京都園芸倶楽部のブログ

京都を拠点に活動している植物・園芸愛好家の団体「京都園芸倶楽部」の公式ブログです。

園芸春秋603号(2018年8月号)を発行しました

2018-08-11 11:08:54 | 会報・会誌
当倶楽部会報の園芸春秋第603号(2018年8月号)を発行しました。

今号の1ページ目には三針葉のアカマツとクロマツの話題について、2ページ目には京都府立第二高等女学校(現 京都府立朱雀高等学校)のサトザクラ「太白」に関する話題を掲載しています。

また3ページ目には京都府立植物園長の植物談義と毎週日曜日に実施している園芸相談での出来事に関する話題を、最終4ページ目には当倶楽部でこれまでに開催しました例会の簡単な実施報告の他、今後開催予定の例会情報を掲載しています。

会員の皆様にはすでに郵送しておりますので、お手元に届きましたらご一読ください。




今号を含めバックナンバーをご所望の方は、お手数ではございますが当倶楽部事務室(火・木・土曜日午後1~4時、電話:075-701-0595)までご連絡をお願いいたします。
コメント

2018年7月の園芸春秋について

2018-07-11 06:44:50 | 会報・会誌
近畿地方も一昨日に梅雨明けが発表され、その発表に相前後してセミの鳴き声も聞こえ始めました。

さて先月、第602号発行のお知らせの際にもお伝えしましたが、最新号の第602号が6・7月合併号になりますので今月の園芸春秋は発行いたしません。次号第603号は来月8月10日頃の発行予定です。

最新号の第602号を含めたバックナンバーをご所望の方は、お手数ですが、事務室(火・木・土曜日午後1~4時、電話:075-701-0595)までご連絡をお願いいたします。


(ハナゾノツクバネウツギ・京都御苑)
コメント

園芸春秋602号(2018年6・7月合併号)を発行しました

2018-06-08 17:54:27 | 会報・会誌
当倶楽部会報の園芸春秋第602号(2018年6・7月合併号)を発行しました。

今号の1ページ目にはウリ類の巻きひげの巻き方についての話題を、2ページ目には野に咲くユウゲショウやマツヨイグサ属の植物から連想した竹久夢二の「宵待ち草」に関する随想を掲載しています。

また3ページ目には当倶楽部の会員によるネジバナについての話題と、今年4月に新しく京都府立植物園の園長に就任された戸部博さんから、植物園だよりとして園長就任のご挨拶代わりのエッセイをご寄稿いただき、掲載しています。次号以降はご専門領域の植物分類学や植物の形態等に関する話題やその他の面白いトピックス等を植物園だよりとして紹介していただく予定ですので、今後も乞うご期待。

最終4ページ目には当倶楽部でこれまでに開催しました例会の簡単な実施報告の他、今後開催予定の例会情報を掲載しています。

会員の皆様にはすでに郵送しておりますので、お手元に届きましたらご一読ください。
なお今号が6月と7月の合併号になりますので、来月7月の発行はございません。




今号を含めバックナンバーをご所望の方は、お手数ではございますが、当倶楽部事務室(火・木・土曜日午後1~4時、電話:075-701-0595)までご連絡をお願いいたします。
コメント

園芸春秋601号(2018年5月号)を発行しました

2018-05-14 12:05:36 | 会報・会誌
当倶楽部会報の園芸春秋第601号(2018年5月号)を発行しました。

今号の1ページ目には野菜と人との関わりについて、2ページ目には物言わぬチューリップやパンジーに起こった、ちょっとした事件から垣間見えた植物と人の関わり方に関する随想を掲載しています。

また3ページ目には京都市街地で出会った珍しい樹木の話題と京都府立植物園の今後1か月のイベント情報を、最終4ページ目には当倶楽部でこれまでに開催しました例会の簡単な実施報告の他、今後開催予定の例会情報を掲載しています。

会員の皆様にはすでに郵送しておりますので、お手元に届きましたらご一読ください。




今号を含めバックナンバーをご所望の方は、お手数ではございますが当倶楽部事務室(火・木・土曜日午後1~4時、電話:075-701-0595)までご連絡をお願いいたします。
コメント

園芸春秋600号(2018年4月号)を発行しました

2018-04-07 17:37:24 | 会報・会誌
当倶楽部会報の園芸春秋第600号(2018年4月号)を発行しました。

今号の1ページ目には、発行600回目の節目として当倶楽部会長の寄稿で紙の媒体に関する随想を、2ページ目には昨年12月に開催しました第1156回例会「イングリッシュガーデン花散歩」の講演のまとめとして「イギリスのフラワーアレンジメントの伝統」を掲載しています。

また3ページ目には、ドイツでのパンジーの呼び方に関する話題と京都府立植物園の今後1か月のイベント情報を、最終4ページ目には当倶楽部でこれまでに開催しました例会の簡単な実施報告の他、今後開催予定の例会情報を掲載しています。

会員の皆様にはすでに郵送しておりますので、お手元に届きましたらご一読ください。




今号を含めバックナンバーをご所望の方は、お手数ではございますが当倶楽部事務室(火・木・土曜日午後1~4時、電話:075-701-0595)までご連絡をお願いいたします。
コメント