「京都・北山丸太」 北山杉の里だより

京都北山丸太生産協同組合のスタッフブログです

JR東海様「そうだ 京都、行こう」オリジナルツアー

2017年12月05日 | 北山杉体験・研修

 本日もご訪問下さり誠にありがとうございます。

先週末、中川地域でお客様をご案内させていただきました。

京が誇る美しき木材「北山杉の里を訪ねる」と銘打ったJR東海の会員様限定の企画でした。

まずは当組合 理事長よりご挨拶と北山杉の歴史と技術・中川地域のお話をさせて頂きました。

 

 

その後、枝打ち作業を見学いただきました。

なんだか今回の枝打ちの場所はお客様ととっても近いですね、枝打ち職人さんも近すぎて恥ずかしかったのでは(笑)

その後は中川八幡宮を参拝し、北山杉の母樹をご覧頂きました。

昼のお食事は「山の麺処」さんで・・・囲炉裏での焼き野菜と・・

さっぱりと美味しい「雑穀麺」でした。

こちらのお店は中川地区にある築100年以上の古民家で、店主さんからご挨拶とお店の説明をいただきました。

昼食後は中川集落内での工場見学へ。水圧での皮むき作業を見学していただきました。

どんどん皮が剥けていきます。

そして、参加者の方にも水圧で皮を剥く体験をしていただきました。感想は「思うように、なかなか剥けなくて難しいです。」との事でした。

 続いて、製品倉庫で北山丸太製品の色々な種類を見学いただき、ここでも製品について色々とご質問が。

皆さん、とっても熱心にお聞きいただきました。

そして御一行は製品倉庫を後にして、中川集落の中腹を目指し、緩やかな坂の散策道を歩いて「宗蓮寺」へ。
まずご住職から、お寺や地域の歴史、北山杉への思いなどをお話しいただいた後、ふだんは非公開の書院からの借景をご覧いただきました。

残念ながら紅葉はほとんど散りわずかしか残っていませんでしたが、よく手入れされたお庭と素晴らしい北山杉の借景をご覧いただきました。

続いて宗蓮寺近くの、ここでしか見られないとても大きな台杉を見学いただきました。

 

そして中川集落の丸太倉庫群まで坂道を降り、菩提の滝砂を使って伝統作業の丸太磨き体験を楽しんでいただきました。

最後に、木造倉庫横のきちんと枝打ちされ、シャキーンと立った「北山杉」をご覧いただき、今回のツアーは終了となりました。

 どうだったでしょうか、深~いいい話が、聞けたでしょうか?北山杉の里 中川のいいところ満載の企画でしたね。

何でもこの企画は毎週行われていて、毎回のように参加されている京都通の強者もいらっしゃるとか。。。

組合スタッフも、「とても熱心なお客様ばかりだった」と感激しておりました。

季節が変わると、また空気も景色も違います。何度でも訪れたい、そんな魅力ある町になれば嬉しいな、と思います。

お客様、一日お疲れ様でした。ご参加いただき本当にありがとうございました。そして何度も打ち合わせに来て下さったJR東海のスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。

またのお越しをお待ちしております。

 

 

コメント