

初日は道具に慣れて頂くため、カマを使って施設内の草刈り。午後は山に行き放置林の掃除をしていただきました。

さて体験2日目。

カマの扱いも慣れたので、市民農園の草刈りです。





初日とは違い、土手の急斜面の草刈り。しっかり丁寧に草刈り作業をしていただきました。



午後は、昨年の大雨、台風で被害を受けた農園への水路復旧作業。

この地区も高齢化が進み、後継者となる若手不足。水路も土砂で詰まったままになっていました。



スコップ、つるはし、時には自分の手で土砂を除けて水路の復旧作業。







徐々に水が流れ込んできました。

水路にはカエル、メダカ、サワガニの他、アカハライモリなど、珍しい(懐かしい)生き物がたくさんいます。


この日は『災害復旧ボランティア活動』というとても大切なお仕事に従事していただきました。

コメント

チャレンジ体験 2019

2019年06月10日 | 北山杉体験・研修

本日もご訪問下さり誠にありがとうございます。

さて先週4日間、当組合で北野中学校の生徒さん2名をチャレンジ体験(職業体験)でお預かりしました。

初日の午前中は組合敷地内の草刈(草むしり)業務。

普段気になりながらもなかなか手が回らない仕事です。

もっさーと暑苦しく生えた雑草を子供たちが一生懸命抜いてくれました。

 

 こんなに綺麗になりました。

 

午後は山林へ移動し、伐採した北山杉の整理作業を行っていただきました。

山主さんが北山杉をチェーンソーで一人で運べる長さに短く切り、それを集めていきます。 

 

 

こんな風に山がきれいに整理されましたよ。

体力と力に自慢のある中学生、加えて非常にまじめに仕事に取り組んでくれてありがとう。

 この山の様に清々しい気分にさせてくれた中学生に感謝です。

コメント

楽しい木工体験

2019年06月04日 | 北山杉体験・研修

本日もご訪問下さり誠にありがとうございます。

さて、先日静岡県より30名のグループが北山杉にふれる研修体験にお越しいただきました。

先ずは座学で北山杉基本研修。育林工程のDVDもご覧いただきます。

その後、すぐ隣にある北山杉の林見学に。 森林浴で気分スッキリ

そして製品倉庫も見学いただきます。

 北山杉枝打ち用の梯子(ハシゴ)も見ていただきました。すべて手づくりです。

さあ、オプションの北山杉ティッシュケースつくりです。

今回は特別に木工職人さんに指導していただきました。

 

キリや電動ドリル、かなづちを使って組み立てていきます。

 

作業の手早い人、ゆっくり慎重な人と色々な方がおられます。かなづちの音が響き渡り、皆さん熱心に作業されてなかなか楽しそうでした。 

こちらが完成したティッシュケースです。いかがでしょうか?

最後に全員でパチリ、記念撮影

 

楽しんで頂けましたでしょうか?子供さんだけでなく、大人も楽しめる北山杉木工体験。

他には北山杉のお箸づくりが人気です。

皆様も体験されてみてはいかがでしょうか。

 

コメント